LIFE STYLE

空前の発酵ブーム! 今年こそは、塩麹づくりに挑戦

2018/05/13

「塩麹を食べれば綺麗になれます!」と断言するのは、発酵文化を伝えるためのワークショップを積極的に開催する『千年こうじや』で講師を務める、発酵マイスターの藤本倫子先生。その理由はとても単純だといいます。「塩に麹を加えることでビタミン量が上がり、体内に摂取することで自然に代謝が上がります。同時に腸内環境も整えることができるので、食べ続けることで自然な美しさを取り戻すことができますよ」。今回は、自称「麹マニア」のインスタグラマー・忍舞さんに、自宅でも“超”簡単にできる塩麹づくりに挑戦していただきました。『千年こうじや』秘伝のレシピ集も特別に公開するので、早速レパートリーに加えてください!

==材料==

生麹 300g ・水 300g ・塩 110g >>必要道具 ・プラスチックケース ・スプーン ・はかり ・ハサミ 出典元:Instagram

==作り方==

① 塩を110gはかる。
② 市販の生麹の袋の上部を切って開封し、袋のなかで生麹をパラパラにする。
③ 生麹をプラスチックケースに入れ、蓋をしめて振る。
④ 蓋を開け300gの水を加える。
⑤ 再度蓋を閉めて、ゆっくり回しながら全体を混ぜ合わせる。
⑥ 一日1回を目安に塩麹を混ぜ、常温で保管する。7〜10日続け、麹が柔らかくなったら完成。

==ポイント==

・出来上がってからは冷蔵庫保管をおすすめしますが、出来上がる前に冷蔵庫に入れてしまうと糖化が遅れるので要注意!

【塩麹アレンジレシピ】1.ハマグリの酒蒸し

==材料(2人分)==
・ハマグリ 8個
・酒 60ml
・塩麹 大さじ2
・あさつき 適量

==作り方==
① ハマグリは塩水に浸け、1〜2時間ほど砂出しをしておく。
② あさつきは小口切りにする。
③ フライパンにハマグリと酒を入れ、蓋をして中火にかけて蒸す。
④ ハマグリが開いたら、火を止め、塩麹とあさつきを散らして出来上がり。

【塩麹アレンジレシピ】2.新じゃがの塩麹バター

==材料(2人分)==
・新じゃが(小粒) 10個
・バター 15g
・塩麹 小さじ1
・ガーリックパウダー 少々
・青海苔 少々

==作り方==
① 新じゃがはきれいに洗い、ホクホクになるまで蒸す(茹でたり、電子レンジで加熱してもOK)。
② バター、塩麹、ガーリックパウダーを混ぜて練り、①に絡める。
③ お好みで青海苔をまぶして出来上がり。

【塩麹アレンジレシピ】3.クレソンと生ハムの塩麹サラダ

==材料(2人分)==
・クレソン 1束
・生ハム 4枚
・はっさく 1個
・塩麹 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・バルサミコ酢 小さじ1
・パルメザンチーズ 少々
・ブラックペッパー 少々

==作り方==
① クレソンは食べやすい大きさにちぎり、水にさらす。
② はっさくは皮をむき、白い筋を取る。生ハムは一口大にちぎる。
③ 器に水気を切ったクレソンと②を盛り付ける。
④ 塩麹、オリーブオイル、バルサミコ酢、パルメザンチーズ、ブラックペッパーをかけて出来上がり。

教えてくれたのは、発酵マイスターの藤本倫子先生

「麹は美白効果も高く、美肌へと導いてくれるきっかけになります。習慣にすることでその効果を実感することができるので、塩代わり使用されることをお勧めします」
『千年こうじや』では、麹にまつわるワークショップを定期的に開催しているので、興味のある方はオフィシャルサイトからスケジュールをチェックしてください!

INFO
千年こうじや
電話:052-775-2604(本店)

------------------------------
Videographer:Minami Otsu
Model:Shinobu
Editor:Ayano Ishihara
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW