ワイドパンツとパンプスを組み合わせたコーデ写真
FASHION

ワイドパンツに合うパンプスは? 41のコーデで攻略

2018/09/29

20・30代女子の定番アイテム“ワイドパンツ”。悩みがちなのが、足元の靴をどう組み合わせるか。春夏秋冬シーズンレスで楽しめる「ワイドパンツ×パンプス」コーディネートの特徴と魅力を徹底解説します。

「ワイドパンツ×パンプス」コーデの特徴

トレンドの大人カジュアルやマニッシュテイストも楽しみたいけれど、女っぽさもほしい……。

そんな大人女子の願いを叶えてくれるのが「ワイドパンツ×パンプス」のスタイリング。

ON・OFFさまざまなシーンで変化を楽しめるし、スタイルアップ効果も抜群。アラサー世代の気分にぴったりはまるコーデが完成します。

▼ワイドパンツに合う靴(ブーツ・スニーカー・パンプス・フラットシューズ・サンダル)を徹底解説!【保存版】▼
「ワイドパンツ×靴」足元コーデの悩みあるある、解決します。

ワイドパンツ4つの丈を意識

「ワイドパンツ×パンプス」を攻略するときに、まず意識したいのが「丈」とパンプスとのバランス。さまざまな丈感をマスターして、おしゃれ見えを目指そう!

フルレングス丈

ヒールにパンツの裾がかかるフルレングス丈のワイドパンツは、脚長効果が絶大。パンプスのヒールが高い分パンツ裾のたるみが解消されて、そのまま脚の長さをかさ増ししてくれます。

スーパーロング丈

スーパーロング丈のワイドパンツでヒールを完全に隠せば、さらに脚長効果が高まりスタイルアップ。パンプスが見える面積が小さいので、派手カラーや柄物にチャレンジしやすいのも魅力。

10分丈

着こなしに軽さを出したいときには、パンツ裾が足の甲に触れない10分丈がオススメ。さりげなくのぞく肌が抜け感を演出。ヒールの形がきれいなパンプスを選んで360度どこから見ても美人を目指してみて。

アンクル丈

くるぶしが見えるアンクル丈のワイドパンツなら、コーディネートの重心が下がらないので低身長さんでもバランスを取りやすい。キュッと締まった足首を見せることで細見え効果も期待できます。

ワイドパンツの素材にパンプスを合わせる【季節別13選】

さまざまな素材・種類のワイドパンツがトレンドに上がっているからこそ、それぞれの良さを引き立てるパンプスの活用法を要チェック!

【1~5】デニムワイドパンツ×パンプス

(春夏向け)カジュアルなデニムワイドパンツもパンプス合わせで大人顔。ブラックアイテムで引き締めれば、いつものデニムスタイルもシックな大人カジュアルに仕上がります。

(秋冬向け)フラットパンプスは、ストレスフリーに動けるのが嬉しいポイント。トップスをコンパクトにまとめてウエストインすれば簡単にバランスアップ。センタープレス風のステッチが効いて、より脚長に。

【フラットパンプスをスニーカーに代えるのもアリ】
3つの法則で解説!「ワイドパンツ × スニーカー」コーデの見本集

(秋冬向け)ウエストインできない場合は、小さめバッグ&まとめ髪でコーディネートをスッキリ見えさせるのがオススメ。カジュアルなワイドデニムもポインテッドトゥでシャープな印象に。こちらのコーデでは、ベルト付きトップスを使ってウエスト位置をさらにカモフラージュ。

(春夏向け)ワイドデニムには、シンプルワンピースをレイヤードすれば、即今どきシルエットに。足元のパンプスがレディな印象なので、カットソーやニットなどのカジュアルワンピースでも大人っぽく決まります。

(春夏向け)デニムワイドパンツを明るく彩りたいなら、カラーパンプスがお役立ち。イエローなどのビタミンカラーなら元気で健康的に。万能なデニムワイドパンツは、合わせるパンプス次第で簡単に印象操作が可能!

【6】チノワイドパンツ×フラットパンプス

(秋冬向け)カーキワイドパンツの足元はフラットパンプス。抜け感を演出し、リラックス感溢れる今どきコーデに仕上がります。トップスのゆるニットは、前だけインでボリューム調整すれば格段にバランスアップ。

【7】コーデュロイワイドパンツ×ヒールパンプス

(秋冬向け)コーデュロイ素材のワイドパンツは、しっとりとした質感と凹凸感が特徴。存在感があるアイテムなので、合わせるパンプスはとことんベーシックに。スーパーロング丈&ピンヒールでモードに着こなして。

【8】ベイカーパンツ×ヒールパンプス

(春夏向け)近年、人気が急上昇のベイカーパンツは、大きなポケットやステッチが男前な印象。だからこそ、パンプスで女っぽさを足すと今どきなMIX感が簡単に作れます。トップスもコンパクトにまとめてきれいめを意識してみて。

【9~10】フレアワイドパンツ×ヒールパンプス

(秋冬向け)裾広がりなフレアワイドパンツは、スカート感覚で着こなすのが成功への近道。こちらは、ベーシックパンプスを使ってマリンテイストの個性派パンツを主役にしたコーディネート。ハイヒールのパンプスから覗く足元がモードな着こなしに抜け感をプラス。

(春夏向け)チェック柄のフレアワイドパンツも、シンプルなパンプスでクリア。パンツの裾にボリュームがある分、パンプスとコンパクトなトップスで軽さを出して。

【11~12】クロップドワイドパンツ×パンプス

(秋冬向け)短め丈のクロップドワイドパンツにパンプスを合わせると、肌が見える面積が広い分、軽やかな足元に。落ち着いたベーシックカラーコーデなら、オフィスにもなじむONスタイルが完成。

(秋冬向け)カラーパンプスを合わせれば、アクセントの効いたOFFスタイルに。トップスをコンパクトにまとめてウエストインすれば、短め丈パンツでもスタイルアップ効果は抜群!

【13】セットアップワイドパンツ×ヒールパンプス

(秋冬向け)ワイドパンツタイプのセットアップ×ヒールパンプスはモードな着こなしに。ヒールで充分スタイルアップできますが、ベルトをONしてさらに脚長効果を狙ってみて。

色・柄で一気に垢ぬける!【14選】

次に意識したいのが「ワイドパンツ×パンプス」の色・柄の選び方。なりたいコーデイメージに合わせてセレクトしてみて。

【1】同色で揃えて脚長効果

ヌーディベージュのワイドパンツとパンプスで色を揃え、つながりのラインをつくることで、足を長く見せる視覚効果を狙って。下半身がスッキリするので半端丈アウターを羽織ってもバランスアップ!

【2~3】コーデをワントーンでまとめて大人っぽく

ワントーンコーデは大人っぽさが魅力。オールホワイトでまとめれば、秋冬でも清潔感のあるクリーンなコーデを楽しめます。重心が下がりがちなワイドパンツですが、パンプス合わせることで、着こなしの軽さをキープできます。もちろん脚長効果もアリ!

こちらは、オールブラウンでまとめたワントーンコーデ。同じ色でもアイテムごとに素材感に変化をもたせればメリハリのあるコーデが完成。パンプスのスエードやバッグのファーがアクセントに。

【4~5】白ワイドパンツはカラーパンプスで遊び心を

鮮やかカラーのパンプスは、モノトーンコーデに遊び心をプラス。シンプルな白ワイドパンツが、まるでキャンバスのようにカラーパンプスを引き立ててくれます。

シャツワンピースを羽織りとして取り入れれば、こなれた印象に。フロントボタンを閉めずにIラインを作ればスッキリ見えも叶います。レイヤードテクニックは、腰周りにコンプレックスがある方にも有効なスタイルアップ方法です。

【6~7】カラーワイドパンツをベーシックカラーパンプスでなじませて

ダークになりがちな秋冬のコーディネートを彩ってくれるカラーパンツ。ちょっと難しいかも……と思われがちですが、ベーシックカラーでパンツを挟めば簡単。パステルカラーなら、ハンサムコーデを優しい印象に仕上げてくれます。

こちらは、鮮やかなブルーのワイドパンツを白ブラウスとパンプスで挟んだコーデ。トップスとパンプスの色を揃えることで派手カラーがなじみます。

【8~9】グレンチェックワイドパンツ×パンプスでトレンド感を演出

グレンチェックは2018-2019秋冬注目のトレンドキーワード。グレンチェックのセミワイドパンツのトップスをダークカラーにチェンジすると、一気に辛口コーデにチェンジ。細めヒールの華奢なパンプスが辛口にほんのり女性らしさをプラスしてくれます。

だらしない印象になりがちなオーバーサイズ同士のコーデも、パンプスを合わせればきちんと感のある仕上がりに。ゆるっとしたリラックス感が今っぽいシルエットへのカギ。ブラウンベースのグレンチェックは、暖かみのある着こなしを作ってくれます。

【10】ドット柄ワイドパンツはヒールパンプスで子供っぽく見せない

ドット柄は、単体で見るとちょっと子供っぽくなりがちなアイテム。スニーカーやフラットシューズだとカジュアルになり過ぎることもあるけれど、ヒールパンプスなら大人顔。

【11】ハンサムなストライプワイドパンツにパンプスで女っぽさを

ハンサムなストライプワイドパンツにパンプスをONすれば、女っぽさが加わって好バランスに。Vネックニットのデコルテ見せでさらに抜け感を。

【12】花柄ワイドパンツ×カラーパンプスで華やかに

フェミニンな花柄とパンプスは相性◎の組み合わせ。カラーパンプスを合わせれば華やかさがアップ。花柄に使われているカラーを拾ってパンプスの色をセレクトすればまとまり感が生まれます。

【13~14】アクセントになるお目立ちパンプスを使ってあか抜ける

柄や素材にこだわったお目立ちパンプスなら、まわりと差のつく着こなしが叶います。こちらは、パイソン柄パンプスをワイドパンツとコーディネート。トップスとパンプスの色が同系色なのでパイソン柄もすんなりなじんでいます。

こちらは、ブラックコーデのアクセントにシルバーパンプスをON。シルバーは、グレーのような感覚で使うとコーデも簡単。着こなしを一気にモードな印象にブラッシュアップ。

靴下レイヤード【3選】

「ワイドパンツ×パンプス」をひと工夫するだけで、まわりと差のつく上級者コーデに。今までのテクニックを応用して、よりおしゃれ見えを狙おう!

ソックス(靴下)を足し、見た目温度を調整

ソックスを足せば、寒い時期でも「ワイドパンツ×パンプス」を楽しめます。トップスと色を揃えればまとまり感が出て自然な着こなしに。

白ソックスは、コーディネートを明るくクリアにしてくれるアイテム。程よくきちんと感を演出してくれるので、カジュアルな着こなしもグッドガールにチェンジ。

デニム×カラーパンプスにも、ソックスを合わせて見た目温度が調整可能。白ソックスなら、カラーパンプスの華やかさをキープしつつ違和感のない繋がりを作ってくれます。

秋冬アウターの合わせ方【7選】

「ワイドパンツ×パンプス」は、意外とどんなアウターでもおしゃれに決まる嬉しい組み合わせ。重心バランスさえ注意すれば誰でもスタイルアップが叶う!

【1~2】ショート丈アウター

Gジャンやブルゾンなどのショート丈アウターは、上半身にボリュームが出る分、どんな丈感のワイドパンツとも合わせやすいアイテム。アンクル丈×パンプスなら足元に抜け感が生まれて軽い印象に仕上がるので、低身長でお悩みの方もクリアしやすい。

こちらは、アウターとパンツの色をそろえてまとまり感を演出。パンプスとバッグ、トップスを黒で引き締めたことで、ヌーディベージュが上品に映える着こなしに。

【3~4】ミドル丈アウター

ひざ上ラインのミドル丈アウターには、チャンキーヒールのパンプスがオススメ。アウターと足元のボリューム感がなじみ、好バランスに仕上がります。

アウターとパンツの色を揃えて、パンプスをアクセントカラーとして取り入れるテクニックも素敵。パッと目を惹くカラーパンプスが、ボリュームあるコートとのバランスを保ってくれます。

【5~6】ロング丈アウター

冬シーズンにロング丈コートを羽織るなら、ハイウエストタイプのワイドパンツにウエストインして脚長見えを意識。これならフラットパンプスでも洗練度の高いコーディネートが可能!

【秋冬の「ワイドパンツ×ブーツ」はバランスを意識!】
ワイドパンツに合うブーツは? 秋冬コーデ31選

帽子を使ってスタイルアップを狙うのもオススメ。アウター裾とワイドパンツで重くなりがちな足元から目線をはずし重心アップする効果あり! パンプスで足元が軽く仕上がるのでバランスアップが叶います。

【7】トレンチコート

こちらは、上品なトレンチコートにワイドパンツ×パンプスを合わせたONスタイル。腰から裾までストレートに落ちるワイドパンツなら、コンサバになりがちなトレンチコーデをモードに昇華。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW