BEAUTY

寝る前5分で疲れをリセット! 村木式“ゆらゆら”マッサージ

2018/09/28

一日の緊張や疲れをリセットする、村木式マッサージ。寝る前に行うことで、肋骨や鎖骨のリンパの流れをスムーズにし、深い呼吸に。呼吸が深くなると、心が落ち着き、質のいい睡眠が得られるなどのリラックス効果があるんです♡

STEP1:丸めたバスタオルを用意する

厚手のバスタオルを2、3枚重ねてきつく丸めておく。

STEP2:両膝を「く」の字に折って寝転ぶ

横向きに寝て、両膝を揃えて「く」の字のように折り曲げる。上側になった腕はタオルに乗せておく。

STEP3:大胸筋に親指をひっかける

横になったまま、右手の親指で胸の上を押すように引っ掛ける。押す場所は、鎖骨の下にある大胸筋を三等分して、一番内側に位置するくぼみ。

STEP4:身体全体を左右にゆらゆら動かす

指を引っ掛けた状態のまま、身体全体を左右にゆらゆら動かす。その動きによって鎖骨をほぐしていく。
10回ゆらゆら動かしたら、指の位置を外側に動かし、同じように、計3ヶ所をマッサージ。反対側のひじは伸ばしたままで、肩から、ゆらゆら動くように注意して。終わったら身体の向きを変え。反対側も同様に。

STEP5:鎖骨のくぼみの奥に親指をひっかける

横になったまま、右手の親指を左の鎖骨を三等分した一番内側のくぼみに引っ掛ける。

STEP6:再び身体全体を左右にゆらゆら動かす

STEP4と同様にその状態のまま、身体全体を左右にゆらゆら動かし、その動きによって鎖骨をほぐしていく。10回ゆらゆら動かしたら、指の位置を外側に動かし同じように、計3ヶ所をマッサージ。
反対側のひじはSTEP4と同様に、伸ばした状態で肩から、ゆらゆら動くように注意して。終わったら身体の向きを変え。反対側の鎖骨も同様に。

STEP7:肋骨の間を下から中央にさする

仰向けに寝たら、両手の手の平の下の部分で肋骨の脇の部分を挟み、下から上に10回ほぐすようにマッサージ。

STEP8:親指以外で肋骨の下を押さえる

親指を肋骨の下の方の骨に引っ掛けて、肋骨が動かないように押さえておく。

STEP9:肋骨の横の広がりを意識しながら深呼吸

その状態で、鼻から大きく息を吸い、口から大きく吐く。
このとき、吸うときは肋骨が横に広がるように意識して、この深呼吸を5回。これで呼吸が深くなり、リラックス効果が高まる。

教えてくれたのは、アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さん

小顔、リフトアップ、身体のむくみや歪みなどを根本からケアする「村木メソッド」の施術で、国内外のセレブリティからも「美の駆け込み寺」として頼られるスゴ腕エステティシャン。整体を取り入れた独自のマッサージは、各メディアで「エステ以上美容整形未満」と称されるほど即効性が高い。また、そのオリジナルの技術により、雑誌やテレビ等でも活躍中。著書には『顔筋整骨パーフェクトビューティ』(主婦と生活社)などがある。

村木さんのサロン Amazing♡ beauty

公式HP

他の記事もCheck!

▼徹底的に美脚を目指すなら!

▼今すぐ実践できる小顔マッサージ

▼オフィスでこっそり気分転換

SHOP LIST

アルファ PR/tel.03-5413-3546

Adviser:Hiroi Muraki Videographer:Yohei Mihotani Video editor:Yuta Takahashi Stylist:Michie Suzuki Hair & Make-up: Yoko Hirakawa(mod's hair)  Model:Akemi Rodry Writer:Moyuru Sakai Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW