LIFE STYLE

酒と街とマスターと女vol.18/フランベの炎に見とれて【三軒茶屋】BAR Sheets

2018/05/10

「なんだか今日は、飲みたい気分」。そんな日ってありませんか? 誰かを誘うには急すぎるし、どちらかといえば「ひとりで飲みたい」。そんな気持ちで今宵ふらりと訪れたくなるような、女性がひとりで行けるバーをご案内します。

フランベの炎に見とれて/BAR Sheets

夜遅くまで古着屋や飲み屋で賑わいつつ、下町風情も感じるおしゃれな街、三茶。飲食店が密集していて駅からもほど近いため、2軒目や3軒目、または待ち合わせとしても訪れたいバーとしておすすめの「BAR Sheets」。堂々たるオーセンティックバーながら、店内が覗ける店構えで、気軽に入りやすいのも特徴です。

本日のお酒は……

角砂糖を入れたグラスに、アイリッシュウイスキー「JAMESON(ジェムソン)」を注いでアルコールランプでゆっくりと温めた後、エスプレッソを加えてつくる「アイリッシュ・コーヒー」¥1512(税込)。最後に生クリームを足したら、冷たくて温かく、またほろ苦くて甘いカクテルの完成です。フレッシュフルーツを使ったカクテルも季節のおすすめですが、ゆっくりと時間をかけて作るアイリッシュ・コーヒーは梅雨の時期に体を温めながら心を落ち着かせるのにぴったりのカクテルです。

マスターからひとこと

「なんとなく、この地で始めることになったものの、すっかり定着してもう13年も経ちました」そう話すマスターの小豆畑(あずはた)さん。以前は葉山のホテルでバーテンダーをしていたそう。「ひとりで来店するお客さんはとても多いです。最近は若い方も増えて、たくさんのボトルを目の前にしてオーダーに悩んでしまうお客さんも居ますが、お好みを聞いてカクテルをお作りするのはもちろん、ビールやハイボールなど好きなものを気兼ねなくオーダーいただけたらと思います」もしオーダーに悩んだら、ぜひ季節のカクテルやアイリッシュ・コーヒーにも挑戦してみてはいかが。

今回ひとりBarを満喫したのは……

現在放送中のTV番組「あいのり:Asian Journey」に出演中の平アスカさん。実は以前このバーに訪れたことがあるそう。「初めてのお店は、誰かと一緒に行くことが多いけれど、マスターなど知り合いがいるバーには、ひとりで行きます。そこに居る人たちに安心感を求めてふらっと飲みに行く、という感覚が好きです」

JAZZの名曲、Art Blakey & The Jazz Messengersの「Moanin'」や、The Isley Brothersの「Between the Sheets」などのBGMを聴きながら、口福の一杯をたしなんで。

------------------------------
Videographer:Minami Otsu
Model:Asuka Taira
Editor:MINE
------------------------------

BAR Sheets

バー シーツ

電話番号
03-3487-7799
住所
東京都世田谷区三軒茶屋2-15-14 ABCビル1F
営業時間
平日 19:00~4:00
祝日 19:00~2:00
公式サイト
http://www.bar-sheets.com/
定休日
日曜
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW