BEAUTY

知っておくと全然違う! 覚えておきたい、基本の眉の描き方

2017/02/25

メイクの悩みで必ず上位にランクインされるのが“眉毛”。何年描いていても上手くできない……という悩みが多く聞かれます。
そこで今回はSNSでも分かりやすい!と評判の美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに、基本の眉の作り方を教えてもらいました。
眉ひとつで顔の印象も大違い!

失敗なしでイメージ通りの眉になれるから、これでもう眉の悩みとおさらばできます!

理想の顔になりたいなら、眉の作り方をきちんとマスター!

【Make-up process】

1.眉山〜眉尻の輪郭をアイブロウペンシルで描く

眉尻に向かって少しずつ細くします。眉尻から描くことで“描きました感”が防げます。

2.眉山〜眉尻の輪郭の間の毛をパウダーで埋める

埋めるのはペンシルよりパウダーを使った方が自然に。

3.眉中にパウダーをのせる

眉山までふんわりつなげるイメージで。

4.ブラシに残ったパウダーを眉頭になじませる

改めてパウダーを取らず、残ったくらいの粉感がちょうどいい濃さに。

5.スクリューブラシで自然にぼかす

描いた眉頭はスクリューブラシで鼻側にぼかす

【FINISH!】

  • デザイニングアイブロウN
    デザイニングアイブロウN¥1,200/ケイト(カネボウ化粧品) 詳細を見る
  • AQ MW ペンシル アイブロウ BR302
    AQ MW ペンシル アイブロウ BR302¥3,500/コスメデコルテ(コーセー) 詳細を見る

Maiko Tamamura〜PROFILE〜

美眉アドバイザー
玉村麻衣子さん
「眉は表情を生み出し、印象を変える大切なパーツ」という理念のもと、人の筋肉や骨格に基づいたアイブロウデザインの提案・施術、ファッションやシーンに合ったアイブロウメイク、なりたい理想のイメージに近づくためのアイブロウメイクのポイントを、セミナーやワークショップや執筆活動を通じて紹介。
◆著書『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)

玉村麻衣子さんのインスタグラムはこちら

『好印象なアーチ眉の描き方』はこちら

(shop information)
カネボウ化粧品 TEL0120-518-520
コスメデコルテ TEL0120-763-325

ーーーーーーーーーーーーー
model:Maiko Tamamura
videographer:Isami
text:Ayu Tachibana
editor:Sono Hirose
ーーーーーーーーーーーーー

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW