LIFE STYLE

お花見弁当は“盛り付け方”が重要!赤埴奈津子さんが教える3つのポイント

2019/08/02

来たるお花見シーズンに向けて、SNSで発信する食卓の風景が素敵な4人のお料理上手さんたちが、それぞれのテーマに合わせた花見ごはんとテーブルコーディネートをご提案。
「今年は何を作ろう? どんな風におもてなししよう?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて。
第1回目は、フランスに留学経験のある赤埴奈津子さんが、フレンチ風のアレンジと遊び心を効かせたお花見ごはんをお届け!

バスケットの中に、隙間なく容器を詰め込む。隙間が埋まらない場合は、容器の間にナプキンなどを挟むと◎。

POINT4

パンやおにぎりなど形が崩れやすいものは、バスケットの一番上に入れる。

コーディネートのPOINT

ここからは、ちょっとした工夫で「センス抜群」と思わせる演出テクニックをご紹介! コーディネートに使用するアイテムはどれも手に入りやすく、手軽にマネできるので、お花見以外のピクニックシーンでもぜひ取り入れてみて。

POINT1

不安定な芝生の上は容器が倒れやすいため、安定感を出すために木のトレーを使用。

POINT2

カトラリーを麻紐でまとめたら、フレンチムードにマッチするギンガムチェック柄を紙ナプキンで添えて。さらに、「Bon appétit!(美味しく召し上がれ)」と書かれたメッセージカードをプラスして遊び心を。
※紙ナプキンは、ラグの上が明るく見える柄やカラーがおすすめ。

POINT3

使用する紙ナプキンは、同じカラーや柄で全体に統一感を持たせる。

POINT4

前菜をのせるクラッカーを並べた木のトレーには、レーズンやオリーブ、チーズ、ハーブなどを置いて彩り豊かに。

彩りのよい3色の前菜やクロワッサンのキャンディ包み、そしてギンガムチェックやメッセージカードなど、赤埴さんの“フレンチ風お花見ご飯”には、お花見のウキウキとした気分を盛り上げてくれるポップな遊び心が満載! 気の合う仲間と楽しむお花見ピクニックにいかが?

--------------------------------------------
Videographer:Tomonori Naka
Model:Natsuko Akahani
Editor:Yuki Kimijima
--------------------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW