LIFE STYLE

一人暮らしでもできる、グリーンライフの始め方/植物の選び方

2018/08/11

植物や花を生活に取り入れて、癒しのライフスタイルを送ってみませんか?
一見難しそうに思えるガーデニングも、鉢植えで育てられる植物を選べば、一人暮らしのベランダでにも実現可能!さあ、緑のある生活、始めましょう。

グリーンを選ぶコツ1:「育てやすさ」を重視

初めてのガーデニングにトライするときには、「育てやすさ」を重視して。手入れの手間があまりかからないので、忙しい人も気兼ねなくガーデニングを始めることができます。そこで、「育てやすい」植物のオススメ5選を紹介。

ラベンダーシルバーサンド

ラベンダーと言えば、癒しの香りとして代表的なハーブのうちの一つ。
乾燥を好むので、土が乾いたら水やりをする程度でOK。暑さ、寒さにも強いのが特徴。ドライフラワーとしても楽しめます。

ライムジャスミン フィオナサンライズ

香りも楽しめる、ライムジャスミン フィオナサンライズ。
こちらも耐暑性・耐寒性に優れる強い植物。秋から春にかけて、繰り返し咲く花を楽しめます。

オジギソウ

葉に触れると、まるで生き物のようにおじぎする姿が可愛らしいオジギソウ。
肥料や、植え替えの必要がほとんどない強い植物。

スイートバジル

様々な料理に活用できるバジルは、水でも土でも育てることができる、家庭菜園初心者向きのハーブ。
スーパーで料理用を購入するよりも、育てた方が割安!

ミニトマト

サイズが小さいので、一人暮らしのベランダでも家庭菜園が楽しめるミニトマト。
初心者は、種よりも苗から育てるのが手軽でオススメ。

グリーンを選ぶコツ2:植物で虫対策

ガーデニングをすると、虫がついたり寄ってくるのが心配! という人も多いのでは? そんな悩みを払拭するために、虫対策として力を発揮する植物も選んでおきたい。
強い香りが特徴のハーブなら、虫対策ができる上に、料理や癒しアイテムとして幅広く活躍してくれます。

ローズマリー

すっきりとした香りが特徴のローズマリーは、その香りで虫もつきづらいのが特徴。
年間を通して収穫できるので、料理、ハーブティーなど幅広く活躍してくれます。

ペパーミント

ミントと言えば、爽快感溢れる香り。その強い香りで、害虫が寄ってくる心配はほぼ不要。
生命力が強いハーブでもあるので、肥料を与えなくても育ちやすい。

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーも、害虫に強い植物のうちの一つ。
花も実も、可憐な見た目にテンションが上がりそう! 丈夫な植物なので、初心者にもぴったり。

オレガノ

オレガノも、強い香りで虫がつきにくいハーブ。
日当たりさえ良ければ、痩せた土地でも育つパワフルな植物! 乾燥を好むので、水をこまめにやらなくても良い手軽さも嬉しい。

植物を選ぶコツ3:華やかな見た目で明るい印象に

最後に取り入れたいのは、見た目の華やかさ。
緑だけでなく、花や実をつける過程も楽しむことができるし、ベランダ全体もパッと明るくなります。

クレロデンドルムブルーウィング

「青い翼」という名前の通り、まるで蝶々のような可憐な青い花が愛らしい。
耐暑性はありますが、寒さには弱いので、鉢植えで育てて冬は室内に移動させましょう。

キウイヘイワード

丸い実がキュートなキウイは、インテリアプランツとしてオススメ。
キウイは交配が必要な植物ですが、既に実付きの物を選んで手軽に楽しんでみて。

ハイビスカス

自宅にいても南国気分が味わえる、見栄えのする大きな花が特徴のハイビスカス。咲き終わった花はきちんと摘めば、翌シーズンも楽しめます。

コンパクトコレオプシス

夏から晩秋にかけて、たくさんの花を咲かせるコンパクトコレオプシス。
日当たり、風通しのいいところで、水は乾いたらあげれば良いので育てやすい植物。一年花なので、切り花感覚で楽しみましょう。

他の記事もCheck!

▼花のある生活、始めよう! 都内オススメフラワーショップ

▼朝のプチガーデニングを取り入れるべき理由

Videographer:Yohei Mihotani Plannner & video editor:Mika Kikuchi Stylist:Mika Nagaoka Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW