FASHION

脱・定番で魅せる、スニーカーの新ルール /アディダス編

2018/03/12

カジュアルにも、きれいめの”ハズし”にも効果を発揮するスニーカー。ハイスペックな新作の登場に、コラボに復刻と話題に事欠かないけど、結局のところ1番気になるのは「どうスタイリングするのが今っぽいか」ってこと! 今回はアディダスが誇る名モデル、キャンパスの魅力にフィーチャー。旬のキーワードをMIXしながら、リアルだけど遊び心があって新しい、最先端のスニーカースタイルを提案します。

80年代から続く名モデル、キャンパスの人気が再燃!

落ち着いたスエード生地と、サイドのミニマルな3本ライン。ストリートを象徴する1足として、ビースティ・ボーイズをはじめカルチャー界のレジェンドに愛されてきたキャンパス。とりわけメンズから支持が熱いことで知られているけど、近年は人気ブランドとのコラボも展開。多彩なカラーバリエで、女性ファンを次々と虜に! 時代に左右されないオーセンティックなデザインに加え、疲れにくい分厚いソールもポイント高め。スタンスミス、スーパースターに続き、ブレイク必至!

スニーカー¥9,990/アディダス オリジナルス(アディダスグループお客様相談窓口)

ジャケットでハンサムを装いつつ、“花柄”でガーリーにハズして

スニーカーだからといって、デニムでカジュアルに仕上げるのはもう古い?! 小花柄スカートでヴィンテージ感を取り入れたり、オーバーサイズのジャケットでフォーマルに振ってみたり。あえて対極の要素をマッシュアップさせ、コーディネートを旬にアップデートさせるのが今の気分。バッグはリュックではなく流行りのウエストポーチで。アクセサリー感覚でジャケットの下から覗かせるくらいが、肩の力が抜けてちょうどいい。

ジャケット¥55,000/テラ(ジャーナル スタンダード 表参道) Tシャツ¥9,000/ナナミカ(ナナミカ代官山) スカート¥23,800 /ホリデイ×ユウコサエキ(ホリデイ) ソックス¥900/タビオ バッグ¥13,000/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン)

渋い色のスニーカーには、ヴィヴィッドな靴下でアクセントを

ソックス、タイツ、それとも素足? 足元をどう彩るかによっても、スニーカーの印象は大きく変わる。今季なら、ハッピームードあふれる原色ソックスで色を挿して、スニーカーとのコントラストを楽しむのもおすすめ。色は流行りのグリーンをチョイス。野暮ったく見えない薄手のタイプをクシュっとさせて、感度の高さをしっかり主張して。

SHOP LIST
アディダスグループお客様相談窓口/0570-033-033
ジャーナル スタンダード 表参道/03-6418-7958
タビオ/03-6419-7676
ナナミカ代官山/03-5328-6550
ナナミカ マウンテン/03-5728-6550
ホリデイ/03-6805-1273

------------------------------
Videographer:Gen Yoshida
Stylist:Arisa Tabata
Hair & Make-up:Ryoki Shimonagata
Model:Lia
Editor:Yuri Tanaka
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW