LIFE STYLE

注目ショップ「333」へ潜入! 新感覚なモダンベトナムの世界へ

2018/08/09

今、ベトナムのカルチャーがクールという噂、知っていますか?
その魅力はフォーなどのベトナム料理だけにはとどまらず、若手アーティストがつくる食器から新進気鋭デザイナーによるカッティングエッジなブランドまで。
そんな最先端のアート・ファッション・食を一身に楽しめる話題のセレクトショップ「バーバーバー(333)」に潜入!

ショップ名「バーバーバー(333)」とは、ベトナムで最も幸運を呼び込む数字「9(3+3+3=9)」から由来。 
「お土産もののほっこりしたベトナムのイメージではなく、美しいモノづくりをいかにモダンなかたちで編集して発信していくかという事を意識しています」。と語るのは、オーナーの坂野さん。センスが随所に光る「333」の魅力を今すぐチェック。

若手デザイナーとの別注アイテムがとにかくスタイリッシュ!

オリジナルアイテムからベトナムの注目デザイナーとの別注アイテムまで。他では手に入らないモダンなベトナムのアイテムは、モード派のスタイルにもスッと馴染むオリエンタルなデザインが魅力的。
とくにおすすめしたいのがベトナムの気鋭ブランド「Monique Studio」に別注オーダーしたブラウス。
繊細な刺繍が映える上品なブロケード地と、ミニマムなシルエットで大人の可憐さを引き立ててくれそう。

オーガニック石鹸やアートなトランプはギフトにもぴったり

ベトナムのお土産感覚でゲットしたい、洗練された小物の数々にも注目。
ハノイにあるスタイリッシュなカフェ&セレクトショップ「VUI STUDIO」のオーガニックの手作り石鹸は、ナチュラル嗜好な女子へのギフトとしてもおすすめ。
また、カルチャー好きには、気鋭イラストレーターが階級別のイラストを描いたキッチュなトランプはいかが?

毎日のテーブルコーデをモダンに彩るテーブルウェア

ティーポットやフォーボウルのセットなど、職人がひとつひとつ丁寧に絵柄を描いているテーブルウェアにも注目。
ベトナムで「幸運を運んでくれる」という意味があるトンボや、蓮の花が描かれた繊細なデザインは毎日の食卓をモダンに彩ってくれそう。

イートインもできるバインミーのスタンドも

無添加やオーガニック食材をベースにした、フレンチベトナミーズのスタンド「スタンドバインミー(Stand Bánh Mì)」も併設。
大人気のバインミーサンドイッチはもちろん、ベトナム式コーヒーやスイーツなどを提供し、ショッピングと一緒に”食”まで楽しめるのが嬉しい。
イートインもテイクアウトも可能なので、ご近所ならずとも思わず通いたくなるおいしさ!

SNSでも話題。バイヤー・仲さんの着こなしにも注目

オリジナルウェアのプロデュースや、雑貨・気鋭ブランドの買い付けなど、そのスタイリッシュな目利きで「333」をよりモダンに彩っているのがバイヤー・仲つかささん。
「333」で扱うアイテムを組み合わせた私服スタイリングを紹介してもらいました。

左)
オリエンタルな光沢が魅力のワイドパンツはレイヤード風デザインがキャッチー。カジュアルになりすぎないよう、スカーフをたすき掛けにしてアクセントに。

シルクパンツ ¥7,452 、フラットシューズ ¥4,536、 水牛バングル(右着用) ¥7,344、ウッドバングル(左着用) ¥7,020 その他/本人私物

中央)
幅広いスタイリングで活躍するオリジナルのサーマルトップスは、メゾンマルジェラの足袋ブーツでモードなアクセントを添えるのが仲さん流の着こなし。
バンブーバッグで全体のコーデを涼しげに仕上げて。

333オリジナルサーマルTシャツ ¥7,344、 バンブーバッグ ¥7,344、 Mui Xoaのスカーフ ¥5,184 、水牛バングル5本セット(左上) ¥5,184 、水牛バングル(左下) ¥5,184  その他/本人私物

右)
ストリートライクなデザインが魅力のオリジナルTシャツには、ドラマティックなヴィンテージのロングスカートであえて女っぽく。
ボリューミーな見た目とは裏腹な、軽い着け心地のバングルを重ね付けしてトレンド感も意識。

333オリジナルプリントTシャツ ¥6,264、 メッシュバッグ ¥1,944 、 水牛バング(左上)¥7,020、
ウッドバングル(左下)¥7,020、 水牛バングル(右)¥7,344  その他/本人私物

ベトナムの最先端カルチャーを感じに学芸大学へ

オリエンタルな魅力はそのままに、職人技とユースカルチャーがクロスオーバーする、最先端のベトナムを感じにぜひ訪れてみては?

SHOP INFO

店名:333(バーバーバー)
住所:東京目黒区鷹番3-18-3
電話番号:03-6412-8866
営業時間:11:00~21:00[月〜金曜日]、11:00~20:00[土・日・祝日]

Videographer/Photographer:Mami Okubo Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW