Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC.
FILM

アスリートたちの実話を実写化!5月に観たい最新映画!

2018/05/01

5月前半は、アスリートたちの実話を描いた2本の映画をピックアップ。アメリカ人初のトリプルアクセルを成功させたトーニャ・ハーディンによる、フィギュアスケート界を揺るがした衝撃の実話『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』、モーグルの選手から高額ポーカーの経営者となった女性の驚愕の実話『モリーズ・ゲーム』の2本をご紹介!

【5/4公開】アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

オリンピック出場権を巡る史上最大のスキャンダル!

Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC.

貧困家庭で、言葉と体の暴力を受けながら本当の愛を知らずに育ったトーニャ・ハーディング。母親の身勝手すぎる理念の元、貧困を脱出するためにスケートを習わされたトーニャだったが、その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、2度にわたりオリンピック代表選手に選ばれた。
しかしある日、彼女の夫ジェフ・ギルーリーが最大のライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃する事件が勃発。なんと、トーニャが94年のリレハンメルオリンピック出場権を得るために、夫らに命じたと疑惑を集めマスコミも格好のネタとなり、スケート人生が一変する……。

Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC.

主人公トーニャを演じたのは、『スーサイド・スクワッド』
などで知られるマーゴット・ロビー。4ヶ月ものスケート特訓を経て、難しい役所を演じきった。そして、母親であるラヴォナ役に、実力派女優アリソン・ジャネイが抜擢。また、元夫役には『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタン。幼少期のトーニャ役に『gifted/ギフテッド』で天才子役として賞賛を集めたマッケナ・グレイスといった実力派が脇を固めた。


5月4日(金・祝)より
TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

公式サイト

【5/11公開】モリーズ・ゲーム

元アスリートの実在女性の栄光と転落を描いたドラマ

©2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

モーグルの選手としてオリンピックに出場し金メダルを獲得することを夢みていたモリー・ブルームだったが、試合中の怪我でアスリートの道を断念。怪我回復しLAで休養中、ひょんなことから大富豪が集まるポーカー・ゲームのアシスタントをすることになる。その才覚で26歳で自らのゲームルームの経営を始めるモリーだったが、10年後FBIに逮捕され、全財産を没収されてしまうのだった。
なぜ、オリンピック候補選手にもなったアスリートが全く違う世界へと身を投じたのか。幾度もの失敗から立ち上がった感動の逆転ドラマに目が離せない。

©2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

モリー・ブルームが2014年に刊行しベストセラーとなった回顧録を、オスカー脚本家のアーロン・ソーキンが脚色し、自身初の監督作品としてその才能を注ぎ込んだ。そして、主人公のモリーを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。モリーの弁護を担当する弁護士には、『ダークタワー』のイドリス・エルバ。厳格な父親役『ドリーム』のケビン・コスナーが抜擢された。


2018年5月11日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

監督・脚本:アーロン・ソーキン
出演:ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラ
製作国:アメリカ PG12 
配給:キノフィルムズ 

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW