FILM

感情移入できる!主人公を応援したくなる新作映画3選

2018/08/15

8月後半に紹介するのは、ついつい応援したくなる主人公が登場する新作映画。パリの街をエネルギッシュに動き回る主人公を描いた『若い女』、人生を楽しむヒントを教えてくれる『輝ける人生』、何事にも頑張すぎて疲れてしまった女性の魂の叫びを届ける『タリーと私の秘密の時間』の3本。

【8月25日公開】若い女

©2017 Blue Monday Productions

10年も付き合った写真家の彼に捨てられた31歳のポーラは、家もお金も仕事もなく、恋人の飼い猫ムチャチャを連れ去りパリの街を彷徨うことに。猫が原因で居候先の友人宅からも追い出され、疎遠だった実の母親にも拒絶されてしまうポーラ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し、ショッピングモールでも働き始め、よくやく自分の居場所を見つけたように思えたのだが……。
本作のみどころは、物語の舞台であるパリの街並み。しかし、誰もが想像するような華やかな観光地のパリではなく、どこか懐かしくも親しみが沸く、時に冷たい街である。そんな素顔のパリを、フランス人作家ジュリー・ルエのポップなサウンドにのせて描いている。そして、そんなパリの街をエネルギッシュに動き回る主人公ポーラの姿に目が離せない。

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレイマン・セイ・ンディアイ、ナタリー・リシャール
配給・宣伝:サンリス

【8月25日公開】輝ける人生

©Finding Your Feet Limited 2017

長年寄り添った夫がナイトの称号を授与され、レディとなったサンドラ。順風満帆な人生となるはずだったが、夫と親友の浮気現場を目撃してしまい、ロンドンに住む姉ビブの団地の転がりこむ。名誉やお金とは無縁の生活をしていたビブだったが、親友やダンス教室の仲間に囲まれて、日々を心から楽しんでいた。傷ついた妹を見かねて、サンドラを無理やりダンス教室へ連れていくことにしたビブ。その音楽とダンスは、かつてダンサーを目指していたサンドラの心を癒し、情熱を思い出させるのだった。
主演には、英国アカデミー賞で主演女優賞を受賞した実力派イメルダ・スタウントン。監督には『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレインが。平均年齢63歳の3人のメインキャストと72歳の名匠が、人生を楽しむヒントを教えてくれる。

監督:リチャード・ロンクレイン
出演:イメルダ・スタウントン、ティモシー・スポール、セリア・イムリー
配給:アルバトロス・フィルム

【8月17日公開】タリーと私の秘密の時間

© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

3人目の子供が生まれて育児の追われる主婦のマーロ。夫は優しいが、家事や育児は妻に任せきりでマーロもそれが当たり前だと思っていた。ある日、ついに感情が爆発してしまい、夜だけベビーシッターを雇うことに。マーロの元にやってきたのは服装やイマドキ女子のタリーだったが、子守や部屋の片付け、さらにカップケーキの作り置きまで行う完璧な仕事ぶり。さらには、マーロの悩みまで真剣に耳を傾けてくれる。そんなタリーに次第に心をい開き、いつしか2人は信頼し合う。だが、タリーは何がっても夜明け前に姿を消し、昼間に何をしているかなど、自分のことは一切語らないのだった。
マーロに扮するのは、シャーリーズ・セロン。本作では、その突出した美貌を封印して、18キロも増量し、何事にも頑張すぎて疲れてしまった女性の魂の叫びを届けている。

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス 
配給:キノフィルムズ

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW