LIFE STYLE

気になるあの子の1日に密着!【画家フランキー・スィーヒ】

2018/03/11

未来や目標に向かってひたむきに頑張る女性の、とある1日に密着する連載がスタート! 記念すべき第一弾は、テラスハウスで一躍時の人となった、画家のフランキー・スィーヒさん。ピンクヘアになって、ますますハッピーオーラが増したエネルギッシュなフランキーをお届け!

フランキー・スィーヒってどんな人?

生年月日:1988年5月27日
職業:画家
インスタグラム:@furpuff


ライブペイントをはじめ、壁画やストリートアートなど、画家としてTVやメディアなどで幅広く活動するフランキー・スィーヒ。日本人の母と、アメリカ人の父をもつハーフで、人気リアリティショー「テラスハウス」の出演をきっかけに、一躍時の人に。

明るくポジティブな彼女は、一緒にいる人をハッピーにしてくれる力を持っています。そのポジティブさと、柔らかな物腰、ブレない芯の強さは、彼女の画家としての作品に現れています。

今制作している作品って?

色彩豊かで、見ているだけで明るい気持ちになれるフランキーの絵は、彼女自身の明るい性格やブレないマインドを表現しているかのよう。

「ありきたりな四角いキャンパスはつまらない」と語る彼女は、丸い木やだるま、有機的な線をもつものに絵を描くなど、枠にとらわれない取り組みがかっこいい。
山中湖のホテルの内装に使われる作品も、飾る配置をあえて指定していないそう。ホテルのスタッフの感覚で壁にレイアウトしてもらい、自分と違った視点を見るのも楽しみの一つなんだとか。フランキーの作品は、作り手から離れた後もその可能性が広がっています。

30歳を目前にピンクヘアへ

画家としての創作活動だけでなく、TV出演などさまざまな経験をしてきた彼女は、30歳を目前にピンクヘアに。
「ライブペイントなど、人前でパフォーマンスをすることも多いので、まず自分が明るい存在であることを見にきてくれた人に示したい」と語ってくれました。
ちなみに、ピンクヘアにしたことで、オレンジやピンクといったついつい派手な洋服を選びがちなんだとか。

一緒に暮らす3匹の猫

自宅では3匹の猫を飼っているそう。彼女の1日は猫たちの世話から始まります。
ブルックリンで出会い、一番長く連れ添っているムーちゃん。どんなにちょっかいを出しても物怖じしない真っ白な猫、スノー。そして、最近お家にやってきたオリーブ。
いずれも野良猫で、どうしても放っておけず自宅に連れて帰り、警戒をされながらも献身的に面倒をみてきたんだとか。どの子もフランキーにとても懐いていて、家族としての絆を肌で感じ取ることができました。絵を制作する傍ら、自由に動き回る猫たちにも注目してみて。散歩の途中も、すれ違う犬や野生の鳥たちの話をしてくれるなど、動物好きな一面も垣間見れました。

------------------------------
Videographer:Minami Otsu
Director:Mika Kikuchi
Model:Frankie Cihi
Editor:MINE
------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW