LIFE STYLE

おじさんのダジャレ攻撃、どう対処する?【#おじ説】

2019/07/11

働く女性たちの日常生活の中で、切っても切り離せないキーパーソン、それは“おじさん”。
ダジャレに、自虐に、ちょっと面倒だなと思ってしまう瞬間もあるけれど、ちょっとしたコツを覚えればおじさんと上手に付き合うことができるんです。
おじさんを制するものは仕事も制する!? 元銀座No.1ホステスの鈴木セリーナさん監修のもと、おじさんの行動別に、正しい対処法をお教えします。

今回の主役は“おやじギャグおじさん”

真剣な会議の最中でも、会話を強引にダジャレにしてしまう……それが“おやじギャグおじさん”。こんなおじさん、あなたの周りにもいませんか?

<特徴>
☑️多少強引でも会話をダジャレに繋げる
☑️ダジャレを言った後は必ず反応をうかがってくる
☑️真剣な場面でも構わずダジャレを連発

おやじギャグを言われたら、ただ愛想笑いをしていた、そこのあなた! ちょっと面倒臭いと思うかもしれないけれど、 おじさんは場を和ませようと思っているだけなんです。愛想笑いだけじゃないプラスαのテクニックで、おじさんとの距離は程よく縮めてみてください♡ 詳しくは動画でチェックを。

田中さん:ネクタイ ¥9,500/ロバートフレイザー(アイネックス)、ベルト¥8,800/ユニバーサルランゲージ(ザ・スーツカンパニー 銀座本店)、その他/スタイリスト私物
鈴木さん:ブラウス ¥7,800、パンツ ¥13,000/ザ・スーツカンパニー(ザ・スーツカンパニー 銀座本店)、ベルト ¥2,800/リトルシック(ザ・スーツカンパニー 銀座本店)、その他/スタイリスト私物

<問い合わせ先>
ザ・スーツカンパニー 銀座本店/tel.03-3562-7637
アイネックス/tel.03-5728-1190

Profile 鈴木セリーナ

大分県出身。20歳の頃、銀座のクラブのママを夢見て上京。銀座の高級クラブに勤めながら、物怖じしない性格とトーク力でたちまち人気ホステスになり、銀座老舗クラブ「江川」では売上ナンバーワンに。銀座ホステスを辞めた後は、文房具を扱う企画会社とタレントのマネジメント会社を起業。著書『おじさん取扱説明書』(鉄人社刊)は、ホステス時代から現在に至るまで、各界のトップクラスの“おじさん”たちと交流してきた実体験をもとに書かれた実用書。

@serenasuzuki0120

Actor:Kurumi Shimizu,Masakazu Sato Director : Daichi Tomida Videographer : Ryosuke Kawaguchi Video Editor : Yuta Takahashi Stylist : Ayaka Kitano Hair & Make-up:Kaho Sakai Editor:Airi Hata、Maiko Mizusawa(MINE)

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW