LIFE STYLE

浮気されたら別れるべき?対処法や考えるべきことを解説

2018/11/13

大好きな恋人がいるのに、なぜ他の異性に目移りしてしまうのでしょうか。
浮気は自分を信頼してくれている存在を裏切る行為。相手を傷つけ、悲しませることです。もし彼に浮気をされたらどんな行動を取れば良いのか、その対処法をチェックしましょう。

浮気をする男性の心理

まずは浮気する男性の心理について見てみましょう。
人によって理由は異なりますが、大きくいくつかの傾向に分けられます。
付き合い方や女性側の行動などに関わる場合もあるので、まずはよくある男性心理を理解しましょう。

退屈で刺激を求めてしまった

付き合っている彼女に対して何か不満があるわけではないけれど、刺激が足りないと感じて浮気する男性は少くありません。
付き合いがある程度長くなると、どのカップルにも訪れる可能性があるのが「マンネリ」。
緊張感や目新しさがなくなってしまったときに魅力的な相手に出会うと、男性の興味が一時的にそちらに移ってしまうのです。彼女のことは好きな状態なので、後ろめたさもありつつ浮気してしまうというケースです。

本能に負けてしまった

女性に比べ男性の方が性的な欲求に弱い特徴があり、それが原因で浮気する男性もいます。自分にとって魅力的な外見の女性から誘われ、本能に負けて流されてしまいやすいタイプに多いのがこのパターン。
もちろん理性が強ければ本能に打ち勝つことはできますが、女性から誘われれば嬉しい気持ちになる男性が多いことは事実です。
何度も浮気を繰り返す男性は、このような本能的な誘惑に弱い可能性が高いでしょう。欲しいものがあると我慢できずに買ってしまうなど、思いのままに行動してしまう男性は要注意。

浮気された女性がやるべきこと

もし彼に浮気されたら女性はどんな行動をするべきなのでしょうか。悲しみや怒りという感情だけで行動してしまうと、結果的に自分が後悔することになるかもしれません。
まずは冷静になって、上手な対応ができるように意識してみましょう。自分の気持ちに正直になり、曖昧な関係を続けないことが大切です。

これからについて相手と話し合う

浮気されたら絶対に別れると決めている人も多いですが、相手のことを好きだからこそ気持ちが揺らぐこともあります。
まず相手がどうしたいのか、そして自分がどうしたいのかを踏まえて今後についてしっかりと話し合いましょう。その際、ある程度自分の気持ちを決めてからスタートすることが重要です。何も決まっていない状態で話し合うと、全て相手に流されてしまう可能性があります。
また、浮気の回数や理由、相手の態度を考慮し、今後の付き合いについて判断するのがベター。

将来や今後について冷静に考える

一緒に過ごすなかで情が沸いてしまい、別れる決断をしにくいことがありますが、本当にそれだけでお付き合いを続けられるのか冷静に考えてみましょう。
浮気されたという行為を受け入れてまで一緒にいたい相手なのか、同じようなことを繰り返す可能性に耐えられるのか、もう一度相手を信じられるかなど、自分の心と向き合い今後について考えてみましょう。
考えがまとまらない場合は、一旦彼と距離を置いて考えてみるのもおすすめ。距離を置いている間の彼の行動などもひとつの判断材料となるはずです。

浮気の内容を正確に把握する

浮気の内容や相手、理由などを正確に把握することも重要です。
その真実から見えてくる彼の本当の気持ちが、今後の付き合いを左右することにもなります。ただしそれは彼の本心を知ることになるので、目を背けたくなる部分でもあります。
もし浮気相手に真剣な気持ちを抱いていたら、彼の方があなたとの別れを考えている可能性も。彼が浮気相手に対して本気なのか遊びなのかを判断するためにも、知っておくべきでしょう。

浮気されて悲しいことを相手に理解させる

浮気された悔しさなどから、彼に対して気丈に振る舞ってしまう女性もいます。しかし、そうすることで彼は「浮気しても大丈夫」と思い込んでしまい、いつか同じことを繰り返してしまうかも。
冷たく突き放したり失望した様子を見せたりするなど、浮気されたことでどれだけ傷ついたのかを彼に理解させ、浮気したことを心から後悔させるべきなのです。
だれでも人を好んで傷つけることはしないはず。自分がした行為によって、今まで信頼してくれていた相手を傷つけたという事実を目の前にすれば、重く受け止めてくれる人もいます。

浮気の状況ごとの対応法

ひとことで「浮気」といっても、状況はそれぞれ違うもの。場合によってはやり直せることもあります。
彼の態度を見てどんなふうに対応すれば良いのかを判断しましょう。自分の気持ちだけでは判断できない場合も、状況によってどうするべきか見えてくることがあるはずです。

彼氏が反省している場合

彼が本気で反省して浮気を後悔していることが明らかな場合は、やり直せる可能性は十分にあります。彼に対する好きという気持ちを捨てきれないのなら、無理に別れる必要はありません。
ただし、彼には今回だけ許すこと、そして次はないということもはっきり言葉で伝えておくこと。浮気された側が気持ちの整理をすることができれば、1回目の浮気だけ許すという選択肢もアリなのです。

彼が開き直っている場合

彼が「浮気したくなった原因はお前にもある」などと、開き直っている場合は許す必要はないと考えるべきです。
彼が二人の関係性に不満を持っていたのであれば、あなたにも改善できることがあると感じるかもしれません。しかし、不満があるからといって浮気をするのは全く別の話だということを思い出して。
繰り返しつらい思いをすることになるのは自分なのですから、この時点で別れを選択するのが懸命な判断です。

関係を続けると決めた場合

もし彼を許して関係を続けると決めたのなら、浮気された側も覚悟が必要です。いくら許すと決めても、浮気された事実は変わりません。少しのことで彼を疑ったり不安になったりと、今まで通りの関係は築けない可能性も十分にあるでしょう。
浮気されたことを許すためには、付き合ってきた期間以上の時間が必要になることもあります。2人の問題ではありますが、当事者だけではどうにもならない場合は心のケアをしてくれる誰かに頼るという方法もあることを忘れないようにしましょう。

すっぱり別れる場合

浮気された時点でやり直しはないと考えている人も多く、すっぱり別れるカップルもたくさんいます。浮気する相手と一緒にいられないと考えるのは当然なことでもあります。
ここで注意したいのは、浮気の復讐を考えないこと。完全に相手だけが悪い状態で、こちらの威厳を保ったまま別れるのが一番だと考えましょう。
浮気をした相手は、自分とは価値観が違い、理解しあえない相手だったということです。
新しい出会いやもっと魅力的な自分になれるように努力することに目を向けたほうがよほど有意義。
いつか彼に「別れなければ」良かったと思わせる女性になることが、何より効果的な復讐だと考えましょう。

浮気された彼から復縁を求められた場合は?

浮気されて一度は別れたものの、彼の方から復縁を求めてくることもよくあります。
もし浮気した彼から復縁の話があったら、まずは自分がどうしたいのかをよく考えて答えを出しましょう。選択権は自分にあるということを強く意識し、自分の気持ちを優先することが重要です。

復縁する場合は十分な冷却期間を置く

もし浮気されたことを許して復縁するのなら、十分な冷却期間を置くことが鍵。すぐに復縁してしまうと、相手の罪の意識が軽くなってしまったり、あなたの心の傷によって関係が上手くいかないこともあるからです。復縁後に良い関係が築けるのかをしっかりと考えるのがポイント。
ただ、あまりに長い期間を置いてしまうと、浮気されたときの怒りが薄れてしまったり、彼に新しい相手ができたりしてしまう場合もあります。あなた自身にも復縁の意思があるのなら、時間をかけすぎないようにすることも覚えておいて。

断りたい時ははっきり断る

復縁する気持ちがなく断りたいと考えているときは、下手に含みを持たせたり期待をさせるようなことは言わずはっきり断りましょう。
自分の気持ちとして「付き合いたくない」ことを伝えないと、相手は努力すれば復縁できるかもしれないと思ってしまうことがあります。「嫌なものは嫌」と、はっきりと突き放しましょう。
そうしないとしつこく付きまとわれ、最悪の場合ストーカーのようになってしまったり、周りからは復縁したと思われ、新しい出会いの弊害になるかもしれません。

許すか別れるかは自分の心に従って決断しよう

浮気されたとき、何よりも重視するべきなのは自分の心です。相手の意見や状況、感情に流されず、まずは自分がどうしたいのかをよく考えて納得できる答えを見つけましょう。
納得して自分が出した答えなら、どんな判断をしても後悔は少なくなるはず。
さらに、これからのことについても前向きに考えられるようになります。付き合い続けるとしても別れるとしても、自分が幸せになるために行動することを忘れないようにしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW