FASHION

プロの力を借りて劇的変身! 【MINEルームへようこそ/vol.3】

2018/06/12

おしゃれには興味があるけど、上級者に近づくにはどうしたら? 悩める女子の最後の砦として用意された秘密の小部屋、通称「MINEルーム」。業界の第一線で活躍するスペシャリスト達が、あなたの悩みを徹底的にカウンセリング。あの手この手を使って、理想の姿へと導いてくれるのです。第3回目は普段はかっちりなオフィスレディが、遊び心のあるスカートのレイヤードに初トライ!

第3回目は……“弱点をカバーしながらファッション感度を劇的UP”

3人目のお客様は広告代理店で営業として働いている堀さん(33歳)。職業柄もあって、平日はシンプルなニット×スカートのきれいめな格好が定番という彼女。仕事でおしゃれ欲が抑圧されているぶん、休日は普段トライできないスタイルにも挑戦したいと、変身への意気込みを語ってくれました。コンサバ感が払拭される、効果的なおしゃれテクはどうやったら身につく? 順を追ってチェックしていきましょう。 

おしゃれを知り尽くした敏腕スタイリストに悩みを相談

アドバイザーとして登場するのはスタイリストの山王丸久美子さん! モードやストリートなどあらゆるジャンルを自在に操るスペシャリストに、なりたいイメージを伝えていきます。一見スタイル抜群に見える堀さんも、上半身にボリュームがないというコンプレックスを抱えているようで……。今回はおしゃれテクに加えて、体型カバー法も同時に教えてもらうことに!

STEP1:スカートの“技ありレイヤード”で上級者感を演出 

“休日はもっと服で冒険したい”という堀さんの要望を受け、山王丸さんが提案したのは重ね着がキーとなる上級コーデ。「馴染みがあるスカートを2枚使って、レイヤードテクに挑戦してみましょう。難易度が高めなラベンダーも、上にネイビーのスカートを重ねることで抵抗なく取り入れることができると思います。ボトムがエレガントなぶん、トップスは白Tでさらっと。ベルトでウエストマークするとピリっと辛口に仕上がります(山王丸さん)」

STEP2:シアー感のある羽織りで、華奢な上半身を自然にカバー

カウンセリングで浮き彫りとなった、華奢な体型へのコンプレックス。今回はスカートのレイヤードにプラスして、上半身の薄さが目立たせないテクを伝授してもらいます。「Tシャツだけだとボリュームが足りないので、上に羽織りものを重ねてみては? 透け感のあるカーディガンならトレンド感も出るし、夏場でも無理することなく取り入れられると思いますよ(山王丸さん)」

STEP3 :パステルカラーに原色の差し色を加えてピリッと

ラベンダーの差し色だけでもじゅうぶん可愛いけれど、最後に赤のウェッジサンダルをプラスして、足元にも視線のポイントをつくることに。「モノトーンの靴でも問題ないのですが、ここは上級者感をアピールするために原色ではずしてみましょう。スカートの淡い色合いが一気に締まって、コーデがエッジィに仕上がると思いますよ。(山王丸さん)」

STEP4:血色を重視したメイクで、若々しいフレッシュな表情に

洋服の方向性が決まったら次はメイク! 年齢よりも年上に見られる堀さんの悩みを、ヘア&メイクの岩田美香さんが解消していきます。「堀さんは肌がきれいなので、ベースメイクは顔の中心だけコンシーラーを塗ってスキントーンを上げるだけでOK。そのあと頬骨の下に薄く練りチークを入れて、フレッシュな表情をメイクします。練りチークはリップとしても代用できるのでそのまま薄くのばしたら、まゆは明るめのブラウンで自眉に逆らうように描いていきましょう。仕上げに細めのブラシで毛を生やすように濃い色を足すと、コンサバ感も払拭されます(岩田さん)」

STEP5:ヘアはトップにボリュームが出るようオールバックに

サイドで分けていたロングヘアは、後ろにすべて流してオールバックに。コンサバな印象を少しモードに寄せて、シャープな雰囲気をメイクしていきます。「サイドに髪のボリュームがあるよりは、トップに持ってきたほうが瑞々しい印象に仕上がります。前髪は細めのコテを使い、根元が立ち上がるようクセづけていくと、自然でふんわりとした束感が演出できますよ。仕上げにヘアワックスでサイドのボリュームを抑えたら完成です(岩田さん)」

ついに変身完了! コンサバOLからおしゃれなモード女子に!

プロの的確なアドバイスを実践し、別人格へと変貌を遂げた堀さん。コンプレックスだった体型の悩みもカバーでき、表情もぐっと晴れやかに。「今回レイヤードを教わったことで、服の選択肢がぐっと広がりそうな予感! 透けカーデを取り入れるアイデアはなるほどなと思ったし、パステル色も全面に出さなければ、私でも気軽に取り入れそうだなって。ヘアはおでこを出したことでで、ぐっとヘルシーに見えるのが新鮮でした。メイクもただ盛るのではなく、下準備を念入りに行うことが美しさに繋がるんだと改めて痛感しましたね(堀さん)」

【変身に使用したアイテム】

カーディガン¥11,574
スカート(ネイビー)¥11,574/コス(コス 青山店)
中に着たトップス¥5,800/レイ ビームス(レイ ビームス 原宿)
スカート(パープル)¥27,000/アンスクリア(アマン)
バッグ¥23,000/アエタ(アルファ PR)
ピアス¥12,000/シアタープロダクツ(シアタープロダクツ表参道本店)
シューズ¥30,000/クライ.(クライ.)
ベルト、バングル/スタイリスト私物

SHOP LIST

アマン/tel.03-6805-0527
アルファPR/tel.03-5413-3546
クライ./tel.03-5785-1453
コス 青山店/tel.03-5413-7121
シアタープロダクツ表参道本店/tel.03-6438-1757
レイ ビームス 原宿/tel.03-3478-5886

Videographer:T.Maenaka Stylist:Kumiko Sannoumaru Hair & Make-up:Mika Iwata(mod's hair) Editor:Yuri Tanaka

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW