ワイドパンツとパンプスを組み合わせたコーデ写真
FASHION

ワイドパンツに合うパンプスは? 41のコーデで攻略

2019/04/12

20・30代女子の定番アイテム“ワイドパンツ”。悩みがちなのが、足元の靴をどう組み合わせるか。春夏秋冬シーズンレスで楽しめる「ワイドパンツ×パンプス」コーディネートの特徴と魅力を徹底解説します。

「ワイドパンツ×パンプス」コーデの特徴

トレンドの大人カジュアルやマニッシュテイストも楽しみたいけれど、女っぽさもほしい……。

そんな大人女子の願いを叶えてくれるのが「ワイドパンツ×パンプス」のスタイリング。

ON・OFFさまざまなシーンで変化を楽しめるし、スタイルアップ効果も抜群。アラサー世代の気分にぴったりはまるコーデが完成します。

▼ワイドパンツに合う靴(ブーツ・スニーカー・パンプス・フラットシューズ・サンダル)を徹底解説!【保存版】▼
「ワイドパンツ×靴」足元コーデの悩みあるある、解決します。

ワイドパンツ4つの丈を意識

「ワイドパンツ×パンプス」を攻略するときに、まず意識したいのが「丈」とパンプスとのバランス。さまざまな丈感をマスターして、おしゃれ見えを目指そう!

フルレングス丈

ヒールにパンツの裾がかかるフルレングス丈のワイドパンツは、脚長効果が絶大。パンプスのヒールが高い分パンツ裾のたるみが解消されて、そのまま脚の長さをかさ増ししてくれます。

スーパーロング丈

スーパーロング丈のワイドパンツでヒールを完全に隠せば、さらに脚長効果が高まりスタイルアップ。パンプスが見える面積が小さいので、派手カラーや柄物にチャレンジしやすいのも魅力。

10分丈

着こなしに軽さを出したいときには、パンツ裾が足の甲に触れない10分丈がオススメ。さりげなくのぞく肌が抜け感を演出。ヒールの形がきれいなパンプスを選んで360度どこから見ても美人を目指してみて。

アンクル丈

くるぶしが見えるアンクル丈のワイドパンツなら、コーディネートの重心が下がらないので低身長さんでもバランスを取りやすい。キュッと締まった足首を見せることで細見え効果も期待できます。

ワイドパンツの素材にパンプスを合わせる【季節別13選】

さまざまな素材・種類のワイドパンツがトレンドに上がっているからこそ、それぞれの良さを引き立てるパンプスの活用法を要チェック!

【1~5】デニムワイドパンツ×パンプス

(春夏向け)カジュアルなデニムワイドパンツもパンプス合わせで大人顔。ブラックアイテムで引き締めれば、いつものデニムスタイルもシックな大人カジュアルに仕上がります。

(秋冬向け)フラットパンプスは、ストレスフリーに動けるのが嬉しいポイント。トップスをコンパクトにまとめてウエストインすれば簡単にバランスアップ。センタープレス風のステッチが効いて、より脚長に。

【フラットパンプスをスニーカーに代えるのもアリ】
3つの法則で解説!「ワイドパンツ × スニーカー」コーデの見本集

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW