(c)2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
FILM

心の奥が温かくなる!新作映画3選

2018/10/15

10月後半に公開される新作映画を3本ご紹介。今回は、季節の移り変わりにぴったりな心の奥が暖かくなるような映画をセレクト。希望のストーリーが、あなたの背中を押してくれるかも。

【10月20日公開】マイ・プレシャス・リスト

(c)2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

ハーバード大学を飛び級で卒業し、IQ185をもつキャリーは、超天才だけれどコミュニケーション能力が著しく低い屈折女子。日々の話し相手はもっぱらセラピストのペトロフだけで、友達も仕事も持たず、毎日読書をして過ごしていた。ある日、ペトロフから6つの課題をクリアするように告げられたキャリー。なんのために?と思いながらも、ペットである金魚を飼いはじめ、新聞の出会い広告で知り合った男性とデートに出かけ、1つずつ課題を実行していく。そんななかで、人と打ち解けあったり、傷ついたり、心の成長を遂げていく自分に気づいてくキャリー。課題を全てクリアした先で彼女が出会ったものとは。

本作でプロデューサーを担当したのは、映画『マイ・インターン』の、スザンヌ・ファーウェル。女性の心を揺さぶる感動作が、彼によってまたひとつ誕生した。そして『ミニー・ゲッツの秘密』で世界的に高い評価を受けたイギリスの新星ベル・パウリーが主人公キャリーを演じ、その愛らしい魅力を最大に発揮。
人生迷いっぱなしのキャリーがリストにチャレンジしていく姿は、観る人に”一歩踏み出す勇気”をくれるはず。

監督:スーザン・ジョンソン
出演:ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン
配給:松竹

【10月19日公開】ハナレイ・ベイ

©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

10月19日(金) 全国ロードショー

サチは毎年カウアイ島のハナレイ・ベイに訪れる。それは、一人息子のタカシが、大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだ場所である。毎年、同じ場所に座り、木の下で読書をして過ごすが、海には決して近づかない。この行為が10年続いたある日、サチはハナレイ・ベイで若い日本人サーファーと出会い、「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」という話を耳にする。もう一度、息子に会うためにサチは決意した。

原作は、数々の話題作を発表し続ける作家、村上春樹の『東京奇譚集』の一篇である「ハナレイ・ベイ」。史上屈指の名作と呼ばれており、主演に実力派女優である吉田羊を迎えて、待望の実写映画化となった。これまでに見たことのない吉田羊と評される、彼女の圧倒的な存在感に目が離せない。

監督:松永大司
原作:村上春樹
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類
配給:HIGH BROW CINEMA

【10月27日公開】ライ麦畑で出会ったら

©2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED

10月27日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。周りと馴染めず冴えない高校生活を送っているジェイミーは、「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。そのためには作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要であることを知る。しかし、サリンジャーは隠遁生活をする作家。連絡を取る事は容易なことではなく、いつまでたっても居所はつかめないまま。そんなある日、学校である事件が発生したことをきっかけに、ジェイミーは、演劇サークルで出会った少女のディーディーとともに、サリンジャー探しの旅に出る。

ジェイミー役には、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のアレックス・ウルフが抜擢され、不器用ながらもまっすぐな主人公を見事演じきった。また、伝説の作家サリンジャー役を、名優クリス・クーパーが演じた。刊行から60年以上の時が経過したいまなお、愛され続けているJ.D.サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」。この名作に心奪われた青年の成長に、心の奥が暖かくなるものを感じるはず。

監督ジェームズ・サドウィズ
出演:アレックス・ウルフ、ステファニア・オーウェン、クリス・クーパー
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW