LIFE STYLE

コンパクトなお部屋を可愛くする方法をパリジェンヌが直伝!

2018/10/06

「無造作だけど気が利いていてお洒落」、そんな憧れスタイルをファッションだけでなくインテリアでも体現しているパリジェンヌ。彼女たちのお部屋には、私たちが真似したくなるヒントが詰まっているはず! ということで、マレ地区に住むフランキー・ヴァラックの自宅に潜入。コンパクトなお部屋やクローゼットをお洒落に活かす方法とは?

WHO IS フランキー・ヴァラック?

View this post on Instagram

90 🌴 @ricamo_paris @docbooboolino

Frankieさん(@frankiedoubleyu)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

パリで生まれ育った生粋のパリジェンヌ。女優として活躍する傍、映画監督を目指し日々勉強中。フランス映画を中心に女優としてもメキメキと頭角を現している今注目の存在。パリジェンヌの代名詞である、リップをメインにしたナチュラルメイクと、無造作なヘアスタイルが素敵!

お気に入りのインテリアは?

祖母から譲り受けたというソファー。ブラウンのベロア素材が重厚感を漂わせ、彼女のお部屋を象徴するアイテムに。オリエンタルな柄のクッションをアクセントに加えて、時代を交差させるのがお気に入りの様子。
▶︎動画00:11〜をチェック!

クローゼットのお気に入りは?

お気に入りは、「アンリエット」のシャツ。フランスの詩人、ポール・ヴァレリーの言葉「欲するものなくして入ることなかれ」という意味の刺繍を友達が入れてくれたんだとか。人生のメッセージをさりげなくアクセントにする技は真似したい!
▶︎動画00:22〜をチェック!

コンパクトなお部屋だからこそ、お気に入りだけを集めて生活したいもの。フランキーのように、好きなファッションのスタイルを軸にインテリアを選んでみるのはいかが?

他の記事もチェック!

▶︎ミュージシャンのお部屋に潜入!

▶︎ITガールのライフスタイルを覗き見!

PROFILE:フランキー・ヴァラック(Frankie Wallach)

パリで生まれ育ったパリジェンヌ。女優活動をしながら、映画監督を目指し勉強をしている。これまでに、『Lagardère』 (2003)、『Alive』 (2004) 『and Troppo Bella!』(2006)などのフランス映画に出演。(@frankiedoubleyu)

Producer:Naoya Watanabe Local Producer:Jonas Pariente Casting/Coordinator:WakaPedia@Sara Waka&Yoka Miyano Videographer:Leo Offline edit:Chai Chai Films Online editor:Isamu Maeda Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW