FASHION

【初開催】MINE編集部が台北ファッションウィークに潜入!

2019/04/12

東京、韓国をはじめ世界からも日々注目され続けているアジアファッション。その中でも今、台湾のファッションシーンの勢いに世界のファッショニスタたちが大注目!
そこで今回、初開催された「台北ファッションウィーク 2019 Spring&Summer」にMINE編集部が潜入。インフルエンサーやエディターなど、世界からファッショニスタ達が集結した熱い4日間を独占レポート!

注目の台湾ブランドをピックアップ

都会的な女性らしさが光る「UUIN」

男性2人、女性1人のデザイナー3人が手がける2015年に設立された台湾ブランド「UUIN(ユーユーアイエヌ)」。今シーズンはアイスブルー・イエロー・ベージュをキーカラーに、トランスペアレントな素材使いや、レイヤードテクに“今っぽさ”が随所に光る、都会的な女性らしさが魅力のコレクション。
(▶︎動画00:34〜をCHECK)

絶妙なストリートエッセンスが魅力の「Seivson」

台湾出身のデザイナーと韓国出身で台湾で芸能活動を中心に活躍する2名からなる「Seivson(セイヴソン)」。昨今、日本のセレクトショップでも取り扱われるなど、注目度の高いアップカミングなブランド。ストリートエッセンスをカジュアルになりすぎず、あくまでも大人が着られるバランス感で取り入れているのが台湾ブランドならでは。
(▶︎動画00:30〜をCHECK)

モノトーンの世界観がモードな「GIOIA PAN」

台湾で「ニットの女王」と呼ばれるPan Yilingが手がける「GIOIA PAN(ジオイア パン)」。ニット使いやオリジナルのテキスタイルによるシックでエレガントな世界観で会場を魅了。
(▶︎動画00:22〜をCHECK)

日本からもファッショニスタ達が集結!

『VOGUE』や『L'OFFICIEL』など世界で活躍する台湾人スタイリストMelina Chenによるグラムなパンツルックで、会場でもフォトコールの耐えなかったAMIAYAの2人。

ファッションウィーク期間中のパーティーでDJも務めた、UNA&MATCHA。ネオンカラーを差し色にしたリンクコーデがクール!

日本とも韓国ともまた違う、独自のカルチャーが光る台湾ファッション。アップカミングなブランドが続々と登場し、目が離せない台湾のファッションシーンに注目です!

Videographer:T.maenaka  Coordinator:Miko Hsu  Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE