FASHION

【気温10℃・11℃・12℃】何着る?気温差コーディネートLESSON

2018/12/05

冬が始まった今、アウターとインナーのボリュームやボトム選びを間違えて、体が冷えてしまったり、逆に暑すぎたり。はたまた、昼夜の気温差に困ったりしていませんか?
そんな失敗を繰り返さないために、気温12℃〜10℃までの適温コーディネートをしっかりLESSON! 世界のファッショニスタ先生から、着こなしのコツを教えてもらいました。

気温12℃の日の着こなしPOINT

☑︎ライダース、ブルゾン…着脱しやすいコンパクトアウターが室内外の気温差に対応
☑︎トップスは、首元を覆ってくれるタートルが便利
☑︎あったかインナーがあれば厚着いらず!

気温11℃の日の着こなしPOINT

☑︎足元から冷えてくる気温
☑︎ボトムまでカバーしてくれるロング丈コートで防寒対策すべし
☑︎薄め素材のアウターは、スウェットやニットトップスとの重ね着で体温調整すると◎

気温10℃の日の着こなしPOINT

☑︎気温10℃は厚手の冬コートが必須になるボーダーライン!
☑︎足元はブーツでしっかり防寒
☑︎襟付きのボアやファーのショートコートなら、首回りまであったか♡
☑︎コート厚手になる分、インナーはスウェットや薄手のニットにすると気温差にも対応可能

Photo:Getty Images、Aflo Videoeditor:Yuta Takahashi

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW