超簡単!春夏ストールの巻き方【7選】初心者さんもレッツトライ
FASHION

超簡単!春夏ストールの巻き方【7選】初心者さんもレッツトライ

2020/04/30

春先から夏にかけて、ストールを一枚持っておけばとても重宝します。まだ肌寒い日やクーラーの効いた部屋でサッと羽織れば防寒になるほか、日差しの強い日は紫外線から肌を守ってくれる役目も。いろいろな巻き方をマスターすれば、コーデがグッと華やかになることまちがいなし。春夏もストールを使った大人女性のおしゃれを楽しんで!

春夏ストールおすすめ素材

春夏のストールは通気性がよく、軽い素材がおすすめ。春夏にぴったりの4種の素材、「カシミヤ」「シルク」「コットン」「リネン」それぞれの特徴をご紹介します。

  • カシミヤ
  • シルク
  • コットン
  • リネン


カシミヤ

カシミヤ素材のストールの画像

カシミヤは山羊の毛から作られる高級素材。軽くて暖かいカシミヤストールは、ほどよいしっとり感もあり、フォーマルな行事などにぴったり。カシミヤの織り上げ方によっては、薄くふわっと羽織れて夏に活躍できるものもあるので要チェック。

シルク

シルク素材のストールの画像

シルクは蚕の繭からとれる絹糸のことで、美しい光沢感と滑らかな質感が特徴です。吸湿性と放湿性にすぐれ、肌に優しい成分なので直接身に着けていても肌ストレスが少ないのがうれしい。春夏のストールにぴったりです。

コットン

コットン素材のストールの画像

コットンとは木綿の種子からとれる繊維のことです。吸湿性があり、肌触りがよく丈夫な生地が特徴です。洗濯機で洗えるところも春夏に使うにはうれしいポイント。

リネン

リネン素材のストールの画像

リネンとは亜麻の繊維を原料とした織物です。丈夫で吸湿性・発散性に優れていて、さらっとした肌触りが特徴です。リネンはすぐに乾くので、湿度の高い梅雨や汗をたくさんかく夏にぴったり。

【1】エディター巻き

【1】エディター巻きの画像

まずは定番のエディター巻き。首に一周するだけで完成するので、即席でコーデが華やかになります。

「エディター巻き」手順

「エディター巻き」手順の画像
  1. ストールを首にかけ、片方を2倍以上の長さにします。
  2. 首にぐるっと一周巻きます。
  3. 両端の長さをそろえて完成。

シンプルなネイビーワンピースに爽やかなワンポイントを

シンプルなネイビーワンピースに爽やかなワンポイントのコーデ画像

ワンピースだけだとシンプルすぎて寂しいときは、明るいカラーのストールをまとって華やかさをプラスして。

【2】フロントノット

【2】フロントノットの画像

簡単なのにこなれ感が出せるフロントノットは、大人女性のコーデにぴったりはまる。暑さを感じる日も首元がすっきりしているので涼しげ。

「フロントノット」手順

「フロントノット」手順の画像
  1. ストールを首にかけ、片方にゆるく結び目を作る。
  2. 結び目にもう片方の端を通す。
  3. 全体のバランスを整えて完成。

メンズライクなアウターと合わせて大人っぽい印象に

メンズライクなアウターと合わせて大人っぽい印象にしたコーデ画像

コートの中から見えるフロントノットが落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれる。いつものカジュアルコーデにきちんと感をプラスして。

【3】サイドノット

【3】サイドノットの画像

簡単なのにエレガントな印象を与えるサイドノット。シンプルなカットソーと合わせるだけで、こなれた大人の雰囲気を漂わせてくれる。

「サイドノット」手順

「サイドノット」手順倫行
  1. ゆるめに一周させる
  2. 端を縛る
  3. そのまま横にスライドさせて完成

トレンチコートと合わせてレディに仕上げて

トレンチコートと合わせてレディに仕上げたコーデ画像

鮮やかなブルーストールがベージュのトレンチコートと好相性。パンツのブルーとリンクさせて、こなれ見えを狙って。

【4】スヌード巻き

トレンチコートと合わせてレディに仕上げたコーデ画像

顔まわりにボリュームを出せるスヌード巻きは、季節感を意識して軽やかに見える色を選んでみて。女性らしい雰囲気が出るスヌード巻きは春夏にもおすすめ。

「スヌード巻き」手順

【4】スヌード巻きの画像
  1. ストールの端と端を持つ
  2. ストールの端と端を固結びして輪っかを作る
  3. 結び目が首の後ろにくるように首にかける
  4. 八の字にしながら下の輪に頭をくぐらせる
  5. 形を整えて完成

顔まわりにボリュームを出して防寒&小顔対策

「スヌード巻き」手順の画像

風の冷たい日は首元が暖かいだけでホッとするはず。小顔効果まであるスヌード巻きは3ステップで簡単に完成するので、ぜひ活用してみて。

【5】ねじり巻き

【5】ねじり巻きの画像

まるでドーナツのようなねじり巻きはコンパクトなのにかわいい! コーデにアクセントをつけたいとき、巻きこむだけで簡単にできる「ねじり巻き」がおすすめ。

「ねじり巻き」手順

「ねじり巻き」手順の画像
  1. 首に一周巻きつける
  2. 左右の端を上から首元の輪っかに通す
  3. 右から出ているストールを左側にぐるぐる巻きこんでいく
  4. 左から出ているストールを右側にぐるぐる巻きこんでいく
  5. 余った端は内側に巻きこんで完成

エレガントなコーデにかわいらしさをひとさじ

エレガントなコーデにかわいらしさをひとさじしたコーデ画像

大人っぽいエレガントさのなかにワンポイントでねじり巻きを添えるだけで、チャーミングな印象に。遊び心のある大人のコーデを楽しんで。

【6】アフガン巻き

【6】アフガン巻きの画像

顔まわりに立体感を出すアフガン巻きは存在感大。いつものコーデの雰囲気を変えてみたいときにトライしてみて。

「アフガン巻き」手順

「アフガン巻き」手順の画像
  1. 片方が長くなるように首に一周巻く
  2. 短い方の内側の端を持ち、輪の中に巻きこむ
  3. 長く垂らした方を上記2と逆の方向に巻く
  4. 端を内側に巻きこんで形を整えたら完成

個性的なストールもアフガン巻きなら上手になじむ

個性的なストールもアフガン巻きなら上手になじんだコーデ画像

イエローのボンボンフリンジがかわいいストールは、アフガン巻きでさらに目立たせて。黒のオールインワンコーデが一気に華やぐ。

【7】ミラノ巻き

【7】ミラノ巻きの画像

立体感があり、おしゃれなミラノ巻きは春もチャレンジしたい巻き方。見た目ほどむずかしくはないので、手順に沿ってトライしてみて!

「ミラノ巻き」手順

「ミラノ巻き」手順の画像
  1. 両端が同じ長さになるように首に一周巻く
  2. 片方のストールを首元から輪ができるように少し引っ張り出す
  3. もう片方のストールの端を上記2の輪に通す
  4. 通したら引っ張っぱる
  5. 両端を少し引っ張り、形を整えて完成

ビビッドピンクの「ミラノ巻き」がモノトーンコーデに華やかさを与える

ビビッドピンクの「ミラノ巻き」がモノトーンコーデに華やかさを与えたコーデ画像

シンプルコーデは鮮やかな色のストールやカンカン帽で遊び心をプラスするのが大人っぽい。モノトーンに添えた胸元のビビッドピンクが人目を惹くので、巻き方も少しこだわった「ミラノ巻き」がおすすめ。

春夏ストールコーデ

肌寒い春先はもちろん、暑さを感じる夏もストールは活躍します。防寒や日差し対策だけでなく、コーデにエレガントな華やかさを加えてくれるストールは、大人女性のマストアイテム!

グリーン×ブルーの爽やかコーデにオフホワイトのストールでシックに

グリーン×ブルーの爽やかコーデにオフホワイトのストールでシックにしたコーデ画像ブラウンなのにリネン生地が涼しげな大判ストールn

春の爽やかなコーデのアウターに、ジャケットではなくストールを合わせるところがこなれた大人の余裕を感じさせる。爽やかな色味はブラウンの小物で引き締めて。

ブラウンなのにリネン生地が涼しげな大判ストール

ブラウンなのにリネン生地が涼しげな大判ストールのコーデ画像

春夏に身にまとうブラウンは、素材を選んで軽やかさを意識して。リネンのストールはかごバッグとも相性抜群で、春夏らしい雰囲気を感じさせる。

夏のストールは強い日差しからも守ってくれる

夏のストールは強い日差しからも守ってくれるコーデ画像

シンプルな着こなしになりがちな夏は、素敵なストールが一枚あるだけで見違える。やわらかいホワイトでまとめたコーデにシックなグレーストールを合わせてメリハリをつけて。

クーラーの効いた部屋もストールがあれば安心

クーラーの効いた部屋もストールがあれば安心のコーデ画像

なにげないコーデがストールを羽織ることでシックに。エアコンの効いた部屋でもストールがあれば冷える心配なし。

コートのベルト代わりにお気に入りのストールを

コートのベルト代わりにお気に入りのストールをのコーデ画像

ビッグシルエットのスプリングコートに鮮やかなストールをベルトとして採用。一気におしゃれ指数を高めて春コーデを楽しんで。

ヘアターバン代わりにストールをON

ヘアターバン代わりにストールをONしたコーデ画像

ブルーが爽やかなストールをヘアターバンとしてコーデに取り入れて、こなれ感をアップさせて。

春夏はスカーフを使ってもかわいい!

春夏はスカーフを使ってもかわいい!のコーデ画像

ストールのほかにスカーフをコーデに取り入れるのもおすすめ。柄や色味がかわいいスカーフは、巻くだけで着こなしのワンポイントに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW