FASHION

【保存版】女性の『オフィスカジュアル徹底バイブル』

2019/09/19

新社会人や就活生のよくあるお悩み、「オフィスカジュアルってなに!?」。定義があいまいで、鏡の前で長い時間アタマをひねらせたり、会社に行ってみて「派手すぎたー!」と焦ったりした経験がある人も多いはず。ここではレディースオフィスカジュアルの最低限のルールと、おすすめアイテムやコーデをレクチャーします!

オフィスカジュアル「マスト・ベターの3原則」

「オフィスカジュアル」とは、ビジネスの場にふさわしいファッションのこと。スーツほどかっちりしすぎず、キレイめに着崩すのがポイント。企業によってオフィスカジュアルの基準は異なるため、職場の雰囲気に合わせた服装を考えるのが◯。
基本的には、シャツやブラウスにジャケットを羽織り、シンプルなパンツやスカート、パンプスなどを合わせるのがベター。

①清潔感

カラーは、ブラック、ホワイト、グレー、ベージュなどの落ち着いた色が好ましい。柄は無地や、派手すぎないストライプであればきちんと感が出る。シワになりにくい素材を選んで清潔感を出すのがマスト!

②サイズ感

タイトすぎず、ゆるすぎず。自分に合ったサイズできちんと感を出すのがポイント! とくにジャケットのサイズ感には要注意(のちほどご紹介します)。

③品の良さ

トップスはハリのある素材がベター。スカートは短すぎない膝丈やミドル丈、ミモレ丈がマスト。流行のミモレ丈は、上品なイメージに仕上がるのでおススメ。スカートのときは、ストッキングを忘れずに!

オフィスカジュアル「NGの3原則」

①露出の多いもの、身体のラインが出すぎるもの

オフショルダーやミニスカート、素足などの露出は避けて。また、身体のラインが出すぎるタイトなアイテムは、下品にみられる場合もあるので要注意。サンダルのようなつま先の出るシューズも基本的にはNG。

②カジュアルすぎるもの、奇抜なもの

Tシャツやデニム、スニーカーのようなカジュアルすぎるアイテムはビジネスにふさわしくないためNG。アニマル柄やカラフルな色の奇抜なアイテムも×。ヘアメイクやアクセサリーにも注意!

③動きにくいもの

ダボダボしたアイテムやキツすぎるアイテム、歩きにくいハイヒールや、かかとのパカパカするミュールなどは、活動しづらく業務に支障が出る場合があるのでNG!

オフィスカジュアルのおススメアイテム【アイテム別】

オフィス向け「トップス」

春夏は、ハリ感のあるシャツや、涼しげなブラウス、カットソーがおすすめ。秋冬は寒いので、シンプルなニットやカーディガンが〇。トップスは、タックインしてすっきりと着こなすのが正解。

▼シャツ(ブラウス)

シンプルなネイビーのスキッパーシャツは、どんなアイテムとも合わせやすく、首元のボタンを開けるとクールに、閉めると落ち着いた雰囲気に仕上がる。サテン素材を選べば上品なイメージに。

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW