BEAUTY

【体験レポート】クレ・ド・ポー ボーテが贈る、ラグジュアリーな列車の旅

2018/07/20
AD クレ・ド・ポー ボーテ

資生堂グループのハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(clé de peau BEAUTÉ) 」から7月21日(土)に発売される新作マットルージュ“ルージュアレーブル カシミア”。
これに先駆けて実施された新商品体験会「clé de peau BEAUTÉ Radiant Journey」の会場となったのは、なんと東急電鉄と伊豆急行が運行するラグジュアリー観光列車「ザ ロイヤル エクスプレス(THE ROYAL EXPRESS)」。一日限りのスペシャルイベントの様子をお届け!

美と非日常が融合する、特別な列車の旅へ

デザイナー・水戸岡鋭治氏デザインによるクラシカルな列車「ザ ロイヤル エクスプレス」に乗り、いざドラマティックな旅へ出発。

スペインの三ツ星レストラン「エル・ブジ」でフェラン・アドリア氏に1年半ほど師事した山田チカラ氏監修による、静岡産の素材をふんだんに使ったコース料理に乗客は思わず舌鼓。

ヴァイオリニスト・大迫淳英氏と、ピアニスト・傳かおり氏による新作のマットルージュに合う、全4曲の生演奏を聞きながらの贅沢なひと時。

新作リップをイメージした美を車内ランウェイショーで堪能

「クレ・ド・ポー ボーテ」が今シーズン掲げる女性像は、時を超えてその素晴らしい才能人々の心を揺さぶるような女性。
その美しさを象徴するようなカラー、真紅の”レジェンド”のルージュをまとったモデルによるランウェイショーは、クラシカルな車内と相まってまるで映画のワンシーンの様。

“本物の美しさ”をテーマにした川上未映子氏のトークショーも

車内でのショーを楽しんだ後は、”時を超えても色あせない本物の美しさ”をテーマに、作家・川上未映子さんによるトークショーがスタート。
10代の後半に初めて小さいパフを買い世界が変わったという憧れのブランドでもあるという「クレ・ド・ポー ボーテ」のルージュの新色は、常にチェックするという川上氏。
「求められる美しさに合わせるのではなく、意思を持って、自分の美しさも人生も自分で決めるというその決心が、時代を超える美しさにつながっていくと思う。本物の美しさは自分の中にあると思うので、自分が本当にときめくもの、自分が本当につけたい色を選び取って、これからも磨いていきたいですよね」
川上氏が語る芯のある美しい女性像に、まるで自身の理想像と現実を重ね合わせているかのように目を輝かせ聞き入る乗客が印象的。

トップメイクアップクリエーターによるメイクアップ体験

資生堂のトップメイクアップクリエーターによるメイクアップ体験も実施。
新作ルージュの全8色の中から好みの色をチョイス。カシミアのようにしなやかに唇に寄り添い、マットなのに潤う、新マットルージュのドラマティックな質感を体験。

ルージュアレーブル カシミアの世界観を表現した華やかな展示空間

1車両丸ごと新商品”ルージュアレーブル カシミア”の世界観で装飾された特別なタッチアップスペース。新商品を手に取りながら、セルフタッチアップや、SNSへの撮影に夢中になる乗客たち。

マットルージュの概念を覆す、優美でしなやかな質感を

“ルージュアレーブル カシミア”
2018年7月21日(土)発売 全8色 各¥6,480(税込み)

こちらが今回の列車の旅の主役、新作マットルージュ全8色。
ヌーディーなベージュから大人が似合うコーラル、深みのあるレッドまで、絶妙なカラー展開。
微細な輝きとふっくらとした立体感、贅沢な色が唇を生きいきと見せ、肌まで美しい印象に見せる一品。
この秋はしなやかなマットルージュを纏って、日常をいつもよりドラマティックに彩ってみては?

問い合わせ先

クレ・ド・ポー ボーテ
0120-81-4710

Director :Higa Hisato David Liao Videographer:T.Maenaka , Ryosuke Kawaguchi , Higa Hisato David Liao

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW