FASHION

赤に合う色は《明暗》で少し違った!【3つのルール】で赤への苦手意識を克服

2019/07/16

女らしさを引き立てる「赤」は女性なら誰でも1度は着たいカラー。しかしキャッチーな赤は何色が合うのかイマイチわからない……。一歩間違えれば子供っぽい印象になってしまうことも。そこで今回は「赤」をより魅力的に見せるための「赤に似合う色」をご紹介! 上手な着こなしをマスターして魅力が詰まった赤コーデを楽しんで。

スウェット×タイトスカート

ビビットなカラーは着こなしをカジュアルに振ると親しみやすさがアップ。女性らしいタイトスカートには思い切ってラフなスウェットをオン。ダボっとしたスウェットがコーデをカジュアルダウンしつつも、ゆるピタなシルエットが華奢見えを実現。

「赤×白」コントラストな白がメリハリをオン

鮮やかな赤に負けず単色でも活躍する白。赤と合わせることでコーデにメリハリをプラスします。思い切ってツートーンでコーデを完成させても◎

タンクトップ×ワイドパンツ

赤×白の振り切った配色が媚びないルックを作り出します。白のワイドパンツはクリーンな印象をメイクしてくれるのでヘルシーな肌見せが実現。上下に存在感がある分小物は控えめなブラウンに統一して。

ニットカーディガン×カットソー×リブパンツ

上下ワントーンコーデに赤ニットをオン。ぼんやりとしがちなワントーンコーデも赤×白のコントラストが効いているのでお洒落見えが叶います。あえて足元は抜け感たっぷりなぺたんこシューズでゆるっとした着こなしを楽しんで。

カットソー×プリーツパンツ

女性らしさが溢れる赤はレディライクなスタイリングを盛り上げます。甘めなドット柄はちびドット柄に更新すれば上品見せが実現。カットソーがボディにフィットする分ボリューミーなパンツを合わせても好バランスがキープ。

「赤×ベージュ」控えめなベージュは赤を引き立てる名脇役に

合わせる色を選ばない控えめなベージュは赤を引き立てる存在。着こなしがカジュアルになりがちなベージュには赤が女性らしさをオン。

カーディガン×カットソー×チノパンツ

定番カジュアルコーデにはさりげなく女性らしさを叶えてくれる赤カーデをオン。あえて袖は通さずさらっと肩掛けすればお洒落上級者な雰囲気に。シンプルなコーデこそ自分らしいひと癖をプラスして差のつくコーデに仕上げて。

シャツ×カットソー×スラックスパンツ

リラクシーな着こなしが得意なスラックスパンツ。柔らかな素材や落ち感のあるアイテムと合わせるとリラクシーな雰囲気が叶います。シャツは肩を落としめ&空気感たっぷりにオン。ベルト代わりにスカーフを添えてトレンド感もキープ。

ジャケット×マキシワンピース

次ページ> 赤×「茶色」マイルドなブラウンが温もりを生み出す
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW