FASHION

パリジェンヌ流“抜け感”で差をつける!冬デニムスタイルのヒント

2019/04/12

26歳にして大人の魅力が溢れる女優、ガイア・ワイスの私服にクローズアップ!パリ、ロンドン、ポーランド……さまざまな国の文化から影響を受けたファッションスタイルには、パリジェンヌらしいオリジナリティと“抜け感”を作るヒントが目白押し!

WHO IS ガイア・ワイス?

NetflixやAmazonプライムなどで観ることができる海外ドラマ、『バイキング』に出演し一躍話題の女優。弱冠26歳にして、醸し出す大人の雰囲気が多くの人々を魅了している。

得意スタイルは、脱カジュアルなデニム

パリジェンヌの定番といっても過言ではないデニム。ガイアが選んだのは、「イザベル マラン」の薄色デニム。春を先取りするかのように、「オールセインツ」のパームツリー柄のシャツにヘリンボーンのジャケットを羽織って。ヴィンテージ感のあるアイテム選びでカジュアルなデニムスタイルも上品な雰囲気に。

こだわりは想いのこもったアクセサリー

ガイアのこだわりは、アクセサリー。ひとつひとつに思い入れがあるものをお守りがわりに身につけているそう。なかでもお気に入りは、恋人のお母さんがプレゼントしてくれたというペンダントと「モーブッサン」のリング。
そしてバッグ「ブルガリ」と、ディテールに特別なアイテムを散りばめてコーディネートを格上げ。

他の記事もCheck!

▼ガイアの美の秘訣

Profile:ガイア・ワイス

フランス人の父親とポーランド人の母親をもち、ロンドンとパリで育った女優、ガイア・ワイス。有名テレビドラマや映画への出演オファーが絶えない、今引っ張りだこの人物。

Producer:Naoya Watanabe Local Producer:Jonas Pariente Casting/Coordinator:Sara Waka Onset Coordinator/Translator:Yoka Miyano Videographer:Leo Offline edit:Chai Chai Films Online editor:Isamu Maeda Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE