BEAUTY

「FIVEISM × THREE」が男女のモデルを起用してショーを開催

2019/04/12

ひとりひとりの個性を尊重し、新しい時代の自己表現を提案するコスメティックブランド「FIVEISM × THREE」。性別、偏見、ルール、差別、壁、国境、年齢など、すべてを超越したところにある人間の美しさを、メイクとファッションで表現したショーが先日青山スパイラルホールで開催された。

ランウェイの左右に作られたバックステージにスポットがあたり、臨場感のある演出でスタートしたショー。テーマは、「Individuality(個性)」。男性だけでなく女性も起用し、性別や年齢などの既成概念にとらわれない人間の美しさを表現した。

今回ショーのメイクを担当したのは、グローバルクリエイティブディレクターのRie OmotoとオフィシャルメイクアップアーティストのHIROKI。
メンズモデルの目尻に引かれた大胆なアイライナーや、目を囲うブルーのアイシャドウなど、色を使ったプレイフルなメイクをしているモデルもいれば、ベースを生かしてナチュラルにメイクされたモデルも。彩り、補整し、個々の美しさを開花させる……そんなメイクの楽しさや可能性を改めて感じる提案だ。
さらに、Babymixが手がけたスタイリングは、メンズとウィメンズがダイナミックに融合され、男女の境界を感じさせない「リミットレス」な可能性をさらに拡大。

ランウェイの後半には、今回「FIVEISM × THREE」のビジュアルに起用されているラッパーのBabyface Jamesが登場し、自身の曲を披露。

会場には、新商品を体験できるタッチアップスペースも設置。肌のムラやくすみを目立ちにくくするファンデーション、自然な陰影を作るコントゥア、保湿効果のあるベースなどが豊富にラインナップ。これらのベースメイクはスティック状で、髭を剃る感覚に似て、気軽に使える設計となっている。

また、アイシャドウやネイルなどカラーアイテムには女性からの注目も。カジュアルにもシックにも合わせられる、深みのあるスモーキーなカラーがラインナップ。
男女問わず使いたくなるスタイリッシュな「FIVEISM × THREE」のコスメに今後も注目したい。

購入はこちらから

Videographer/Videoeditor:t.maenaka Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW