【PR】
FASHION

【NIKEコルテッツ45周年】いま話題の彼女たちはコルテッツをこう履く!

2017/05/02
AD 株式会社ナイキジャパン

アイコニックなロゴが大胆にあしらわれ、ソールのギザギザとしたカッティングが特徴的なNIKE(ナイキ)のシューズ「コルテッツ」が、今年で45周年を迎えます。
定番でありながらいつまでも新鮮に感じられる「コルテッツ」の魅力は、スポーティなスタイルはもちろんのこと、様々なテイストのファッションに取り入れやすいこと。トレンドに敏感ないま話題の女性たちが、それぞれのスタイルで「コルテッツ」を履きこなします。

横田ひかる×コルテッツ=差し色カジュアル

同系色でまとめたラフなコーディネートに、アクセントとなるパープルのベルトとコルテッツのトリコロールカラーが映える “差し色カジュアル”。
トップス・ボトムと質感の異なる素材を取り入れて、ワンランク上のカジュアルが完成します!

横田ひかる×コルテッツ=NIKEスポーツMIX

「スニーカーは、ボーイズ要素のあるコーディネートのときに履きたくなる」という横田さん。コルテッツを際立たせたシンプルなスポーツMIXでは、メンズのトップスとコルテッツのカラーを黒で合わせて、オーバーサイズなアイテムもシンプルなカラーコーディネートですっきりと着こなします。

山田千尋×コルテッツ=Urbanリラックス

抜き襟シャツにラクチンなワイドパンツで、トレンドの抜け感を意識。どこまでもリラックスしたスタイルは都会的な面持ちです。みんなでワイワイというよりも、自由気ままに一人でブラブラ。そんなシチュエーションが似合います。

山田千尋×コルテッツ=NIKEスポーツMIX

女性らしいスタイルが得意な山田さんらしい、スカートを合わせた上級スポーツMIX。スカートにカゴバッグというフェミニンなアイテムに、トップスのスウェットとコルテッツでスポーティさをプラスします。肩肘張らないコーディネートは、ピクニックや海辺のデートにおすすめ。

Julia Castro×コルテッツ=街歩きデニム

スニーカーはデニムとの相性が抜群! コルテッツとデニムのショートサロペットを合わせてアクティブなスタイルに。Juliaさん曰く「ポイントはトップスとコルテッツの赤を合わせた一体感」だとか。これからの暖かいシーズンに真似したい、元気な街歩きスタイルです。

Julia Castro×コルテッツ=NIKEスポーツMIX

もともとランニングシューズとして生まれたコルテッツの、軽やかな側面を生かしたスタイル。風通しのよいナイロンパーカーにショートパンツを合わせて、思わず走り出したくなるコーディネートです。
そういえば、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』の主人公フォレストが、アメリカ大陸を “走って” 横断したときに履いていたのもコルテッツですね!

福地夏未×コルテッツ=カントリー風フェススタイル

「これからフェスの季節なので、カントリー風フェススタイルにしました」と福地さん。
服のアースカラーと相性のいいネイビーのコルテッツは、足に優しく疲れにくいのが嬉しい。コルテッツを履けば長丁場なフェスもOKです!

藤田ななみ×コルテッツ=鮮やかなブルーコーデ

真っ青なシャツワンピに引き締めカラーのネイビーのコルテッツを合わせて、ブルーの2トーンカラーを楽しんだコーディネート。
日差しが降り注ぐアスファルトの照り返しが、コーディネートをより鮮やかに浮き上がらせてくれる、青空が似合うスタイルです。

45周年を迎えるNIKE「コルテッツ」

コルテッツは、1972年に革新的なクッショニング技術を取り入れて、世界最速のランナーの足元をサポートしたことで注目を集め、今日に至るまで世界中で愛されているスニーカーです。
上質なレザーでありながら軽やか。激しい動きにも対応する耐久性。その魅力はランニングシューズの枠を超えて、タウンユースやファッションの主役として親しまれています。

さらに45年後の女性たちはどんな風にコルテッツを履きこなすのか……気になりますね。

NIKE 公式サイト

––––––––––––––
Videographer:Isami
Photographer:T.Maenaka
Text:Mariko Ankai
––––––––––––––

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW