BEAUTY

【1分でわかる!】夏でヨレないアイシャドウの塗り方/パウダー編

2018/06/29

梅雨が開けたら、いよいよ本格的な夏が到来! 湿気で暑い夏は、汗でアイシャドウがハゲていたり、ヨレて溜まっていたり…… とショックの連続。誰しもが経験したことのあるこのお悩み、ちょっとしたテクニックで解決できるなら是非知りたいところ。そこで、プロのヘアメイク直伝の、ヨレないアイシャドウの塗り方を伝授。今回は、パウダーアイシャドウの塗り方。

STEP1:まぶたを持ち上げスポンジで目元を整える

まぶたを軽く持ち上げ、ベースメイクの時に二重に溜まったファンデや、ヨレたファンデをキレイなスポンジで取る。ベースメイクの時にまぶたにファンデを塗らない人は、スポンジに少量なじませたファンデを目元にもオン。目元にも塗っておくことで、アイシャドウのベース代わりになりヨレづらくなる。

■POINT
ファンデを均一になじませるために、まぶたを持ち上げながらなじませるのがカギ。
▶︎詳しくは動画0:05〜をCheck!

STEP2:ルースパウダーをまぶたにサッとのせる

まず、ルースパウダーを筆に取り、トントンとはらって余分な粉をオフ。そして、パウダーアイシャドウのヨレ防止のため、ルースパウダーをコーティングとしてサッとまぶたにのせる。

■POINT
ここでもまぶたを持ち上げながらのせて。
▶︎詳しくは動画0:13〜をCheck!

  • ミネラルUVパウダー¥2,800/エトヴォス

STEP3:綿棒で下まぶたの皮脂をとる

綿棒で、下まぶたの目尻から目頭までをぬぐい、ヨレの原因となる余分な皮脂をとる。

■POINT
特によれやい目尻は最後にもうひとぬぐい!
▶︎詳しくは動画0:20〜Check!

STEP4:肌なじみの良いベージュのシャドウを下まぶたにつけてコーティング

肌なじみの良いベージュのシャドウを、パンダ目になりやすい下まぶたにオン。このシャドウがコーティングとなり、ヨレにくく。

■POINT
薄くつけたいので、アイシャドウは一度手の甲にとってなじませてからつけて。
▶︎詳しくは動画0:30〜Check!

  • ザ アイシャドウ 030¥2,000/アディクション ビューティ

STEP4:まぶたを持ち上げながら手持ちのアイシャドウを塗る

まぶたを軽く持ち上げながら手持ちのアイシャドウを筆で塗る。持ち上げることでシャドウが二重の溝に溜まらないので、ヨレ&崩れ防止に。

■POINT
パウダーが多いと落ちやすい原因になるので、パウダーを手の甲にのせてから筆につける
▶︎詳しくは動画0:38〜Check!

この工程を行えば、アイラインとマスカラはいつもの工程でOK!

Finish!

暑い夏、崩れないベースメイクの作り方/乾燥肌編 

知りたかった! 夏でも崩れないベースメイクの作り方/オイリー肌編

SHOP LIST

アディクション ビューティ/0120-586-683
エトヴォス/0120-0477-80

Videographer:Yohei Mihotani Director:SHOW- Yamamoto Video editor:Yuta Takahashi Hair&Make-up:Sayuri(Super Continental) Model:Shinobu Editor: Ayu Tachibana

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW