©2016 PSB Film LLC
FILM

胸がじんと熱くなる。今観たい新作映画3選

2018/09/03

9月前半、秋の始まりにおすすめしたい新作映画は、胸がじんと熱くなるような感動ストーリー。同じ顔をした2人の男と1人の女の恋愛を描いた『寝ても覚めても』、自閉症の主人公が夢に向かってチャレンジする『500ページの夢の束』、人工呼吸器と共に世界一幸せに生きた男とその家族の感動秘話『ブレス しあわせの呼吸』の3本をご紹介。

【9月1日公開】寝ても覚めても

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開

丸子亮平は勤務先で、コーヒーを届けにきた泉谷朝子に偶然出会い、惹かれていく。初めはぎこちない態度で亮平を避けようとする朝子だったが、まっすぐに思いを伝える亮平に朝子も次第に心を許し、2人の仲は深まっていった。
しかし、朝子にはどうしても亮平に告げられない秘密が。亮平は、大阪に住んでいた時の恋人で、突然朝子の前から姿を消した鳥居麦に顔がそっくりだったのだ。
ーー月日は流れ、5年後。秘密は明かしていないものの、2人は共に暮らし、平凡ながらも満たされた日々を送っていた。そんなある日、朝子は大阪時代の友人から、麦がモデルとして活躍していることを聞いてしまう。かつて愛した麦の行方を知ったことをきっかけに、心が揺れ動く朝子。気持ちの整理はついていたはずだったのに……。

「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を、繊細なタッチで映画化。残酷で美しい深遠な愛に激しく心が掻き乱される。

監督:濱口竜介
キャスト:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉  他
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

【9月7日公開】500ページの夢の束

©2016 PSB Film LLC

2018年9月7日(金)より新宿ピカデリー ほか全国ロードショー

自閉症を抱える主人公ウェンディの趣味は、大好きな『スター・トレック』の自分なりの脚本を書くこと。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知ったウェンディは渾身の作品を書き上げた。しかし、もう郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬のピートとともに、ハリウッドを目指して数百キロもの長い旅に出るのだった。

主人公のウェンディを演じるのは、ダコタ・ファニング。大きな目標のために、つまずきながらも前進する主人公を演じた。チャレンジ精神を忘れない全ての人を応援する感動の物語。

監督:ベン・リューイン
キャスト:ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ  他
配給:キノフィルムズ、木下グループ

【9月7日公開】ブレス しあわせの呼吸

2018年9月7日(金)角川シネマ有楽町ほか、全国ロードショー

運命の恋に落ち、家族や友人に祝福され結ばれたロビンとダイアナ。最高に幸せな日々を送っていた2人だったが、出張先で突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ。首から下が全身マヒとなり、人工呼吸器が欠かせない生活になってしまった。医師から余命を宣告され、絶望するロビン。ダイアナは病院を出たいと願うロビンのために、自宅で看病することを決意する。無謀とも思える彼らの決断は、ロビンの運命を大きく変えてゆくのだった。
好奇心と勇気で不可能を可能に変えたロビンとダイアナ。この奇跡の実話に涙なしではいられない。

監督:アンディ・サーキス
キャスト:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、トム・ホランダー 他
配給:KADOKAWA

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW