FASHION

キュロット《春夏秋冬》コーデ28選!大人っぽく着こなす方法を【色別】に解説

2019/06/20

まるでスカートのように見えるシルエットで、実はパンツの「キュロット」。今、そんなキュロットが流行の兆しを見せています!
春夏のイメージが高いけれど、実は年中着回せる優秀アイテム。一歩間違えると幼く見えたり、年齢的にショート丈は履けない…… なんて悩みを払拭する大人のためのキュロットコーデをご紹介。今年は一枚ゲットしてみてはいかが?

【黒】キュロットコーデ

きちんと見えるから、大人でも挑戦しやすい「黒」。引き締め効果も期待できるので、まずは黒から始めてみて。春夏、秋冬のお手本スタイルを早速チェック。

春夏コーデ「黒」

▼黒合わせで大人見え

黒のキュロットは、リネン素材を選んで季節感と大人らしさアップ。コンパクトなノースリーブトップスと華奢サンダルを合わせれば、フレアなキュロットがより引き立った印象に。

▼セットアップ風コーデで甘さ抑えめに

黒のジャケットと合わせてセットアップ風コーデにすれば、甘さが抑えられた大人らしいキュロットコーデに。あえてカジュアルなTシャツとスニーカーを合わせることで、今年らしいテイストミックススタイルが完成。

秋冬コーデ「黒」

▼カーキ合わせでスパイシーに

脚を露わにするキュロットは、ハンサムなカーキ色を合わせて辛口な着こなしを。プレーンなアイテム同士だからこそ、フレアスリーブを選んでポイントを持ってきて。ダークトーン合わせには、白ロンTを重ねてメリハリをアップ。

▼異素材の黒を重ねて立体感を作る

アシンメトリーラップデザインで細見え効果が期待できるキュロットには、黒アイテムで統一して更にスタイルアップ。レザーやニットなど、異なる素材を組み合わせることで立体的な印象に。

【白】キュロットコーデ

ともすれば、アクティブすぎる印象が強くなってしまう「白」のキュロット。そんな時は、大人らしいオフホワイトをチョイスしたり、合わせるアイテムを工夫すればOK。

春夏コーデ「白」

▼落ち着いた色味を足して大人らしく

白のキュロットは、ともすれば子供っぽくなりがち。黒やグレーといった落ち着いた色を添えることで、大人らしいモノトーンコーデに。

▼お堅いスーツ風セットアップもまろやかに

ジャケットを使ったセットアップスタイルは、お堅い印象がつきまとう。生成り色かつキュロットなら、きちんと感を残しつつ女性らしい柔らかさもまとえる。対照的な黒を添えて強弱をつければ、メリハリのあるコーデに。

▼シアーなブラウスと合わせて上品コーデ

きれいめな印象のホワイトブラウスと、ナチュラルなリネンキュロットの異素材を組み合わせたコーデ。きちんと感も出しつつも、涼し気な印象に。こんな雰囲気のコーデには、フラットなサンダルと合わせてとことん爽やかに着こなして。

秋冬コーデ「白」

▼まだ暑い残暑は秋色キャミで季節感を

生成り色のキュロットには、秋らしい赤みブラウンのトップスを合わせて季節感を高めて。ボトムスの色と合わせたガウンを羽織れば、おしゃれ感度もアップ。

【ベージュ・ブラウン】キュロットコーデ

優しい印象で、女性らしさを引き出せる「ベージュ」や「ブラウン」のキュロット。大人にぴったりなカラーなので、色に迷ったらこの2色にトライしてみては?

春夏コーデ「ベージュ・ブラウン」

▼肌見せバランスを意識して幼見え回避

柔らかな色で女性らしいキュロットは、クリーンな白シャツ合わせで肌見せ面積を整えて。ロープベルトやビーチサンダルで、夏らしさアップ。

▼黒×ブラウンなら確実大人見え

Tシャツ×キュロットのカジュアルな組み合わせは、黒とブラウンの配色にすることで子供っぽくならない。リュクスなエナメルローファーを添えて、大人らしさを上乗せ。

秋冬コーデ「ベージュ・ブラウン」

▼ボリューミィトップスでドレスアップ

アクティブな印象が強いベージュのショート丈キュロットは、袖やウエストにボリュームのあるコンシャスな黒ブラウスでドレスアップ。小物も黒で統一することで、ベージュキュロットのヌーディ感が高まり、艶っぽさをまとう。

次ページ> 【カーキ】キュロットコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW