shutterstock.com
LIFE STYLE

【平成総まとめ】アラサー世代の懐かしファッション

2018/12/27

いよいよ平成も終わりつつあり、「時の流れは早いな」なんて思い出を振り返ったりしてしまいますよね。
10代・20代と、憧れだったモデルや芸能人のファッションを真似した人も多いのではないでしょうか?
そこで、アラサー世代が「懐かしい!」と感じるファッションを振り返ってみましょう。

(1)ちょっぴり背伸びがしたかった「ミュール」

2000年ごろからファッション紙に登場しブームとなったミュール。アラサー世代なら一足は持っていたことでしょう。夏場は特に便利でずいぶんと普及しました。
あの細いヒールに大人のお姉さんの憧れを抱き、デート用に買い揃えた女性も多いのでは? 上手に歩くことができず、彼氏に「歩くの遅い!」と怒られたのも青春の思い出ですよね。
そんなミュールですが、今、改めて若い世代には新鮮に思えるらしく、再評価が進んでいます。ファーやフリンジがついたものや異素材モノなど、昨年あたりから再び市場に活発に出回っているようです。歴史は繰り返す……というところでしょうか。

(2)大学生がこぞって愛用!ブランドものA4サイズバッグ

高校生から大学生へあがるとき、制服から私服へ変わる方も多かったのではないでしょうか? 
まるで大学デビューのように、雑誌でファッションを研究し、大学生らしくバージョンアップに必死でしたね。
なかでも、学生鞄から、大人っぽい私服に似合うように、両親へ「合格祝いにブランド物のバッグを買って」とおねだりした人も多いはず。
大学生らしいのが、ブランド物でも、A4サイズの教科書やノートが入るように、マチの広いデザインを中心に選ぶところ。ブランドバッグだと、サイズ感が難しく、大学生御用達なブランドに集中するので、新入生のときは被る率も高かったことでしょう。

(3)ミニスカート+ロングブーツでSPEEDに近づきたい

ファッションのトレンドは当時のアイドルや芸能人に影響を受けるもの。特にアラサー世代が影響を受けたのはSPEEDやモーニング娘。でしたよね。
アラサー女性たちが小学生ぐらいのときには、SPEEDのようなストリート系のかっこいいファッションを真似る子が増え、中学生ぐらいになるとモーニング娘。のような「ミニスカート+ロングブーツ」のコーディネートが流行になりました。
タイトなミニスカートとロングブーツは美脚効果もあり、落ち着いたトップスとの組み合わせが男ウケも良く大ブームになりました。誌面ではそんな“モテコーデ”vs“カッコいいコーデ”と称して、着まわしコーナーもありましたよね!
その後はムートンブーツやショートブーツの流行もあり見かけることは少なくなりましたが、こちらも再評価の兆しがあるのが面白いですね。

(4)ふんわり女の子らしいバルーンスカート

赤文字系雑誌でプッシュしていたこともあり、ワードローブに加えていたアラサー女子も多いのではないでしょうか? 
裾がフワッとしたスカートはフェミニンなアイテムとして重宝されていました。清楚な白シャツやカーディガンのトップスとロングブーツ、という組み合わせも人気でしたね。
冬にはバルーンスカートになっているワンピースに、カラータイツを組み合わせたコーディネートもトレンドに。女の子らしいコーデとして、1着でトレンド感を出せるアイテムとして話題だったのが印象的です。

(5)ショート丈のGジャン

やはりアラサー世代の女子なら一着は買ったであろうアイテムが「ショート丈Gジャン」でしょう。
白のコットンワンピースのトップスにショート丈Gジャン、巻き髪とくればまさに当時大ブームだったエビちゃんスタイルということで男性ウケもバッチリ。意中の彼とお出かけすると他の女性たちとよく被ってしまったものです。夏場にはこの鉄板コーデにプラスしてカゴバッグを持った女性が量販されていました。
現在ではあまり見かけることはなくなりましたが、あの軽いカジュアルなGジャンを思い出すたびに自分の若い頃を思い出し懐かしい気持ちになりますね。

みなさんは上記のようなファッションに身を包み、どんな平成時代を過ごしていましたか? あの頃のトレンドを振り返りながら、懐かしい思い出にひたるのも、たまには良いですね。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼懐かしい!平成の流行語をチェック!

▼女子高生時代を振り返り!

▼30歳になったらファッションを見直して!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW