©Frenesy, La Cinefacture
FILM

2018年4月おススメ恋愛映画『君の名前で僕を呼んで』『ロンドン、人生はじめます』『モーリス 』

2018/04/15

4月後半は出会いと別れの季節に観たい新作恋愛映画をご紹介。17歳と24歳の青年の初恋を描いた『君の名前で僕を呼んで』、大人たちの幸せ探しを描く『ロンドン、人生はじめます。』、2人の青年の愛と苦悩を描いた『モーリス 』の3本。これを観れば、思わず恋がしたくなること間違いなし。

【4/27公開】『君の名前で僕を呼んで』

生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描く話題作

©Frenesy, La Cinefacture

4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

1983年夏、17歳のエリオは家族で訪れた北イタリアの避暑地で、大学教授である父の助手、24歳のオリヴァーと夏の間一緒に暮らすことに。自信に満ち溢れたオリヴァーの振る舞いにエリオは嫌悪感を抱いていたが、いつしかふたりは、まるで磁石のように引き付けあったり反発したりしながら、激しく恋に落ちていく。しかし、夏の終わりと共に、オリヴァーが去る日も近づいてゆくのだった……。

©Frenesy, La Cinefacture

アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされ、話題となった本作。主人公エリオを演じたのは、レオナルド・ディカプリオ以来の実力と人気を兼ね備えているといわれる若手注目株のティモシー・シャラメ。『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマーが相手役オリヴァーを演じる。そして、監督には『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ。89歳の名匠が17歳と24歳の青年の恋模様を鮮やかに描いた。胸の中にある柔らかな場所を思い出すような、傑作である。


配給:ファントム・フィルム
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム

【4/21公開】『ロンドン、人生はじめます』

実話に基づく、大人たちの幸せ探し

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

4 月 21 日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、 YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー

ロンドン郊外、ハムステッド住宅街の高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー。悠々自適な一人暮らしをするはずが、夫亡きあとに浮気や借金が発覚したり、老朽化したマンションの修繕費が必要だったり、貯金がみるみる減っていったりと悩みは尽きない……。そんなある日、エミリーは暴漢に襲われている男性を目撃する。
その男性・ドナルドは森の中で17年間暮らしているという。しかしその家が不動産の開発事業の標的になり、立ち退くよう嫌がらせを受けていたのだった。
初めは警戒するエミリーだったが、手作りの暮らしを満喫するドナルドの温かい人柄に触れ、次第に惹かれていく。

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

主人公のエミリーを演じたのは、数々の名作に出演し、『アニー・ホール』ではアカデミー賞主演女優賞を受賞したダイアン・キートン。そして、自由奔放に生きるドナルドを演じたのが、『ハリー・ポッター』シリーズのイタリア映画界が代表に誇る実力派俳優、ブレンダン・グリーソン。ホームレスの男性が一夜にして資産家になっという実話をもとに、大人の恋愛模様を描いた。


配給:シンカ/STAR CHANNEL MOVIES

【4/28公開】モーリス

ケンブリッジ大学で出会ったモーリスとクライヴ。お互いに惹かれ合いながらも、プラトニックな関係のまま卒業をむかえる。2人はそれぞれの道を進みながらも、その関係を深めてきたが、ある日クライヴは母親にすすめられた女性と結婚することを決意する。傷ついたモーリスは猟場番のアレックスと関係を持つように……。

イギリスの小説家、E・M・フォースターの恋愛小説を映画化。『日の名残り』など多くの文芸作品を美しく繊細に綴ったジェームズ・アイヴォリーがメガホンをとり、主人公モーリスの相手役クライヴにはイギリスを代表する人気俳優ヒュー・グランドが。製作30周年を記念して4Kデジタルで修復され、ついにリバイバル上映。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW