LIFE STYLE

【あの人のお部屋に潜入取材】vol.2クリス-ウェブ佳子さん・ダイニング編

2018/06/27

クリス-ウェブ佳子さんのインテリアシークレットを覗き見! 第2回目は女の城、ダイニング&キッチンにフォーカス。家具のセレクトはもちろん、雑貨のディスプレイに至るまで独自のセンスを発揮する佳子さん。何気なく配置されたものにも特別なルールが存在しているらしく……。今回はそんなディテールへのこだわりに迫ります。

1:大きなテーブルを配置し、みんなで歓談できるスペースを

リビングからひと続きになったダイニングには、「ソネチカ」で見つけた大きなテーブルと椅子が8脚。見晴らしの良いこの場所で、執筆を行ったり、仲の良い仕事仲間とパソコンを付き合わせて仕事しているそう。普段の家族との食事は、キッチンにある作り付けのテーブルで食べ、ここは主にゲストが訪れたときのみ解放。ごちそうを振る舞う“おもてなしスペース”に姿を変えるんだそう。

2:サイドボードの上は、いつでもシンメトリーなバランスに

自宅で唯一、モノトーンでまとめられたコーナー。「イケア」のサイドボードの上には、ランプやアート作品を対で配置し正面から見たときにシンメトリーになるよう心がけているそう。様々なものが置かれているようで、整えられているのにはそんな秘訣が! 額にはランドスケープ写真や義理の妹さんによる鉛筆画、オブジェにエンゲージリング、娘さんにプレゼントされた香水など、お気に入りをディスプレイ。

3:キッチンではLEDもプランツもアイデアを駆使して再利用!

窓が設けられたL字型のキッチンは、LEDライトや多肉植物を飾って自己流アレンジ。LEDはクリスマスのイルミネーション用ライトを再利用し、プランツもお母様から譲り受けたという「金のなる木」を挿し木で増やしたものだったりと、小さな暮らしのアイデアが心和む空間に。器やグラス類は、「クリストフル」や「コンランショップ」で揃えることが多いそう。

PROFILE:クリス-ウェブ佳子

モデル、コラムニスト。モデルを務めながら、TVやラジオへの出演、またエッセイを執筆するなどマルチな才能で人気を集める。気になる日々の着こなしや暮らしぶりはインスタをチェック。

▶︎【あの人のお部屋に潜入取材】vol.1クリス-ウェブ佳子さん・リビング編

▼【あの人のお部屋に潜入取材】vol.3クリス-ウェブ佳子さん・クローゼット編

▼【あの人のお部屋に潜入取材】vol.4クリス-ウェブ佳子さん・エントランス編

彼女のインスタグラムはこちら!

Videographer:Minami Otsu Hair&Make-up:Yuko Kawano Text:Yuri Tanaka

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW