FASHION

【気温8〜9℃】晴れ・曇り・雨で変わる着こなしLESSON

2019/04/12

冬コートとブーツが必須!真冬の寒さとなる気温8℃〜9℃。天気次第でさらに体感温度が変わるから、その日の天候に合わせて防寒ポイントを押さえておきたい!世界のファッショニスタ先生から、着こなしのコツを教えてもらいました。

晴れの日のコツ

太陽の光が降り注ぐ日には、防寒はしっかりしつつ、明るいカラー選びやスリットから覗くタイツなど、足元をメインに抜け感をプラス。軽やかさを演出したい。

POINT
☑︎ショートブーツにはタイツで足元に抜け感を!
☑︎スカートにはロングブーツを重ねて隙間なしに

曇りの日のコツ

冷風や足元からの底冷えがこたえる、曇りの日。厚手のコートを着ていても、風を通しづらい生地のトップスや首回りを暖めてくれるハイネック、また、足首まで覆うアウターが大活躍!

POINT
☑︎マキシ丈コートで底冷え対策
☑︎トップスは厚手ニットや風を通さないスウェットが適任

雨の日のコツ

一枚でもあったかなファーコートやダウンアウターを登場させて間違いなし。インナーにもニットを着込んで完全防寒を。足元対策はブーツやスニーカーでしっかりと。

POINT
☑︎ファーだって厚手ニットとレイヤード
☑︎ダウンコート&スニーカーコンビで完全雨対策!

Photo:Getty Images、Aflo Videoeditor:Yuta Takahashi

他の記事もチェック!

▼首回りの防寒対策はこちら

▼気温10℃・11℃・12℃は何着る?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW