FASHION

ニューヨーカーはどう着こなす?3つのシーン別ファッション大調査!

2018/12/10

世界一刺激的な街、NYに住むアーティスト、ジョー・ロゼンタールのファッションルールをチェック! どこにいても“私らしさ”を光らせる彼女の、シーン別スタイル・ルールをウォッチング。

WHO IS ジョー・ロゼンタール?

View this post on Instagram

Meatball.

Jo 🥝 Rosenthalさん(@justjorosenthal)がシェアした投稿 -

1994年生まれ。天真爛漫な彼女は、アート活動や執筆活動などさまざまな分野で持ち前のセンスを発揮しているアーティスト。カジュアルでアクティブ、そしてどこかクラシカルな要素を欠かさない、個性的なファッションにも注目が集まっている。

カジュアル&カラフルがマイルール!

カジュアルであることをベースにしているデイリースタイルには、パンツが欠かせないというジョー。この日は、ハイウエストボトムにクラシカルなトップスでお腹をチラ見せ。足元にはギークなホワイトソックスと、テイストミックスで仕上げて。
▶︎動画00:07〜をチェック

デートにはLOVEをいっぱい詰め込んで♡

チェリー柄のキュートなドレスや真紅のジャケット、そしてブーツと全身赤でモードにまとめたジョー。エッジを効かせたなかにも小物でこっそりシックなパールをプラスして、大人の上品をさを醸すのがNY流!?
▶︎動画00:19〜をチェック

お仕事はビッグジャケットがアクセント

最後に見せてくれたのは、きちんと感を漂わせたい、お仕事スタイル。ブラックインナーと切りっぱなしのカジュアルデニムをアクセントに、ダブルブレステッドのジャケットでマニッシュに仕上げ。「メゾンマルジェラ」の“タビ”ブーツを合わせたところにジョーらしさが漂う。
▶︎動画00:28〜をチェック

他の記事もCheck!

▼ジョーのお部屋を覗き見!

Profile:ジョー・ロゼンタール

1994年、フロリダ出身のアーティスト。毎年開催されるNYアートブックフェアでは自身の書籍を発売し、またライターとしてだけでなくイラストレーターとしても活動するなどマルチな才能を発揮。

Creative Director:Yasuaki Fujinami Casting:Seiko Watanabe Director:Kenji Yamagata / Isamu Maeda Producer: Naoya Watanabe Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES