BEAUTY

プロが教える「二面性メイク」/ピンクのチークで可愛くVS.大人っぽく

2019/08/02

その日の洋服や気分で、可愛くみせたい日や大人っぽくみせたい日があるもの。相手や場所に合わせてメイクを変えれば、魅力は2倍増し。実は、同じいつものアイテムでも使い方次第で、ガラリと印象をチェンジすることが可能なのです。ちょっとしたテクニックで、いつだって素敵なワタシに変身して。

主役アイテム:ピンクのクリームチーク

肌になじみやすいクリームタイプをチョイス。かすかに青みがかった色が、可愛くもクールにもふりやすい。

チーク&アイブロッサム 03¥2,300/ジルスチュアート ビューティ(8月3日発売)

パターンA 可愛くみせたい日の場合

STEP1:薬指でチークを少し多めにとって量を調整

一番力の入りにくい薬指がベター。少し多めにとって、手の甲でポンポンとなじませつつ量を調整する。

STEP2:笑って高くなる位置に小さめにのせる

にっこりと笑って一番頬の高くなる部分に、トントンと小さい円を描くようにのせる。

STEP3:何もついていない指でぼかす

中指と人差し指の2本で、特に境目をなじませるイメージでぼかしていく。このときチークの範囲が広がりすぎないように注意して。

頬の高い位置にポイントできかせて、ポッと血色感を加えて“愛らしい”印象に。

その他のパーツは?

EYE:透けるキラキラで質感を加えてシンプルに

ベージュのツヤシャドウを指にとり、アイホールにスーッと広げ、目頭にもちょこんと。
POINT:ダークブラウンのアイライナーでまつ毛の間を埋めて引き締めて。

ファシオ リキッドアイカラー WP 濃密発色タイプ BE-4¥1,200/コーセーコスメニエンス

LIP:透明グロスでつややかさだけをプラス

次ページ> パターンB 大人っぽくみせたい日の場合
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW