ドレスコードお手本コーデ
FASHION

ドレスコードとは?段階別にお手本コーデを徹底解説!

2020/11/13

皆さんも一度は耳にしたことがある「ドレスコード」という言葉。聞いたことはあっても、明確な決まりや気を付けるべき点をきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか? 実は意外にも明確な決まりや段階があり、それぞれに相応しい格好が存在します。今回はそんな「ドレスコード」について徹底解説していきます!

「ドレスコード」とは

ドレスコードとはのイメージ画像

そもそも、「ドレスコード」とはどういう意味なのでしょうか?本来の「ドレスコード」の意味は、【場所に応じた服装になること】を意味します。元々は、ホテルレストランやパーティーなどで、参加者の服装がバラバラになることで場の雰囲気が乱れてしまうことを避けるために「ドレスコード」が生まれました。それが現在では、服装の決まりを意味するようになったと言われています。

また、「ドレスコード」は格式に合わせて、なんと7段階に分けられます。
・フォーマル
・セミフォーマル
・インフォーマル
・スマートエレガンス
・カジュアルエレガンス
・ビジネスアタイア
・スマートカジュアル


この記事では段階別に、各ドレスコードについて解説していきます!

「ドレスコード」の種類【1】フォーマル

まずは、7段階のなかで最も格式高い“フォーマル”について。“フォーマル”とは【正礼装】を意味します。日常生活ではあまり馴染みがないかもしれませんが、皇室や国の公式式典や、花嫁のウェディングドレスがこれにあたります。また同じ“フォーマル”でも、昼間(18時以前)は露出の少ない「アフタヌーンドレス」、夜(18時以降)は華やかな「イブニングドレス」と時間帯によって相応しい服装が変わるのも“フォーマル”の特徴となっています。

最適なシーン

・皇室や国家の公式式典
・結婚式の新郎新婦の服装
・新郎新婦の両親の服装

アフタヌーンドレス

▼レーシーなドットのドレスが主役のロイヤルブルーコーデ

レーシーなドットのドレスが主役のロイヤルブルーコーデの画像

ボウタイのリボンがパッと目を惹くレーシーなドレスは、さりげない透け感と小さめドットが淑女の雰囲気を高めてくれます。全身を淡いブルーでまとめて爽やかなコーディネートに。

▼光沢のあるレースのVネックドレス

光沢のあるレースのVネックドレスの画像

光沢のあるレースで、肩のラインが美しい小さめVネックのドレス。スカート丈はひざ丈で、タイト過ぎないシルエットが可憐な雰囲気を漂わせる。

イブニングドレス

▼シンプルかつ上品なオフショルネックのドレス

シンプルかつ上品なオフショルネックのドレスの画像

鎖骨が美しく見えて、かついやらしくない絶妙なラインのオフショルネックのドレス。シンプルなデザインのドレスには、煌びやかなラメがゴージャスなパンプスを合わせて、パーティーに相応しい華やかな装いに。

▼レーシーなトップスと深いスリットの入ったソワレのドレス

レーシーなトップスと深いスリットの入ったソワレのドレスの画像

レースのトップスとスリットが入ったロングフレアのソワレが、ドレッシーさを最大限に引き出すコーディネート。場の雰囲気に合わせた小物使いも、ドレスコードには重要なポイント。

「ドレスコード」の種類【2】セミフォーマル

フォーマルの次に格式高いドレスコードとなる“セミフォーマル”。【準礼装】を意味するこのドレスコードは、日本でもよく使われるドレスコードです。結婚式での花嫁のお色直しのドレスや、ホテルウェディングに招待されたゲストの服装がこれにあたります。またフォーマルと同様に時間帯によって装いが変わります。結婚式やパーティーに招待された際は時間帯を確認して、服装を決めるようにしましょう。

最適なシーン

・ホテルウェディングに参列するとき
・祝賀会や謝恩会
・格式高いホテルでの催し物

セミ・アフタヌーン

▼太陽にも負けないビビッドなレッドでまとめた装い

セミ・アフタヌーンの画像

ビビッドな赤が目を惹く、昼の太陽にも負けない存在感抜群のドレス。カシュクールデザインとウエスト部分で絞られたアシンメトリーのデザインがファッショナブルな印象に。真っ赤なパンプスをチョイスすればコーディネートに統一感が生まれます。

カクテルドレス

▼足元すれすれのマキシ丈ドレスは“揺れる黒”がモード感を高める

カクテルドレスの画像

スタンダードでシンプルなシルエットのブラックドレス。足元すれすれのマキシ丈がモード感を高めつつも、煌びやかなウエストベルトでナイトシーンに相応しいゴージャスな印象を漂わせる。

「ドレスコード」の種類【3】インフォーマル

フォーマルスタイルのなかで一番自由度が高いものがインフォーマルになります。【略礼装】を意味するドレスコードで、「平服でお越しください」など平服指定の場合、一般的な結婚式のゲストの服装、卒入学などの式典での服装がこれにあたります。フォーマルやセミフォーマルにあった時間帯による服装の変化がなく、取れ入れてよい素材も増えます。比較的自由であるがゆえに、失敗もしやすいドレスコード。参加する場の雰囲気に合うコーディネートを意識しましょう。

最適なシーン

・平服指定の結婚式、披露宴
・格式高いホテルが会場の同窓会
・顔合わせ

ワンピーススーツ

▼洗練されたアンサンブルのフォーマルワンピース

エレガントなIラインシルエットのワンピースと、上品なジャケットがアンサンブルのフォーマルワンピース。上品なひざ丈がクラシカルな印象を与える。

▼個性的デザインかつ上品さも兼ね備えたファッショナブルな一着

個性的な襟元がファッショナブルなワンピースは、一枚で上品かつオシャレ上級者。卒入学イベントで着ていけば周りのママさんたちに一目置かれること間違いなし!

スカートスーツ

▼フェミニンなデザインも、ウエストマークでさり気なくスタイルアップ

袖のフリルが可愛いブラウスに、タイトスカートの組み合わせは、フォーマルなシーンでは絶対に失敗しない組み合わせ。それゆえに無難すぎてしまいがちなコーディネートも、ウエストマークのブラウスをチョイスするとスタイルアップが叶います。

「ドレスコード」の種類【4】スマートエレガンス

ここからは段々とカジュアルなドレスコードに。カジュアルなドレスコードのなかでも一番フォーマルに近いスマートエレガンスは、インフォーマルよりもやや華やかでドレッシーな装いのことを指します。スマートエレガンスの明確な規定はほとんどないとされていますが、高級ホテルのレストランなどで設定されていることが多いので、露出が多い装いは控えて。足元はつま先のでていないスタンダードなパンプスが良いとされているので注意。

最適なシーン

・格式のある高級ホテルでのお食事
・カジュアルウェディング

スカートスタイル

▼レースがふんだんに使われたクラシカルなドレス

レースがふんだんに使われたエレガントなドレスは、さりげない肌見せがポイント。襟元がシンプルな分、大ぶりのピアスやイヤリングをつけてドレッシーに仕上げて。

▼シフォンの袖が軽やかで女性らしさ満点のドレス

袖の部分がシフォン素材の軽やかな印象のドレスは、ケープが苦手な方におすすめです。さりげなくくびれるIラインシルエットで、美人度3割増しすること間違いなし。

パンツスタイル

▼シンプルなのに色っぽくドレッシーな装いになれるパンツドレス

パンツドレスは、シンプルな形でも色っぽくドレッシーな装いになれる一着。ウエストマークされているので脚長効果も。

▼上品なレース袖とドレープが効いたパンツの絶妙なオールインワン

繊細なレースとシフォンがフェミニンな印象を与えながら、上品に見える丈感が合わさって、きちんと感のある着こなしに。ジャケットとの相性も抜群!

「ドレスコード」の種類【5】カジュアルエレガンス

スマートエレガンスよりも、カジュアルダウンしたドレスコードが「カジュアルエレガンス」。ただし「カジュアル」というワードが入ってるからといって、Tシャツやデニム、スニーカーやサンダルを選ぶのはマナー違反。お見合いや、一般的な結婚式の二次会で用いられていることが多いドレスコードになります。かしこまりすぎず、カジュアルすぎない上品なコーディネートを意識して。

最適なシーン

・お見合い
・結婚式の二次会
・ホテルでの会食

スカートスタイル

▼襟元のパールの装飾がシンプルなワンピを引き立てる

上質なIラインワンピースは付属のベルトでくびれをマーク。シンプルな生地感は、襟元のパールを引き立てて上品にまとめてくれます。

▼袖コンシャスでシンプル、BUT華やかに

ふんわりと揺れるジョーゼットがコンシャスな袖元を演出。とろみのある素材は体型カバーもできて、着るだけでフェミニンな装いに。

パンツスタイル

▼パンツスタイルはどこかに女性らしさを

エレガントさを求められる場でのパンツスタイルは、カジュアルな印象を与えがち。袖元が透け感のあるシフォン袖のオールインワンなら心配なし。パンツスタイルはどこかに女性らしい華やかなポイントを添えて。

▼上品なVネックが華奢なデコルテを演出

縦のラインがエレガントなシルエットを作ってくれるオールインワンドレス。深すぎない絶妙なVネックが上品で、華奢なデコルテラインを演出。

「ドレスコード」の種類【6】ビジネスアタイア

続いては、あまり聞きなれないドレスコード「ビジネスアタイア」。ビジネスというワードからも分かるように、社員総会や企業のレセプションなどに用いられるドレスコードです。「とりあえずスーツを着ておけばいいかな」と思いがちですが、ただのスーツではなく、開催される会場の雰囲気に合わせたドレッシーな印象を与えるスーツスタイルを心掛けて。

最適なシーン

・社員総会
・企業のレセプションパーティー

スカートスタイル

▼レースのタイトスカートはビジネスシーンにもってこい!

レースのタイトスカートの画像

着られるアイテムが限られてくるビジネスシーンですが、レースのタイトスカートはきちんと感と女性らしさが手に入るのでおすすめ。何より、デイリーユースできるので着回し力も抜群のアイテム。

パンツスタイル

▼明るいカラーのスーツで華やかさを格上げ

明るいカラーのスーツの画像

ビジネスシーンではどうしても地味なカラーリングに寄ってしまいがち。そんなときでも華やかなパーティーやレセプションの場に相応しい格好をするなら、断然明るいカラーのスーツがおすすめ。小物の色味やトーンを統一すれば、ビジネスシーンに華を添えるエレガントなスーツスタイルの完成。

▼長め丈ジャケットがフォーマルさを演出

ベージュのセットアップの画像

きっちりカチッとした印象を与えるパンツスタイルですが、ベージュトーンなら柔らかで女性らしい印象に。長めのジャケット丈が体型カバーしながら、フォーマルさも演出。

「ドレスコード」の種類【7】スマートカジュアル

最後にご紹介するのは「スマートカジュアル」。きちんとした身なりではありながら、“正式な場面には相応しくない”服装のことで、「スマートカジュアル」=“洗練されたカジュアルスタイル”となります。デイリーユースできるアイテムを使いながらも、上品見えするエレガントなカジュアルスタイルを賢く作り上げてみましょう。

最適なシーン

・予約制のレストランでのお食事
・学校行事(地域や学校の雰囲気による)
など

スカートスタイル

▼とろみ素材の落ち感とキャンディスリーブが絶妙な大人ワンピース

オリーブカラーのワンピースの画像

落ち着いたオリーブカラーに、とろみ素材のロング丈シルエットがドラマチックなワンピース。絶妙な深さのVネックや、キャンディスリーブなどいたるところにエレガントなポイントを散りばめられたデザインは、まさに大人の女性ための一着。

▼風になびくロングフレアがドレッシーなオフショルコーデ

ロングフレアがドレッシーなオフショルコーデ画像

真夏のスマートカジュアルはさりげなくデコルテを見せて華奢な印象に。代わりにロングフレアで全身の肌見せバランスを調整。ロングフレアスカートは風になびくたびにドレッシーな印象与える。

パンツスタイル

▼一枚で決まるジャンプスーツはとにかく「ラクチンきれい」。

ジャンプスーツのコーデ画像

センタープレスできちんと感もしっかりなジャンプスーツは一枚でコーデが決まり、なおかつラクチンきれいな優秀アイテム。ジャケットを羽織ればきちんと感を格上げしながら、冷房対策にも。

▼真冬のスマートカジュアルは異素材ミックスで高級感を

スマートカジュアルな画像

ベルボトム型のワイドパンツや、ウエストマークしている太ベルトがどこか高級感を漂わせるコーディネート。リブのハイネックニットの上から、ジレ風のニットベストをレイヤードするテクニックはおしゃれ上級者だからこそなせる業。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW