【ジーンズの定番7色に合うカラー】を知って、脱マンネリ!
FASHION

【ジーンズの定番7色に合うカラー】を知って、脱マンネリ!

2020/04/16

ジーンズの「色」に注目したことはありますか? オールシーズン穿きこなせるジーンズですが、色味によってコーデの印象はガラッと変わるんです。そこで今回はジーンズの色を改めておさらい! 色によって変わる印象から相性のよいカラーまで、お手本コーデとともに徹底解説します!

【一番使えるデニム7色】ジーンズの色によってコーデの印象は変わる

ジーンズの色選びがわからない方は、まずはなりたいイメージをきめてから、ジーンズの色を選ぶとよいかも。ジーンズの色によって変わるコーデの印象をチェックしていきます。

  • インディゴブルー
  • ブルー
  • ライトブルー
  • アイスブルー
  • ホワイト
  • ブラック
  • グレー

《インディゴブルー》はきれいめの代表色

《インディゴブルー》はきれいめの代表色のイメージ画像

一番濃い「インディゴブルー」のジーンズは、きれいめに着こなせる色。どんなトップスと合わせても、ほどよい『きちんと感』を出せるのが魅力です。黒ほどクールすぎず、やわらかい印象ながらもコーデをグッと引き締めてくれるので、一本持っておくと便利。

《ブルー》はちょっぴりレトロに仕上がる

《ブルー》はちょっぴりレトロに仕上がるのイメージ画像

インディゴブルーよりも少し色あせた「ブルー」ジーンズは、一番オーソドックスな色。ほどよい青味が古着っぽく、ちょっぴりレトロな印象を与えます。

《ライトブルー》ならラフでこなれた印象に

《ライトブルー》ならラフでこなれた印象にのイメージ画像

カジュアル度の高い「ライトブルー」ジーンズは、ラフに決めたいときにおすすめの色。明るい色味なだけに、コーデに軽さを出してくれるのでデイリーユースにぴったり。

《アイスブルー》は爽やかで気取らないコーデが完成

《アイスブルー》は爽やかで気取らないコーデが完成のイメージ画像

氷のようなうすい水色の「アイスブルー」ジーンズは、ほんのり白っぽいので爽やかな印象を与えることができます。カジュアルなアイテムはもちろん、実はきれいめアイテムとも好相性なのが魅力的。

《ホワイト》でコーデに明るい清潔感をプラス

《ホワイト》でコーデに明るい清潔感をプラスのイメージ画像

「ホワイト」のジーンズは、ほどよい『清潔感』と『抜け感』を与えてくれます。ホワイトパンツはちょっぴり勇気がいるけれど、親近感のあるジーンズなら、誰でも簡単に着こなせます。

《ブラック》はオールジャンルに使いこなせる

《ブラック》はオールジャンルに使いこなせるのイメージ画像

「ブラック」ジーンズは、レギンス感覚で使えてコーデの引き締め役にぴったり。着こなしの幅は無限なので、一本持っておけば必ず重宝するアイテム。

《グレー》ならほんのり辛口な印象に

《グレー》ならほんのり辛口な印象にのイメージ画像

暗い色からきれいな色まで、どんなカラーとも絶妙にマッチする「グレー」のジーンズ。キリッと冷たい印象なので、コーデに辛口要素を加えたいときにおすすめ。

【ジーンズに合うトップスの色】を知ってコーデを格上げ

お次はジーンズの色ごとに「似合うトップスの色」をピックアップ。ぜひコーデの参考にしてみて。

  • インディゴブルーは濃い色を合わせてバランスよく
  • ブルーにはナチュラルカラーを合わせてやさしく
  • ライトブルーにはポップなカラーを合わせて遊ぶ
  • アイスブルーにはパステルカラーでやわらかく
  • ホワイトは濃いめのベーシックカラーを合わせると引き締まる
  • ブラックには淡いベーシックカラーを合わせてマイルドに
  • グレーには意外にもカラフルな色が似合う

インディゴブルーは濃い色を合わせてバランスよく

インディゴブルーはどんな色とも比較的合わせやすい。そのなかでも、《赤》《濃いピンク》がおすすめ!

▼赤で女らしく

赤で女らしくしたコーデ画像

落ち着きのあるインディゴブルーのジーンズは、濃いめのカラーをうまく引き立ててくれます。パキッとした赤のリブトップスを合わせれば、シンプルだけれど女っぽさがあふれるカジュアルコーデに。

▼濃いピンクで品のよいかわいらしさ

濃いピンクで品のよいかわいらしさを出したコーデ画像

インディゴブルー×濃いめピンクの組み合わせなら、甘さとクールさが絶妙な大人かわいいコーデが作れます。大人になればなるほど敬遠しがちなピンクも、シックな色味のデニムと合わせれば派手になりすぎず◎。

ブルーにはナチュラルカラーを合わせてやさしく

ブルーは少しボーイッシュな印象があるから、組み合わせるアイテムの色やシルエットで女性らしさを取り入れてみて。なかでも《カーキ》《ライトグレー》を合わせるのがおすすめ。

▼ブルーとカーキでこなれ感たっぷり

ブルーとカーキでこなれ感たっぷりのコーデ画像

絶妙な色落ち加減のブルージーンズは、カーキなどの渋めの色と相性がよく、合わせるだけでヴィンテージライクな着こなしが叶います。オーバーサイズのアイテム合わせでコーデをとことんラフに傾けて。

▼グレーでカジュアル感のなかに爽やかさを隠して

グレーでカジュアル感のなかに爽やかさを隠したコーデ画像

重たく見えてしまうブルージンズも、ライトグレーを合わせることで大人っぽい爽やかさをプラスできます。花柄ガウンでほどよい女っぽさを加えれば、男子ウケもばっちりなカジュアルコーデが完成。

ライトブルーにはポップなカラーを合わせて遊ぶ

明るいライトブルージーンズに明るい色を合わせて、ハッピーオーラあふれるコーデを楽しんでみて。なかでも《ピンク》《黄色》が好相性!

▼ライトブルー×ピンクで媚びないかわいさ

ライトブルー×ピンクで媚びないかわいさのコーデ画像

ライトブルーのジーンズはカジュアル度が高め。ポップでかわいらしいカラーと合わせても『やりすぎ感』が出ずラフにまとまるので、挑戦しやすいはず。コーラルピンクのリブトップスをライトブルーのストレートジーンズと合わせて好感度高めのコーデをメイク。

▼黄色で元気な印象を後押し

黄色で元気な印象を後押ししたコーデ画像

イエローがもつ元気な印象を後押ししてくれるのがライトブルーのジーンズ。一見、着こなしが難しそうなイエローのノーカラーコートも、うまくカジュアルに落としこまれて、嫌味のないヘルシーな着こなしに着地。

アイスブルーにはパステルカラーを合わせてやわらかく

淡い水色に近いアイスブルーのジーンズは、パステルカラーのアイテムと相性抜群。合わせるだけで、おしゃれ見え確実な淡色コーデが作れちゃいます。アイスブルーはクールな印象になりがちですが、パステルカラーのアイテムを合わせることでやわらかい印象にシフト。

▼ライトグリーンの爽やかなコーデ

ライトグリーンの爽やかなコーデの画像

アイスブルーのジーンズ×白タンクトップスの夏コーデに、ライトグリーンのシャツを肩からかけてこなれ感を出して。アイスブルーの冷たい印象も、温かみのあるライトグリーンを合わせることで爽やかなコーデに仕上がります。

▼ミントブルーで清涼感たっぷり

ミントブルーで清涼感たっぷりのコーデ画像

アイスブルーの色味に似たミントブルーを合わせれば、清涼感たっぷりなワントーンコーデが完成。Tシャツやバッグに取り入れた白で、やわらかい雰囲気を最大限にアピール。

ホワイトは濃いめのベーシックカラーを合わせると引き締まる

他のジーンズに比べて圧倒的に爽やかなホワイトジーンズ。一方で膨張色でもあるから、トップスのカラーで引き締めるのが肝心。なかでも《ネイビー》《ブラウン》がおすすめ。

▼ネイビーでほんのり知的な印象に

ネイビーでほんのり知的な印象にしたコーデ画像

ホワイトは膨張色なので、やさしい色を合わせてしまうとなんだか太って見えてしまうことも。なので、濃いめのベーシックカラーを合わせて引き締めると◎。ネイビーと合わせれば、知的で気負わない印象にまとまります。

▼ブラウンでこなれた印象に

ブラウンでこなれた印象にしたコーデ画像

カジュアルながらも、どこか上品にキマるのがホワイトジーンズのよいところ。ブラウンのアイテムを合わせれば、ナチュラルな大人の魅力が引き立ってGOOD。

ブラックには淡いベーシックカラーを合わせてマイルドに

誰でも一本は持っているといっても過言ではないブラックジーンズ。万能な一方、組み合わせによっては少しきつく見えてしまうことも。そんなときは、やわらかな色でやさしげに仕上げてみて。なかでも《ベージュ》《グレー》が◎。

▼ベージュでメリハリのある着こなしを

ベージュでメリハリのある着こなしのコーデ画像

ちょっぴり強い印象のあるブラックジーンズですが、淡いベーシックカラーを合わせれば強さが抑えられるうえに、トレンド感をまとった着こなしが完成します。今っぽさ満点のベージュコーデに、レギンス感覚で黒スキニーをプラスすれば、メリハリのあるスタイルに。

▼グレーでリラックス感たっぷりに

グレーでリラックス感たっぷりにしたコーデ画像

黒×グレーの組み合わせは「ちょっとクールすぎ……?」と思ってしまいますが、淡いグレーなら問題なし。黒スキニーの緊張感がほぐれ、ほどよく力の抜けた着こなしが叶います。

グレーには意外にもカラフルな色が似合う

グレーには、つい白や黒などの無彩色を合わせがち。でも実は意外とカラーアイテムとも相性バッチリなんです! なかでも、《黄緑》《淡いピンク》は新鮮かつ大人っぽくキマります。

▼黄緑でキュートに魅せる

黄緑でキュートに魅せたコーデ画像

グレーのジーンズにベーシックカラーを合わせると、クールになりすぎてしまうことも。どんなカラーにもなじむグレーのよさを活かして、きれいめ色と合わせれば好感度高めな着こなしに。黄緑のノーカラーコートを合わせれば、まわりと差がつくキレカジコーデが完成。

▼淡いピンクで上品な大人の女性に

淡いピンクで上品な大人の女性のコーデ画像

グレーのジーンズは淡いピンクとも好相性。淡い色同士でもグレーの冷たい印象で下半身を引き締めてくれるので◎。Vネックのピンクニットに、加工の少ないグレージーンズを合わせれば、品のあるカジュアルコーデに。

定番7色を【季節別】に着まわすと?

次は季節別の着こなしを見ていきましょう。季節によってさまざまな着こなしを楽しんで。

春夏

▼夏のブルーバギーはトップスを最小限にすっきりと

夏のブルーバギーはトップスを最小限にすっきりとしたコーデ画像

ちょっぴり重みのあるブルーバギーは夏に不向きだと思っていませんか? しっかりとした生地のバギーをコーデするときは、トップスを軽めにすっきり見せるのがコツ。無地のシンプルなノースリーブをインすれば、バランスの取れた夏のジーンズコーデに。

▼インディゴブルーとボーダートップスで作るフレンチカジュアル

インディゴブルーとボーダートップスで作るフレンチカジュアルのコーデ画像

シックなインディゴブルーのジーンズには大人カジュアルの定番、ボーダートップスを合わせてラフに。足元には差し色で赤のバレエシューズをONすれば、大人のフレンチカジュアルが簡単にメイクできる。

▼絶妙な肌見せバランスで作る真夏のブラックコーデ

絶妙な肌見せバランスで作る真夏のブラックコーデの画像

「夏だけれど黒が着たい!」という人は、肌見せを意識してコーデすれば重たくならずに夏らしく着こなせます。袖と首元が広めに開いたトップスで、抜け感とスタイルアップの両方を叶えて。ブラックコーデに映えるイエローのバッグが上品さを醸し出してくれます。

▼ライトブルーとパープルスウェットで大人かわいく

ライトブルーとパープルスウェットで大人かわいくしたコーデ画像

爽やかで春らしさ満載のライトブルージーンズは、着まわし力抜群の一着。ピンクほどかわいくならないくすみパープルを合わせれば、アンニュイなスプリングコーデに。バッグとスニーカーは白でキメて明るさをプラスして。

▼アイスブルーとパステルカラーで作る淡色コーデ

アイスブルーとパステルカラーで作る淡色コーデの画像

アイスブルーと相性のいいパステルカラーは、グレーを選んで大人っぽく着こなすのもアリ! ロゴTシャツとデニムのカジュアルコーデに、パステルグレーのニット帽&カーディガンを添えて上品に。

▼白デニムとチェックコートで作るアメカジスタイル

白デニムとチェックコートで作るアメカジスタイルのコーデ画像

ゆったりめのホワイトデニム×白ニットは膨張して太く見えがちなので、軽めのチェックコートを羽織って引き締めると◎。トレンドの足袋ブーツはブラウンをチョイスして、カジュアル感ななかにも女性らしさを取り入れて。

▼やさしげなシャツコーデはグレーで引き締める

やさしげなシャツコーデはグレーで引き締めたコーデ画像

春らしい黄緑のシャツは、爽やかかつハンサムに美人度をアップできる優秀アイテム。メンズライクにもキマるシャツは、大きめサイズで彼シャツ風に。ロールアップさせたグレージーンズ×ヌーディーヒールで、女性らしさとスタイルアップをGET。

秋冬

▼ボーイッシュなブルージーンズをトレンチコートでレディに

ボーイッシュなブルージーンズをトレンチコートでレディにしたコーデ画像

トレンドのゆったりスタイルは、ボーイッシュなブルージーンズ×グレーパーカーを合わせたら即完成。メンズライクなコーデに女性らしさを加えるなら、トレンチコートが断然おすすめ。くしゅっとした袖と、くすんだ緑でかわいらしくレディな仕上がりに。

▼暗めトーンのなかに輝くライトブルージーンズ

暗めトーンのなかに輝くライトブルージーンズのコーデ画像

ライトブルージーンズを秋冬に着こなすときは、全体を辛口な暗めアイテムでそろえるのが◎。ライダースとレザーのショートブーツで上下をキリッとさせ、トップスはパープルニットで大人の魅力を引き立てて。

▼きれいめコートになじむアイスブルー

きれいめコートになじむアイスブルーのコーデ画像

暑さと寒さが混じる秋は、コートで温度調節を。コーデを軽く見せてくれるアイスブルージーンズは、季節の変わり目に大活躍。ベージュのロングコートと合わせれば、きれいめカジュアルにグレードアップできます。

▼ブラウン×インディゴブルーでグッドガールな印象に

ブラウン×インディゴブルーでグッドガールな印象にしたコーデ画像

シックなインディゴブルーは、バギーを選ぶとラフさが醸し出されてカジュアルな着こなしに。肉厚なブラウンのニットと合わせて、かわいらしくコーデして。広めのVネックから見えるデコルテラインで、ちょっぴり色気を出すのも忘れずに。

▼白デニム×白ソックスで足元に明るさを

白デニム×白ソックスで足元に明るさを出したコーデ画像

ホワイト×ベージュはやさしさあふれる組み合わせだけれど、さらにアウターをボアジャケットにすれば、かわいらしさもGETできてお得。ボトムスとスニーカーの間からチラ見えする白ソックスが、今っぽさを引き出してくれる。

▼切りっぱなしジーンズはグレーでナチュラル感を出して

切りっぱなしジーンズはグレーでナチュラル感を出したコーデ画像

古着のような味わいが出せる切りっぱなしジーンズは、グレーをチョイスしてナチュラル感を出すが大人女子流! トップスとスニーカーもベージュでテイストをそろえて。淡い色のコーデを引き締めるブルーのチェックストールが、さらに大人っぽさを引き出してくれる。

▼キリッとしたブラックジーンズは袖コンシャスで華やかに

キリッとしたブラックジーンズは袖コンシャスで華やかにしたコーデ画像

黒スキニーと白シャツで作るクールなモノクロコーデは、キリッとした印象が強いのでちょっぴりフェミニン要素を取り入れると好バランス! キュッとしまった手首から広がる華やかな袖コンシャスなトップスで、一気にかわいらしさがアップします。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW