LIFE STYLE

今すぐ知りたい!自宅でできるぬか床の作り方

2018/05/03

野菜のもつビタミンや食物繊維などの栄養素を壊すことなく摂取できるだけでなく、新陳代謝を促す酵素も豊富に含む「ぬか漬け」は、簡単に始めやすいので、忙しく働く女性にも人気の発酵食品のひとつ。腸内環境を改善するのに有効とされる「乳酸菌」も豊富に含まれているので、「美容効果も抜群!」と、美意識の高い人に注目されているのも特徴です。今回は、ぬか床の管理を代行する世界初の「マイぬか床サービス」を提供しているライフスタイルショップ『85[ハチゴウ]中目黒高架下店』の店長・宇井清さんに、「自宅でも簡単にできるぬか床のつくり方」を教えていただきました。

==材料==

・生の米ぬか(できれば有機のもの) 1kg
・昆布だしパウダー 大さじ1
・塩 110g
・水 1L
・輪切りの赤唐辛子 大さじ1/2
*お好みでダシ、山椒などを入れてもOK
・捨て漬け野菜 適量

==作り方==

① 生の米ぬかをボウルに入れ、昆布だしパウダーを入れる。全体をまんべんなくかき混ぜてなじませる。
② あらかじめ水1Lに塩110gを溶かしておいた食塩水を、①に少しずつに加えて、混ぜていく。ぬかをぎゅっと握ったときに水分がにじみ出てくるくらいを目安に混ぜると良い。
③ ②に輪切りの赤唐辛子を入れて混ぜる。
④ ③を容器に移しながら、途中で捨て漬け野菜を挟み込んでいく。空気を抜くようなイメージで、敷き詰める。
⑤ 表面をならし、容器のまわりについたぬかを綺麗に拭き取る。
⑥ 3日に一度くらいのペースで捨て漬け野菜を交換しながらぬかをかき混ぜる。10日後前後でぬか床が完成。

==ポイント==
・直射日光の当たらない20~25℃程度の場所に保管し、一日1回を目安にぬかき混ぜる。
・ぬかをかき混ぜるときには、上と下を入れ替えるイメージで混ぜると良い。

教えてくれたのは、『85[ハチゴウ]中目黒高架下店』の店長・宇井清さん

「野菜だけでなく、卵やこんにゃく、アボカドなど、なんでも漬けることができますので、いろいろな素材に挑戦しながら、自分オリジナルのぬか床を育てていってくださいね」
『85[ハチゴウ]』では、「自分で始めるのには自信がない……」という初心者の方に向けて、定期的に「ぬか床ワークショップ」を開催しています。スケジュールの詳細は、お店に直接確認してください!

INFO

85[ハチゴウ]中目黒高架下店
住所:東京都目黒区上目黒2-45-12 NAKAME GALLERY STREET内
電話:03-6452-3385
営業時間:11:00〜21:00
定休日:無休

------------------------------
Videographer:Minami Otsu
Model:MINE
Editor:Ayano Ishihara
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW