©2018『母さんがどんなに僕を嫌いでも』製作委員会
FILM

家族の絆を描いた新作映画3選

2018/11/16

11月後半に公開される新作映画の中から、今回は「家族」や「親」をテーマにした作品をピックアップ。改めて家族の大切さや、存在の大きさを感じられるはず。

【11月16日公開】『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

©2018『母さんがどんなに僕を嫌いでも』製作委員会

11 月 16 日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開!

タイジは幼い頃から母・光子のことが大好きだった。しかし家の中にいる光子は、いつも情緒不安定で、タイジに容赦なく手を上げた。母の愛情を知らないまま大人になったタイジは、ある日光子から酷い言葉と暴力を受けたことをきっかけに、1人で生きていく決意をする。しかし、友人たちの言葉から自分が今も母を好きでいる事に気づき、再び母と向き合う決意をするのだった。久しぶりの再会だが、タイガを冷たくあしらう光子。自分から変わることを決めたタイジは、食事をつくりに家へ通うなど、母からの愛を取り戻すために向き合い続けていくのだった。

監督:御法川修
出演:太賀 吉田羊 ほか
配給・宣伝:REGENTS

【11月17日公開】『いろとりどりの親子』

(C)2017 FAR FROM THE TREE, LLC

11月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

身体障がい、発達障がい、LGBTなどさまざまな“違い”を抱える子どもを持つ300以上の親子に取材をし、900ページにわたって、家族の本質を探ることに尽力したベストセラーノンフィンクションを原作にしたドキュメンタリー。映されるのは、6つの親子。身体障がい、発達障がい、LGBTなど、直面する困難とその経験から得られる喜びについてのプロセスが描かれている。深刻でときに悲惨な家族の物語にひとすじの希望を抱くことができるのは、本作がさまざまな形の“親密な愛情”を表しているからなのだ。

監督:レイチェル・ドレッツィン
配給:ロングライド

【11月17日公開】『おかえり、ブルゴーニュへ』

(C) 2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEAほか全国順次公開

フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台にした人間模様を描いたドラマ。ワイン生産者ドメーヌ家の長男ジャンは、世界を旅するために故郷を飛び出した。家族とは音信不通だったが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってくる。稼業を受け継ぐ妹のジュリエットと、婿養子となった弟のジェレミーとの久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまうのだった。残された葡萄畑や自宅の相続をめぐってさまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めての葡萄の収穫時期を迎える。3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあうが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていた……。

監督:セドリック・クラピッシュ
出演:ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW