夏のスニーカーコーデ【レディース27選】
FASHION

夏のスニーカーコーデを大人っぽく決める! 【レディース41選】

2019/12/25

2019年の夏も、大活躍間違いなしなスニーカー。カジュアルはもちろん、キレイめコーデの外しとしても万能に使えるからスニーカーに頼りっきり、という方も多いはず。でも一方で、子どもっぽくなってしまうのが悩み……という声もちらほら。
そこで、夏のスニーカーコーデを大人っぽく決めるコツを、おしゃれさんのお手本をもとにご紹介。ぜひ、参考にしてみて。

スニーカー×『パンツ』の夏コーデ

夏のパンツ×スニーカーコーデを大人っぽく仕上げるには、色選びやシルエットにこだわるのが大切。パンツの種類別に、おしゃれに見えるスニーカーコーデを見ていきましょう!

デニム×スニーカー

▼デニムワイドパンツ×黒スニーカー

デニムワイドパンツ×黒スニーカーのコーデ画像

程よい色落ち感が夏らしいデニムワイドパンツに、アイレット編みのサマーニットを合わせてほんのり女っぽさをプラス。トップスで甘さを取り入れたら、足元は黒スニーカーで大人っぽく引き締めてバランスをとって。

▼スキニーデニム×ベージュスニーカー

スキニーデニム×ベージュスニーカーのコーデ画像

ライトブルーのスキニーデニムを、ベージュTシャツとスニーカーで挟んだツートーンコーデ。全身カジュアルな装いも、上品なベージュを合わせることでどこか優しげな雰囲気に。裾をさりげなくロールアップしてヌケ感も意識して。

▼ネイビーデニム×白スニーカー

ネイビーデニム×白スニーカーのコーデ画像

濃いネイビーデニムコーデは、白スニーカーを使って足元に軽さを出すのがオススメ。このひとテクで夏らしい清涼感のある着こなしが実現! 赤トップスと大人なチェーンバッグでフレンチカジュアルに決めて。

▼ストレートデニム×ブルースニーカー

ストレートデニム×ブルースニーカーのコーデ画像

デニム×スニーカーコーデで脚長見えを狙うなら、同系色のブルースニーカーを投入! ボトムスの色を統一すれば、足先まで繋がりが生まれぐっとスタイルアップできます。ハイウエスト&コンパクトなトップスでさらに効果を上げて。

スキニー×スニーカー

▼グレーTシャツ×黒スキニー×黒スニーカー

グレーTシャツ×黒スキニー×黒スニーカーのコーデ画像

スキニー×スニーカーは、オーバーサイズのTシャツと合わせてゆる×ピタシルエットに仕上げるのが今どき。グレー×黒の落ち着いたモノトーンで大人っぽさを演出して。パンツとスニーカーの色を揃えるワザも脚が長く見えて◎。

▼白Tシャツ×黒スキニー×黒スニーカー

白Tシャツ×黒スキニー×黒スニーカーのコーデ画像

似たようなシルエットの着こなしも、Tシャツの色を変化させると印象がガラリと変わります。白Tシャツなら、クリーンなヌケ感でより涼やかな雰囲気に。メリハリも作りやすいので、シンプルな着こなしも奥行きたっぷり。

ワイドパンツ×スニーカー

▼黒Tシャツ×ベージュワイドパンツ×黒スニーカー

黒Tシャツ×ベージュワイドパンツ×黒スニーカーのコーデ画像

ワイドパンツ×スニーカーは、大人のリラックス感が叶う組み合わせ。優しげベージュのワイドパンツを、黒スニーカーで引き締めてほんのりハンサムさをMIX。Tシャツとバッグも黒で揃えてまとまった印象に。

▼白Tシャツ×ベージュワイドパンツ×カーキスニーカー

白Tシャツ×ベージュワイドパンツ×カーキスニーカーのコーデ画像

淡いベージュワイドパンツにカーキスニーカーを合わせたニュアンスカラーコーデは、色合いを邪魔しないシンプルな白Tシャツでまとめて。ハイウエストのワイドパンツなら、フラットなスニーカーでもスタイルアップ!

その他パンツ×スニーカー

▼ベージュニットワイドパンツ×白スニーカー

ベージュニットワイドパンツ×白スニーカーのコーデ画像

最旬スタイルを作るのに欠かせないニットパンツも、スニーカーと相性◎なアイテム。ベージュのワイドニットパンツに白スニーカーを合わせてナチュラルさ漂うカジュアルスタイルに。野暮にならないよう、ボーダートップスで柄を投入して。

▼白レギンスパンツ×黒スニーカー

白レギンスパンツ×黒スニーカーのコーデ画像

レギンスパンツも最旬アイテムのひとつ。ビッグTシャツ×レギンスパンツで楽ちんなデイリーコーデにするときは、黒スニーカーで足元を大人っぽく引き締め。裾のスリットや小物使いで地味見えしない工夫を取り入れて。

スニーカー×『スカート』の夏コーデ

夏の足元を涼しげで快適にしてくれるスカート×スニーカーコーデ。スカートにスニーカーを合わせると、甘さ控えめな今っぽいバランスが簡単に作れるのが嬉しいポイント。お手本コーデを参考に、ぜひ真似してみて!

フレアスカート×スニーカー

▼水色チュールフレアスカート×ベージュスニーカー

水色チュールフレアスカート×ベージュスニーカーのコーデ画像

ロマンティックなチュールスカートをスニーカーでカジュアルダウン。淡いベージュ×ブルーでまとめて、優しげな女っぽカジュアルに。透け感の強いスカートは、ハイカットスニーカーで露出量の調整を。

▼ネイビー花柄フレアスカート×黒スニーカー

ネイビー花柄フレアスカート×黒スニーカーのコーデ画像

フェミニンな花柄スカートも、スニーカー合わせなら程よくカジュアルにシフト。全体をネイビー×黒の落ち着き配色でまとめたのも大人っぽく決めるポイント。柄スカートなら、薄着になる夏コーデも奥行き◎!

▼赤ロング丈フレアスカート×白スニーカー

赤ロング丈フレアスカート×白スニーカーのコーデ画像

鮮やかな発色の赤がドラマティックなロング丈フレアスカートは、白スニーカーで足元にヌケ感を作るのが正解。夏コーデに強い色を取り入れるときは、白を上手に使って軽さをプラスするのがおしゃれ見えへの近道。

▼ドット柄フレアスカート×白スニーカー

ドット柄フレアスカート×白スニーカーのコーデ画像

ミドル丈のドット柄フレアスカートは、可憐で甘さが際立つアイテム。その雰囲気を崩さず、程よく大人顔に導いてくれる白スニーカーでリッチにカジュアルダウンして。無地Tシャツでシンプルにまとめるのも大人っぽく仕上げるコツ。

プリーツスカート×スニーカー

▼ネイビーストライププリーツスカート×白スニーカー

ネイビーストライププリーツスカート×白スニーカーのコーデ画像

ストライプ柄&ネイビー×白スニーカーの配色が爽やかなカジュアルコーデ。軽いシフォン素材のプリーツスカートがより軽やかな印象を加速してくれます。小物までとことんカジュアルに仕上げても、スカート合わせならメンズっぽくなり過ぎず好バランス。

▼アイボリープリーツスカート×白スニーカー

アイボリープリーツスカート×白スニーカーのコーデ画像

レディなアイボリープリーツスカートを、カジュアルなロゴTシャツと白スニーカーで挟んで甘カジュアルに。淡いニュアンスカラーコーデに、Tシャツのパイピングが良いアクセント。

タイトスカート×スニーカー

▼白タイトスカート×白スニーカー

白タイトスカート×白スニーカーのコーデ画像

タイトスカートを使ったオールホワイトコーデに、白スニーカーを添えてパーフェクトな装いに。厚底のスニーカーは、さりげなく脚長見えを叶えてくれる大人の味方アイテム。膝下がスッと長く見えるので、スカートコーデにピッタリ!

▼ネイビーレースタイトスカート×白スニーカー

ネイビーレースタイトスカート×白スニーカーのコーデ画像

くすみピンクのTシャツ×レース素材タイトスカートの甘めコーデにスニーカーを合わせて甘辛MIX。あえてテイストをMIXすることでコーデの深みが増し、よりおしゃれ見えが実現! スカート×スニーカーは、このテイストMIXが簡単にできるのでぜひ試してみて。

スニーカー×『ワンピース』の夏コーデ

万能なスニーカーは、もちろんワンピースコーデにももってこい! スニーカーのレースアップデザインが、単調になりがちなワンピースコーデに奥行きを作ってくれるという効果も。夏を快適に乗り切るために、ぜひマスターしたい組み合わせ!

▼白カットソーワンピース×ベージュスニーカー

白カットソーワンピース×ベージュスニーカーのコーデ画像

ミニマルな白カットソーワンピースに、ベージュスニーカーで優しげな彩りをON。さらに足元にスニーカーを合わせることで、シンプルコーデをさりげなく奥行きアップできる! 薄着になる夏こそ、スニーカーに頼るべし。

▼花柄ワンピース×黒スニーカー

花柄ワンピース×黒スニーカーのコーデ画像

可憐な花柄ワンピースには、柄の色に合わせたスニーカーをなじませて。これなら、全身に統一感が生まれ自然な仕上がりに。あえてスニーカーのかかとを踏んで、スリッパ風にアレンジするとこなれ感たっぷり。

【色別】夏も定番の『黒』スニーカーコーデ

定番の黒スニーカーは、カジュアルコーデにぴったりなアイテムなだけでなく、きちんとしたコーデの外し役をしてくれたり、親しみやすさをプラスしてくれる。夏に黒スニーカーを履くときは、重く見えないようコーデのどこかで抜け感を出すのがポイント。

パンツに合わせる

▼カジュアルコーデに赤をONして女っぽさをプラス

ジーンズとスニーカーのカジュアルコーデ。ボーイッシュになりがちなコーデも、トップスを赤にすることで女性らしいコーデにシフト。デコルテ見せと涼しげなかごバッグで重たさを払拭。

▼スニーカーにモノトーンでハンサムに仕上げる

Tシャツ×スキニーにスニーカーを合わせる定番コーデ。モノトーンでハンサムに仕上げているからこそ、シースルーレイヤードのTシャツと足首見せて、さりげない女性らしさをプラス。

スカートに合わせる

▼高貴なパープルを、肩の力を抜いて着こなす

上品なパープルのタイトスカートを、スニーカーでカジュアルダウン。派手な色も、黒ではさめば落ち着いた印象に。

▼チノとスニーカーでメンズライクに決める

メンズライクなチノスカートには、スニーカーとキャップを合わせてメンズライクに振りきって。初夏の肌寒い時には、肩を落としてデニムジャケットを羽織ればこなれた印象に。

▼足元から軽快なレディを演出

女性らしいフレアのプリーツスカートには、あえてスニーカーを合わせて。揺れるスカートの裾とフットワークの軽いスニーカーが、軽やかなレディを演出してくれる。

ワンピースに合わせる

▼ドレッシーなワンピをカジュアルに着こなす

ティアードの可愛らしく特別感があるワンピースも、スニーカーを合わせれば普段使いのカジュアルコーデに。黒でまとめれば、ピリッとした印象に仕上がる。特徴のあるワンピースにはスクエアのシンプルなバッグを合わせて。

▼ワンピでもアスレジャーチックをかなえる

Aラインのワンピースも、ウエストマークで寸胴見え回避。クールなブラックでまとめて媚びないスタイルに。スポーティーなデザインのワンピと肌見せがヘルシーなコーデ。

【色別】夏に合わせやすい『白』スニーカーコーデ

白スニーカーは、どんなコーデにもなじみやすい秀逸アイテム。サンダルでなくても足元に抜け感を出せる白スニーカーは、夏に特におすすめ。重めのコーディネートも、さわやかに仕上げてくれます。

パンツに合わせる

▼夏の定番アイテムもさわやかに

夏の定番、白Tとジーンズ。足元も白を合わせれば、軽快でさわやかな印象に。軽くなりすぎないよう、黒のウエストポーチでコーデを引き締めて。

▼小物でシンプルコーデを盛り上げる

ホワイトとブラウンのプレーンコーデ。さびしい首元はスカーフでアクセントを。バッグは流行りのアジョリーのバッグで遊びゴコロをプラスして。

スカートに合わせる

▼くび見せで色っぽコーデ

開襟シャツの首元からのぞくデコルテと、スカートのスリットからのぞくふくらはぎが色っぽ心地いコーデ。シックな色合いでまとめて、露出をだらしなく見せない上品さを演出。

▼グラフィックTシャツに甘さをON

ハンサムな黒Tシャツに、あえてフェミニンなピンクのフレアスカートを合わせたバランスコーデ。夏コーデでマキシ丈スカートにスニーカーを合わせるときは、白を選んで抜け感を演出して。

ワンピース・セットアップに合わせる

▼ハリ感のあるシャツワンピでクラス感アップ

ハリ感のある落ち着いたカーキのシャツワンピースがオトナなコーデ。大人っぽくも、広がる裾はあどけなさを演出してくれる。ボリュームのある特徴的なワンピースも、トートバッグとスニーカーが外し役に。

▼ウォーミーなワントーンコーデ

ブラウンのニットセットアップ。バッグまでワントーンでまとめてこなれ感を演出。”温感の上がるブラウン”の夏の着こなしは、足元のホワイトで軽さを出して。

【色別】夏こそ個性派『カラー』スニーカーコーデ

コーデになじみやすくやわらかい「グレー」、肌になじみやすく女性らしさを演出してくれる「ベージュ」、子供っぽく見えがちな「赤」のスニーカーコーデをご紹介。

グレーのスニーカー

▼シャツから女らしさをのぞかせて

シャツからのぞくキャミソールとデコルテがセンシュアルな着こなしなら、いつものジーンズ×スニーカー×トートバッグのご近所コーデがアップデート。

▼洗練された大人のモノトーンコーデ

主張の激しくないグレーのスニーカーは、きれいめコーデにも違和感なくなじみやすい。おしゃれに見えつつ、肩の力を抜いたモノトーンコーデ。

ベージュのスニーカー

▼ヌーディーカラーでかなえるおフェロムード

背中が大きくあいたTシャツも、柔らかい色合いの白とベージュでまとめれば、おフェロな印象に。肌になじみやすいベージュは、落ち着いた女性らしさを際立たせてくれる。

赤のスニーカー

▼モノトーンコーデに花を添えて

ロゴティーのラフさにきちんと感をプラスする黒のロングタイトスカート。赤のスニーカーとリップがモノトーンコーデの差し色になってコーデを格上げ。足元から明るい華やかさを演出するスポーティーコーデ。

▼キャミワンピ×赤スニーカー

落ち着いた色合いのキャミワンピースコーデ。ダークトーンの赤いスニーカーを選べば目立ちすぎず、コーデの程よいアクセントに。ゴールドの大ぶりアクセサリーと巾着バッグでカジュアルコーデにもこなれ感が出る。

低身長さん必見!スニーカーを使った夏の【スタイルアップコーデ】

低身長さんにとって、ヒールがなくぺたんこなスニーカーは、スタイルよく着こなすのが難しいアイテム。夏は、アウターを着ないからこそハイウエストを強調できたり、派手な大ぶりのアクセサリーがつけられたり、スタイルアップコーデにピッタリな季節!

ポイントは4つ

①ハイウエストのアイテムを合わせる
②トップスをインする
③アクセサリーやハットで視線を上にあげる
④縦のラインを強調する

ミニマルなファッションで背伸びしない

無地のロングワンピースにスニーカー、シンプルなバッグで頑張りすぎないカジュアルコーデ。ぺたんこシューズも、ハイウエストでマークされているアイテムと合わせれば、脚長効果でスタイルアップが狙える。夏はヘアスタイルをアップにして涼しげに! ルーズなお団子ヘアならこなれ感が出る。

肌見せと小物づかいでレディなコーデへ昇華

夏だからパンツはホワイトを選んで抜け感を意識。ノースリーブで肌見せすれば、スニーカー×パンツのスタイルも女らしく仕上がる。ハイウエストのパンツで脚長効果を狙いつつ、大ぶりのゴールドのイヤリングで目線を上に誘導すれば、スタイルアップコーデの完成。

ロングワンピースでスタイルアップをかなえる

Tシャツ×ジーンズ×スニーカーの定番コーデに、ロングワンピースをON。夏らしい軽やかな素材のロングワンピースを羽織れば、さわやかカジュアルレディに。ロング丈のワンピースやガウンは、脚の気になる部分を隠してくれるだけじゃなく、縦のラインを強調してくれて脚長効果アリ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW