shutterstock.com
LIFE STYLE

薄っぺらすぎる…結婚出産で崩壊する女の友情エピソード3つ

2018/12/09

恋話や仕事の愚痴を肴に飲み明かしたり、失恋を慰めあったり、合コンに繰り出したり、女子旅に出かけたり、女友達は一生物。
でも、人生のライフステージが変わり、疎遠になってしまった友達はいませんか?
今回は結婚、出産で友情が崩壊してしまったエピソードをご紹介します。

(1)学生時代からの仲だけど…

「一緒に上京した、高校の友人。周りの友人が結婚していくなか、私と彼女だけが残りました。ずっと独身かもと話していたのですが、私がまさかのデキ婚!『結婚しました』とグループラインをしたところ、彼女だけ既読が付かず、ラインブロックされてしまったようです」(31歳/教育)

一緒に婚活を頑張っていた仲間が先に結婚して、友情が壊れるというのはよくあるパターン。
自分が先に結婚するときは、会って報告したほうが、あなたの友人への気持ちも伝わるので、祝福してもらいやすいです。友人も結婚して、元のような友人関係に戻れたという話も聞くので、少し様子を見てもいいかもしれません。

(2)久しぶりだと思ったら実は…

「仲良しグループで、自分が1番先に結婚、出産。子育てが忙しく、年に一度会えるかどうかだったのですが、出産祝いで家にみんなで遊びにきてくれ、友情が続いているつもりでした。忘年会がてら、久しぶりにランチで集まると、私以外のメンバーで定期的に夜飲みに行っていたことが判明!子持ちは来れないと思ってと言われ、誘ってすらもらえず、仲間はずれにされた気がしてしまいました」(金融/30歳)

子どもがいる友人とは、なかなか予定が合わず疎遠になってしまいがち。夜の予定や、突発的な誘いなど、予定が合わないかな、と気を使って既婚女子はあえて誘わない、という独身女子の声も。
既婚女子でも夫や実家に預けて出掛けられることもある! という声も多かったので、ダメ元で誘ってみてもいいかもしれませんよ。

(3)ウエディングハイになって…

「SNSが大好きな友人A子。婚約するや否や、インスタの投稿が、エンゲージリングや式場選び、ウェディングドレスのファッションショーに手作り小物の紹介など、花嫁アカウント化しました。どのドレスがかわいいか投票してください! と言われても、結婚していない身としては、浮かれている姿にシラケるばかり。彼女の結婚式の楽しみがなくなりそうだったので、そっとフォローを外しました」(広告/29歳)

結婚が決まり、ウェディングハイに陥ってしまった友人、あなたの周りにもいませんか?
お祝い事だから喜びたいのに、どうしても素直に喜べない。というアラサー独女の悲痛な叫びも……。大好きな友人にそんな風に思わせないためにも、幸せな投稿は自慢にならないよう気をつけましょう。

どんなに仲の良かった女友達でも、一歩間違うだけで友情は壊れてしまうもの。特に自分が不幸せな時には、相手の幸せはなかなか素直に喜べないことも。
「女の友情はハムより薄い」、なんて言葉も流行していますが、お歳暮のハムくらい分厚い友情を築けるように、幸せな時こそ友達との関わり方には気を使ってくださいね。

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼本当にあった…既婚vs独身女子バトル

▼女子会の怖~い「ゲス会話」って?

▼アラサーの失恋は成長させてくれる!?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE