ベージュパーカーコーデ【16選】お洒落に見える着回し術
FASHION

ベージュパーカーコーデ【16選】お洒落に見える着回し術

2020/04/13

カジュアルコーデの定番アイテムであるパーカー。そのなかでも「ベージュパーカー」は、カジュアルはもちろん、きれいめやフェミニンなどさまざまなテイストの着こなしを楽しめます。今回は、そんな着回し力抜群のベージュパーカーのコーデを一挙ご紹介。ぜひ参考にして、日々の着こなし幅を広げてみて。

【春】のコーデ例

お出かけの機会が増える春夏は、ベージュパーカー1枚でリラクシーなコーデを楽しんでみるのはいかが? 合わせるボトムスや小物を工夫して、軽やかな装いを目指してみて。

スカートスタイル

▼Tシャツをインナーに取り入れた春の装い

Tシャツをインナーに取り入れた春の装いのコーデ画像

今季トレンドのシャーベットグリーンのプリーツスカートを合わせた、きれいめカジュアル。パーカーの裾から白Tをチラ見せして、さりげないレイヤードスタイルを作り、全体をなじませて。パイソン柄のハンドバッグで、ほんのりスパイスをON。

▼ワントーンのグラデーションコーデ

ワントーンのグラデーションコーデの画像

ダークベージュの色合いが落ち着いた印象のパーカーに、ティアードスカートを組み合わせた春の装い。軽やかなスカートの素材感で春気分を盛り上げつつ、パーカーは前だけインしてこなれ感を演出。小物は白で統一したら、クリーンなグラデーションコーデが完成。

▼プリーツスカート合わせできれいめカジュアル

プリーツスカート合わせできれいめカジュアルなコーデ画像

細かめのプリーツスカートと合わせた、オーバーサイズのベージュパーカー。光沢のある軽やかなプリーツ素材とパーカーのボリューム感が、GOODバランスなワントーンコーデに。同色のローカットスニーカーで少し外しつつ、全体をうまくまとめて。

パンツスタイル

▼さりげないロゴ入りパーカーで個性を演出

さりげないロゴ入りパーカーで個性を演出したコーデ画像

胸元のさりげないロゴとゆったりシルエットが大人可愛いベージュパーカー。ショート丈パーカーに合わせたセンタープレス入りのパンツで、スタイルアップを狙って。ブラウンのPVCバッグを添えたら、トレンド感も抜群。

【秋冬】のコーデ例

秋冬には、厚みのあるベージュパーカーで見た目も暖かい着こなしを楽しみたいところ。重ね着をしたり秋冬らしい色合いをチョイスしたり、お好みのスタイルを楽しんで。

スカートスタイル

▼タイトスカート合わせで好バランス

タイトスカート合わせで好バランスなコーデ画像

グレーのショールカラーコートを主役に、ベージュパーカーを取り入れた冬コーデ。ベーシックカラーでまとめているので、きれいめなアイテムにも自然と溶けこみ、立体感のあるシルエットに。

▼チェック柄を取り入れて季節感を意識

チェック柄を取り入れて季節感を意識したコーデ画像

チェック柄のタイトスカートが秋らしい、ベージュのワントーンコーデ。パーカーのほどよいボリューム感とタイトスカートのコンパクトさが好バランス。足元は真っ白なスニーカーを合わせ、洗練された印象に。

▼サイドスリットでスタイルアップ

サイドスリットでスタイルアップしたコーデ画像

繊細に編まれたニットスカートを主役にした、甘めのカジュアルコーデ。パーカーのサイドスリットとスカートのAラインでスタイルアップを狙って。小ぶりの巾着バッグで可愛らしい雰囲気をプラス。

パンツスタイル

▼ゆったりリブパンツでゆるコーデ

ゆったりリブパンツでゆるコーデの画像

オフタートルネックのボリュームが可愛らしい、ボリュームたっぷりのベージュパーカーは、首元をしっかり防寒してくれる優秀アイテム。リブニットパンツを合わせることで、見た目もしっかり暖かい冬の装いに。

▼ニットを重ねてほんのりフェミニンに

ニットを重ねてほんのりフェミニンにしたコーデ画像

ベーシックなベージュパーカーに、オーバーサイズのケーブルニットカーディガンを重ね着。やわらかなグレーとベージュの色合わせが、落ち着いた大人の女性を演出。くすみグリーンのフレアパンツをアクセントに、エッジィなムードを醸し出して。

【パーカーワンピース】は一枚で主役級に

気取らずリラクシーな着こなしを楽しめる「パーカーワンピース」。ベーシックなベージュカラーを取り入れたおしゃれな着こなしで、「部屋着」感を一掃してみて。

ワイドデニムを合わせて旬のレイヤードスタイルに

ワイドデニムを合わせて旬のレイヤードスタイルにしたコーデ画像

白のロンTを重ねて温もりを感じさせた、楽ちんなワンピースコーデ。ゆったりシルエットなので、その他アイテムを黒で統一して引き締めるとGOOD。

スリットからさりげなく肌見せ

スリットからさりげなく肌見せしたコーデ画像

サイドスリットがさりげなく個性を醸し出す、マキシ丈のパーカーワンピース。スリットからチラリと肌見せすることで、上品な大人の露出に。こっくりブラウンの小物をチョイスして、ゆったりシルエットのワンピースをクラシカルに格上げ。

【プチプラ】のベージュパーカーなら初心者さんにも◎

こちらでは、お財布に安心で気軽に取り入れられるプチプラのベージュパーカーをご紹介。プチプラながらクオリティの高い、ベージュパーカーのお手本コーデをチェック。

「ユニクロ(UNIQLO)」

▼足元は白でそろえて春らしく

足元は白でそろえて春らしくしたコーデ画像

軽やかな白のプリーツスカートを合わせた、ソフトで女性らしい春コーデ。ショート丈のパーカーなので、プリーツの縦ラインとともに脚長効果を狙えます。小ぶりのハンドバッグを添えて、さりげなくミニマムな華やかさを演出。

「ジーユー(GU)」

▼ゆったりシルエットでリラクシーに

ゆったりシルエットでリラクシーにしたコーデ画像

上下ニュアンスカラーで統一した、やわらかな色合いのカジュアルスタイル。パーカーの下には白のフランネルシャツを取り入れて、こなれ感を演出。グリーンのテーパードパンツで、落ち着いた着こなしに。

【アウター】には何を合わせる?

ボリュームのあるデザインが多い、ベージュパーカー。秋冬になるとアウター合わせが必須になるので、着ぶくれが心配という声もちらほら。最後に、そんなお悩みを解決してくれる、ぴったりのアウターとお手本コーデをご紹介します。

チェスターコート

▼チェック柄で存在感をアピール

チェック柄で存在感をアピールしたコーデ画像

ロング丈のチェスターコートに合わせると、縦ラインときちんと感が自然に生まれます。ブラウンの細かいチェック柄で、秋冬らしく個性を発揮。

ニットカーディガン

▼重ね着スタイルならオーバーサイズがおすすめ

重ね着スタイルならオーバーサイズがおすすめのコーデ画像

ボリュームのあるニットカーディガンを重ねるときは、ボトムスにスリムなデザインを選ぶと◎。引き締め効果のあるダークカラーを選ぶと、より好バランスに。

デニムジャケット

▼デニムで包みこんで、とことんカジュアルに

デニムで包みこんで、とことんカジュアルにしたコーデ画像

インディゴブルーのデニムジャケットを重ねることで、とことんカジュアルな着こなしに。抜き襟にすれば即こなれる。小物とボトムスを黒で統一し、全体のシルエットを引き締めて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW