冬服コーデ【2019年版】絶対おさえるべき最新トレンドはコレ!
FASHION

冬服コーデ【2019】に絶対おさえるべき最新トレンドはこちら!

2019/10/04

夜が冷え込み、冬服を意識し出す季節。今年の冬は落ち着いたモードな雰囲気にチェンジしてみては? 本記事では、最新トレンドをコーデに取り入れた冬服の着こなし術を指南。ぜひデイリー冬コーデの参考にしてみてください。

冬服は、いつから着るべき?

冬服は一般的に〈12月~2月〉の服をいいます。12月の平均気温は8℃、1月は6℃、2月は7℃と、一年の中でも平均気温が10℃を下回り、寒さが厳しくなります。近年は変動しがちで衣替えの時期が難しくなっていますが、衣替えの基準となるのはズバリ15℃! 最低気温が15℃以下になる11月中旬頃に秋服から冬服に、最高気温が15℃前後になる3月頭に冬服から春服に徐々に衣替えするのが正解です。アウターの厚さを変えたり重ね着を工夫して、気温に合ったコーデをスタイリングしましょう!

2019年注目の【トレンドカラーと柄】

2019年トレンドのカラー&柄は、ずばり「ミレニアルパープル」「ボールドレッド」&「チェック柄」「アニマル柄」です。暗めな配色が多くワンパターンになりがちないつもの冬服にトレンドを採用して、グッとモードなスタイリングを完成させて。

ミレニアルパープル

ミレニアルパープルのスカートを取り入れたコーデ画像

“ミレニアルパープル”とは、ミレニアル世代が好む紫色。色調の幅が広いのが特徴で、好みのトーンを選んで自分らしさを演出することが可能。パープルのクラシカル感がいつものコーデのアクセントになり、モードな顔に仕上がります。

ボールドレッド

ボールドレッドのニットを取り入れたコーデ画像

“ボールドレッド”とは、鮮やかなビビッドレッドからシックボルドーまで幅広いレッドを指します。冬のアクセントカラーとして大活躍することが予想されるところ。力強くも女性らしいコーデが多くみられる今季ファッションにぴったり。

チェック柄

チェック柄のアウターを着たコーデ画像

秋トレンドに引き続き、冬も注目が集まるのが“チェック柄”。秋服よりさらにバリエーションが多様化。アウターにチェック柄を採用し、全身でまとうのが旬な着こなしです。

アニマル柄

アニマル柄のスカートを取り入れたコーデ画像

夏にレオパード柄が流行し、今季は冬でも“アニマル柄”がトレンドにランクイン。小物に取り入れるのもいいけれど、スカートに大胆に取り入れるなど派手すぎなくらいが今っぽい。シックな色合いがベースのものを選ぶのが大人女子のスタイル。

2019年に欠かせない【トレンドアイテム】

2019年冬のトレンドアイテムは、「ケープ」「シャケット」「キュロット」「ロングブーツ」「スカーフ」。トレンドアイテムを着こなせるか不安に感じる方は、まずはシンプルなデザインのベーシックカラーで挑戦してみてください!

ケープコート

ケープコートのコーデ画像

ケープコートでクラシカルでかわいらしいAラインはそのままに、素材や柄で今っぽくアップデートするのがコーデの鍵。ショート丈ならすっきりとした印象に、ロング丈ならエレガントな印象に仕上がります。

シャケット

シャケットのコーデ画像

“シャケット”とは、シャツ×ジャケットの造語で、シャツ感覚で着られるジャケットのことです。レイヤードスタイルに取り入れたり、ベルトでウエストマークすると今っぽい。

キュロット

キュロットを取り入れたコーデ画像

長くはないけれど上品な膝下の丈感をもち、スカートのようなゆとりあるシルエットが魅力の“キュロット”。テーラードジャケットやボウブラウスなどクラシカルなアイテムと合わせると、今季らしいクラス感漂う装いが完成。

ロングブーツ

ロングブーツのコーデ画像

エレガントがキーワードの2019年冬は、足元も“ロングブーツ”でぬかりなく。とくに膝上~ジャスト膝丈のボリュームブーツがトレンド。コーデを一気にエレガントな雰囲気にしてくれます。

スカーフ

スカーフを使ったコーデ画像

“スカーフ”を冬服にONし、首まわりにアクセントをプラス。モードでシンプルなコーデに合わせて、リッチ感を漂わせて。

おすすめ『アウター』コーデ

寒くなる冬のコーデにはアウターが欠かせません。ここでは定番から2019年トレンドまで厳選アウターのコーデをご紹介! アウターに合うアイテムや着こなしのポイントを解説してみましたのでぜひ参考にしてみてください。

定番アウターコーデ

▼ロングコートは防寒と大人っぽさを欲張りに実現

ロングコートはしっかり防寒しながら大人っぽさも叶えてくれるおしゃれな定番アイテム。特にキレイめコーデで大活躍です。アウターとパンプスに同じ色を採用して落ち着いた雰囲気に。トレンドのアニマル柄バッグでアクセントをプラス。

▼ノーカラーならハイネックを合わせてもすっきり見え

寒い季節だとハイネックやタートルネックで首元にボリュームがいきがち。あたたかいけれど着ぶくれしないか不安なとき、ノーカラーのアウターを選んでみては? 首元がすっきり見えて好バランスにまとまります。

▼ボアジャケットでかわいくカジュアルダウン

もこもこ素材のボアジャケットは、見た目もあたたかくカジュアルだけれどもかわいらしさも演出してくれます。トップスにボリュームが出るので、ボトムスはすっきり見えるタイトスカートやストレートパンツがおすすめ。キレイめコーデと合わせてカジュアルダウンさせてこなれたスタイリングにするのも◎。

トレンドアウターコーデ

▼ライダースジャケットで辛めの女っぽさを演出

辛口アイテムの定番ライダースジャケットは、いつものコーデに羽織るだけで一気に今っぽい仕上がりに昇華。印象が強くなりすぎないように、合わせるデニムを淡い色のウォッシュデニムにしたりと、コーデのどこかで力を抜くのがポイント。

▼ケープはベーシックカラーなら取り入れやすい

今季トレンドのケープですが、取り入れたくてもどうすれば失敗せずいつものコーデと合うか悩む人は、ベーシックカラーのケープを選んでみて。黒ケープならシックな印象で、シンプルなコーデと合わせるとグッと大人なコーデになります。バッグや靴はミニマムなものを選ぶのがコーデの正解の鍵です。

冬のスカートコーデ集

寒くなるとパンツを履きがちですが、かわいいスカートも捨てがたい。ここではしっかり防寒してくれる冬におすすめのスカートをご紹介!

ロングスカート

ロングスカートはしっかり防寒しながら冬ファッションに華やかさをプラスしてくれます。ロングスカート×ショートブーツなら失敗しらず。ボトムスにボリュームが出るので、トップスはタイトシルエットやVネックなどで引き算して。

タイトスカート

ニットやコートを重ね着すると着ぶくれすることも……。そんなコーデに合わせるスカートはタイトなものが正解! すらっとしたシルエットなので、カラーで遊んでも大人な仕上がりに。

ニットスカート

冬ならではのニットスカートで季節感を演出。ニットのリブが縦ラインを作ってスタイルよく見せてくれます。ニット×ニットのレイヤードコーデは、カラーや編み方の違うものを選んでコーデに奥行きを作って。

チュールスカート

ニットの重さを軽減させるには、チュールスカートが大活躍! 季節はずれ感は暗めトーンの色をチョイスすれば即解決。くすみピンクなどスモーキーカラーがおすすめ。

【12月】の定番スタイル

12月の最高気温は12℃前後、最低気温は5℃前後。秋服から冬服にシフトしたばかりの12月は、まだそれほど厚着しすぎなくてもいいので、冬コーデを気軽に楽しめるシーズン。ここではマンネリ化を回避するためのポイントをおさえながら、12月に着てほしいコーデをご紹介!

定番ロングコートは今年もトレンド入り

誰でも一着は持っているであろうロングコートが今年のトレンドにランクイン。黒ロングコートならどんなカラーにも合わせやすいです。パイソン柄バッグでさりげなく流行りを取り入れながら、ハンサムな雰囲気にコーデをまとめて。パンツのダークイエローのような、はっきりしすぎない差し色が冬コーデにはちょうどいい。

レザーは女らしさをワンポイントプラスするのが正解

多くのハイブランドが注目するレザーは、クールな女性にぴったり。すべてを黒でまとめてしまうと女らしさに少々欠けてしまうので、レディな赤バッグやタイトスカートでメンズっぽさを払拭。

カジュアルさんはボアジャケット×デニムパンツ

カジュアルだけれどフェミニンさも漂うコーデは、ボアジャケットで実現。Tシャツ×デニムパンツのワンツーコーデに羽織るだけで、一気にこなれたスタイリングに仕上がります。フェミニン要素多めなら白やベージュ、カジュアル要素多めなら黒やカーキがおすすめ。

冬になると着たくなるコーデュロイ素材

寒くなると着たくなるのがコーデュロイ素材のアイテム。季節感を出しつつ、縦ラインがスタイルアップのアシストをしてくれます。スカートならタイトシルエットをチョイスすると、着ぶくれせず着こなせる。そのほかワイドパンツやジャケットに取り入れるのもおすすめです。

厚手ニットをライトに着こなす

厚手ニットを重たすぎずに着るには、ボトムスが決め手となります。スカートならチュールスカートなど見た目がライトなアイテムが正解。グレーのような暗いトーンをチョイスすれば冬らしい仕上がりになります。

【1月】の定番スタイル

1月の最高気温は10℃前後、最低気温は1℃前後。12月より寒くなる1月は、コートを厚手にしたりレイヤードしたりしてしっかり防寒。組み合わせを楽しみながら自分好みのスタイリングを楽しんで!

ニットワンピースはレイヤードして今っぽく

一着でもサマになるニットワンピースは、スカートやワイドパンツをレイヤードすると旬な表情に。裾からチラリとのぞくぐらいの塩梅がちょうどいいです。ロング丈アウターを合わせて縦ラインを強調させたり、ベルトでウエストマークしたりしてバランスよく着こなすのが正解。

グレーコートでコーデを軽やかに

トーンの明るめなグレーなら、他の色のじゃまをせずコーデを明るくしてくれます。また、いろいろなカラーとの相性がよく、トレンドのレッドなどの強めカラーも簡単にコーデになじませてくれる。チェック柄は、まずは取り入れやすいグレーからチャレンジ。

冬のオールホワイトコーデ

黒やネイビーなど暗めカラーが多い冬は、あえてALLホワイトで気分を晴れやかにしてみたい。ニットやコーデュロイなど冬素材の白を採用することで季節感を演出。もこもこ素材の黒バッグがやわらかくコーデを引き締めてくれる。

マフラーありきのコーデ

マフラーで首元をあたためるだけで寒さをかなり防げます。マフラーで目線が上に行くので、ボトムスはすっきりまとめて。すらりとしたシルエットのスカートや薄手のデニールのタイツを合わせたい。

【2月】の定番スタイル

2月の最高気温は7℃前後、最低気温は3℃前後。一年の中で一番寒い2月は、もこもこ素材や保温性の高いアイテムが必須になってきます。マンネリ化しがちな問題は、部分的にトレンドアイテムやカラーを採用することで解決。しっかり防寒しながらも、冬ならではのアイテムを使ってコーデを楽しんで!

スクエアトゥシューズコーデ

足元がエレガントにまとまるスクエアトゥシューズは、2019年冬注目のトレンドアイテム。ロングコート×ワイドパンツの定番大人コーデに合わせて、余裕のある女性を演出したい。

ボアロングコートであたたかく

あたたかいけれどボリュームが出すぎるイメージのあるボアロングコートは、ノーカラーで首元をすっきり見せれば好バランスに。コートを主役にしたコーデはシンプルにまとめるのが正解。カラーをプラスしたいときはバッグやピアスで差し色を添えて。

ダッフルコートでクラシカルに

定番アウターのダッフルコートは、ロング丈でシックな色合いのものが大人レディにふさわしい。フードや金具がコーデのアクセントになってくれるので、コートの中はミニマムにまとめて。足元のボリュームをおさえるとちょうどいいバランスになります。

大判ストールでしっかり防寒

冬の大人女子必須アイテム、大判ストールは、明るめトーンをチョイスすると顔まわりを華やかにしてくれます。ライトグレーや白、ベージュがおすすめ。スカートのイエローを基準に、他の色は暗めの色を選び、使う色を3色以内におさえると、カラーコーデはうまくいきます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW