LIFE STYLE

お花見デートで作りたい! 高山都さんの重箱弁当

2018/03/31

来たるお花見シーズンに向けて、SNSで発信する食卓の風景が素敵な4人のお料理上手さんたちが、それぞれのテーマに合わせたお花見ごはんとテーブルコーディネートをご提案。
「今年は何を作ろう? どんな風におもてなししよう?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて。
第4回目は、プロ並みの料理の腕前を持つモデルの高山都さんが、お花見デートに作りたい、パートナーが喜ぶ豪華な重箱弁当をお届け!

Profile 高山都

モデル、女優、ラジオ番組のパーソナリティなど多岐にわたって活動。Instagramでは“#みやれゴハン”として日々のごはんを投稿している。美味しい料理とお酒、音楽、ランニングをこよなく愛す。

重箱弁当の中身は?

大きめに握った3色のおにぎりに、メインになる肉のおかず2品を詰めて食べ応えのある内容に。たっぷり野菜を使った副菜で栄養バランスも◎。

<主食>3食のおにぎり

飽きずに食べられるよう、おにぎりは3種の具材を用意。大きめに握って、彼も満足できるボリュームに。
・緑のおにぎり…菜の花とゴマ
・赤のおにぎり…カリカリ梅とゆかり
・茶色のおにぎり…おかかと角切りチーズ

<メイン1>からあげ

高山さんの得意料理であるからあげに欠かせないのは塩麹! 塩麹を使うことでお肉がやわらかくなり、味わい深く仕上がるそう。作り方は、塩麹とたまねぎ、 生姜、ニンニク、お酒、みりん、醤油、ごま油に半日漬け込んだら、片栗粉をまぶして約180度の油へ。しっかりとした味付けは、ビールとの相性もばっちり。

<メイン2>オクラの豚巻き

オクラに豚バラ肉と海苔を巻きつけてフライにした一品。海苔は、ごま油の風味と塩気が効いた韓国海苔を使うのがおすすめ。お花のような可愛らしい断面で、お花見弁当のおかずにぴったり。

<副菜1> ビーツ入りポテトサラダ

ポテトサラダを染めるピンク色の正体は、刻んだビーツ。蒸したジャガイモに、茹でて角切りにしたビーツ、マヨネーズ、いぶりがっこのみじん切り、クリームチーズを混ぜて、お酢、塩胡椒、砂糖で味付けをしたら完成。居酒屋風の味付けは、彼ウケ間違いなし!

<副菜2>紫キャベツのレモンマリネ

千切りにした紫キャベツを、オリーブオイル、塩、お酢、ハチミツを混ぜた調味液と和える。隠し味として、国産レモンのすりおろしを入れて爽やかな風味をプラス。

<副菜3>キャロットラペ

塩、オリーブオイル、お酢で和えたサラダ。盛り付けの際にふんわりとボリュームが出るよう、ニンジンはピーラーでリボン状にスライスするのがおすすめ。

<副菜4>菜の花のおひたし

春ならではの食材である菜の花を茹でて、出汁と醤油で和えておひたしに。お好みでからしを加えても◎。

<副菜5>ズッキーニの焼きびたし

ズッキーニは黄色と緑を使用。丸く1cm幅に切ったズッキーニをオリーブオイルでこんがり焼いたら、出汁醤油とレモン汁で和えてマリネに。

<副菜6>味付け塩タマゴ

約7分半茹でたタマゴを、白出汁と出汁醤油に1日漬け込む。旨味たっぷりな大人の味。

お弁当の詰め方HOW TO

POINT1

緑のおにぎりにはピンクの紅大根、赤のおにぎりには黄色のゆず、茶色のおにぎりには緑のチャービルをオン。色のコントラストが効いたトッピングで、おにぎりをさらに彩り豊かに。

POINT2

ボリュームのあるフリルレタスを仕切り代わりに使用。お弁当箱の底に敷きやすいよう、かたい茎の部分はちぎること。

POINT3

“主食→メインのおかず”の順番で詰めるとGOODバランスに。

POINT4

転がりやすいおかずの下には、ポテトサラダなどベースになるおかずを底に敷いて安定感を出す。

POINT5

付属の仕切りはあえて使用しないのが“みやれ”流! 汁気のあるおかずはガラス製のカップやおちょこを使って、味が他のおかずに移るのを防ぐ。

POINT6

キャロットラペなど野菜のおかずは、立体感が出るよう高さを出しながら器に盛り付ける。

POINT7

オクラの豚巻きは断面を上にして詰める。

POINT8

容器を使わずに汁気のあるおかずを詰める際は、必ずしっかりと汁気をカット。

POINT9

空いた隙間に、紫大根、プチトマト、エディブルフラワー、レモンスライス、レンコンフライをトッピング。洋服と小物をコーディネートするように、バランスを見ながらトッピングを楽しんで!

テーブルコーディネート HOW TO

カラフルで華やかなお弁当を引き立たせるためにも、テーブルの上は“シンプル”が基本!

POINT1

2種類のランチョンマットを、あえてラフに重ねてテーブル状に立体感を演出。

POINT2

木製のお重に合わせて、カトラリーもウッディなアイテムで統一。

蓋を開けた瞬間、テーブルの上がぱっと華やぐ高山さんの重箱弁当。気分も上がり、お酒もついつい進みそう。ほろ酔い気分に浸りながら桜吹雪をうっとりと眺める、ロマンティックなお花見デートを楽しんで。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW