LIFE STYLE

EAST東京がいま熱い!1日で巡る、蔵前エリアのおしゃれナビ

2018/09/12

下町のイメージが強い、蔵前・人形町・日本橋のイースト東京エリア。
今、”東京のブルックリン”と言われているのをご存知⁈ カフェが併設されたホステルからセレクトショップ、本格バリスタによるカフェまで。続々とスタイリッシュなスポットが増え続け、様々なカルチャーがクロスオーバーする、おしゃれエリアに日々進化中なのです。  
今回は蔵前エリアのMINE的・1日プランを、プライベートでも足繁く通っているというモデルのKayaさんと、注目のファッショニスタYkoさんの仲良しコンビがナビゲート! 

9:00 気分はニューヨーカー♪ 「Nui.」でモーニング

ウッドを基調にしたモダンな店内。カウンターもあるのでサクッとコーヒーブレイクにも♪

「朝から外国人の旅行客で賑わっていて、ブルックリンにいる気分!」とKayaが話す通り、日本にいることを忘れてしまうかのような空気が漂うホステル&バーラウンジ「ヌイ(Nui.)」。
“あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を”というコンセプトの通り、世界中から人々が集まる蔵前エリアのハブ的スポット。1階は宿泊客でなくても入りやすいカフェ&バーラウンジ。朝は午前8時からモーニングが食べられるので、宿泊しなくても気軽に通える。

下町にいることを忘れてしまうくらいの異国ムードで、フレッシュなモーニングを堪能!

オムレツプレート¥520、季節野菜のシーザーサラダ ¥750、アイスカフェラテ¥450

【SHOP INFO】
店名:Nui.

住所:東京都台東区蔵前2-14-13
電話番号:03-6240-9854
営業時間:CAFE TIME 8:00〜18:00、BAR TIME 18:00〜25:00
定休日:無休

11:00 セレクトショップ「SUNNY CLOUDY RAINY」でショッピング

昭和レトロなビルとキュートな看板が目印!

「GASA*」「mudoca」「mature ha.」「yumiko iihoshi porcelain」などアパレルから小物、食器まで、丁寧なものづくりが魅力のブランドを展開するセレクトショップ「サニークラウディーレイニー(SUNNY CLOUDY RAINY)」。
コンセプトは、“太陽が眩しい晴れの日も、ぼんやり霞んだ曇りの日も、突然の雨だって、どんなときも自分らしく”。蔵前らしい昭和レトロなビルの2階に、ノスタルジックな空間が広がります。

光が差し込む明るくゆったりとした店内。ナチュラルでノスタルジックな、ブランドのラインナップが魅力。

「隠れ家のような雰囲気。窓から光が入る広々とした店内で、外の喧騒を忘れてゆっくりショッピングできます」(Ykoさん)
自分のショッピングにはもちろん、ちょっとしたギフト探しにもおすすめのショップ!

▶︎動画0:30〜をチェック!

【SHOP INFO】
店名:SUNNY CLOUDY RAINY
住所:東京都台東区蔵前4-20-8
電話番号:03-6240-9779
営業時間:12:00〜18:00
定休日:不定休

12:00 「カキモリ」で自分だけのノートをオーダー

自分で選んだパーツが目の前でノートになっていく工程に思わずワクワク!

「大人のノートを作りたい!」というYkoの希望で向かったのが、こだわりのノートやペンが揃う文房具専門店「カキモリ」。

ウッディでスタイリッシュな店内には、ノート以外に万年筆なども豊富に揃うのでギフトにもおすすめ。

そんな「カキモリ」で是非トライしてほしいのは、表紙や中紙、留め具、リングなど数あるパーツの中から自分だけの組み合わせをを選んで、世界にひとつだけのノートをオーダーできるシステム!(¥800〜)
その場でオーダーしてその日に持って帰ることができるから、旅の思い出としてもぴったり。

▶︎動画0:48〜をチェック!

【SHOP INFO】
店名:カキモリ
住所:東京都台東区三筋1-6-2
電話番号:050-1744-8546
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合はオープン)

13:30 ブルックリンとイースト東京のクロスオーバー「北出食堂」でランチ

天井の高い開放感のある店内で、ゆっくりとランチタイム。

オリジナルのノート作りに集中力を使ったあとは、「北出食堂」でランチタイム。
オーナー北出茂雄さんが働いていたニューヨーク、ブルックリンのレストラン「bozu」の姉妹店としてオープンしたこちら。

看板メニューのチキンタコライス(¥1,000)はさっぱりとした味付けが人気の秘密!

オリジナルのタコスからハンバーグ、牛すじ煮込み黒カレーまで、ブルックリンと東京のクロスオーバーなランチメニューが魅力的。
“BARのある食堂”のコンセプトの名の通り、“山崎BROOKLYN”や“柚子コスモポリタン”など、ブルックリンと東京をミックスしたオリジナルのアルコールメニューも豊富だから、「ランチのみならず夜も通いたくなる!」とKaya。

▶︎動画1:06〜をチェック!

【SHOP INFO】
店名:北出食堂
住所:東京都千代田区岩本町1-13-5 8ビル 1F
電話番号:03-6240-9920
営業時間:月〜金/11:30〜15:00、17:30〜23:00
土/11:30〜23:00 日&祝日/11:30〜22:00
定休日:第一・第三月曜日

15:00 コーヒースタンド「Mighty steps coffee stop」でカフェタイム

食後のコーヒーとして立ち寄ったのが、こちら。築60年の一軒家をリノベーションした、こじんまりとした佇まいが可愛らしいコーヒースタンド。
人気を集めるのは、フォトジェニックな店内だけではなく、こだわりの豆で淹れる本格派コーヒー。ファンも多く、行列ができることも。「お店の人とも仲良しなので、コーヒーを飲みがてらフラっと遊びに来ちゃいます♪」(Ykoさん)

カフェラテ¥450、アメリカーノ¥450、オーガニックアイスクリーム ¥450

コーヒーとのマリアージュが楽しめる、オーガニックのアイスクリームも絶品。
歩き疲れた時のブレイクタイムに癒されてみては?
▶︎動画1:24〜をチェック!

【SHOP INFO】
店名:Mighty steps coffee stop
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-14
電話番号:03-6262-1988
営業時間:平日/11:00〜19:00、土日祝/10:00〜18:00

16:30 隠れ家サロンでスタイリッシュなネイルを♪

今、おしゃれに敏感なファッショニスタの間で話題の隠れ家的ネイルサロン「ungu」もイースト東京エリアにあるんです!
ファッション業界人からモデルまでファン多数。他にはないセンスとテクニックの持ち主・ネイリストのNAGISAさんに魅了されて通う人続出。
「NAGISAさんのセンスがとにかく好き。ノープランでお任せしても、絶対に想像以上に仕上げてくれるから月1のペースで通っています」(Ykoさん)

▶︎動画1:40〜をチェック!

シンプルなジェルネイルは、秋を感じる絶妙なカラーコンビがさすがのセンス。

【SHOP INFO】
店名:ungu
住所:非公開
電話番号:非公開
営業時間:非公開

18:00 古民家スペインバル「hachi」でディナー

軽く1,2杯飲みたい時は1Fのバーカウンターで、2Fは掘りごたつなのでディナーにぴったり。

ネイルが終わったあとは、早めのディナーへ。
ランチ後に立ち寄ったコーヒースタンド、「Mighty steps coffee stop」も経営するオーナー・石井康雄さんによるスペインバル「ハチ(hachi)」。古民家をリノベーションした落ち着く店内は、2階が掘りごたつというギャップも魅力。

マグロのタルタルメランジェサラダ ¥1,180 カマンベールチーズとチェリートマトのアヒージョ ¥1,380 半熟卵のウフマヨ ¥300 大人のミートボール ¥1,080

カマンベールチーズのアヒージョや、オランデーソースとマヨネーズを絡めた半熟卵「ウフマヨ」などオリジナリティ溢れるスペイン料理は何度でも通いたくなるおいしさ!
ワインの種類も豊富なので、ワインラバーの方も是非チェックしてみて。
「オーナー石井さんのハッピーな人柄もあってついつい足を運んでしまいます。特にお気に入りメニューはマグロのメランジュサラダ!」(Ykoさん)

▶︎動画1:49〜をチェック!

【SHOP INFO】
店名:hachi
住所:東京都中央区日本橋小舟町14-12
電話番号:03-6231-1817
営業時間:17:00〜24:00
定休日:日曜・祝日

いかがでしたか?都心からも30分前後で行けるので、浅草などの観光と一緒に巡るのも良し、ショッピングがてらカフェ巡りするのも良し。様々なカルチャーが融合するホットエリアは週末のお出かけにぴったり。是非マイアドレスに追加してみて♪

Videographer/Videoeditor:Minami Otsu Model / Kaya、Yko Special Thanks / Yasuo Ishii Editor / MINE 

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW