PR
LIFE STYLE

【皮膚科医が採用】シルクのようなオトナ上品ツヤ美肌*をつくれる進化系「トーンアップUV」がお披露目

2018/02/16
AD 日本ロレアル株式会社

引き続きトレンドの、透明感溢れるツヤ肌。とはいえ、これからはパールたっぷりのメイクで作った人工的なツヤはナンセンス。「肌が潤っているから光っている」ように見える、自然なツヤでなくては!

そんな自然なツヤが手に入る画期的なUVアイテム「トーンアップUV」が、皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド・ラ ロッシュ ポゼからお披露目されました。

発表会で行われた、大人気ヘアメイクアップアーティスト・長井かおり氏による、新商品「トーンアップUV」を使用したメイクアップデモンストレーションの様子をお届けします。

大人気ヘアメイクアップアーティスト 長井かおり氏がおススメ!進化系「トーンアップUV」

長井:もう8年くらい前から、ラ ロッシュ ポゼさんの商品のUVイデアXLというUVケア商品を、ずっと使わせていただいています。

私は、UVケアでベースメイクの出来がかなり左右されると考えています。いいものを使えばメイクがすごく密着してくれるので、ぜひこだわってほしい。

UVケア商品は、保湿力があるか、伸びがよいか、白残りしないか、誰でもテクニックフリーで使えるか、を重視して選んでいます。その結果、ラ ロッシュ ポゼさんの商品のUVイデアXLを使っていたのですが、今回はそれを超える商品が登場しちゃいました(笑)

(左)何も塗っていない肌 (右)トーンアップUVを塗った後の肌

長井:それが、この「トーンアップUV」。化粧ノリをよくしてくれて、さらにワントーン明るい印象に導いて、ツヤを出してくれるという。このトーンアップ効果に惚れました。いいものを使うことで、お気に入りのファンデーションが格上げされるので、ぜひ試してみてください。

「トーンアップUV」でのメイク方法は?

長井:パール粒1つ分、と言われてはいるのですが、日やけも防げるし、肌にツヤ感も出せるので、私はもっとたっぷり使います。手のひら全体で、触っていないところがないように、塗っていきましょう。

次に、細かい部分に触っていきます。まつげの生え際や目尻まで、きちんと伸ばしていってください。

そしてこめかみ、小鼻に塗っていきます。そして口角。首まで塗ってください。鼻の頭の下部分や顎の裏、耳も塗り忘れのないように。

長井:ここで、プラスワンテクニック。メイクアップ効果を高めたいので、頰の高いところにもう一度重ねてください。

私はメイクのとき、ここを美肌ゾーンと名付けていて、綺麗にメイクすることを心がけています。重ね塗りをすると、レフ板で光が当たっているかのような、立体感のあるフェイスに仕上がります。

長井:今回は、最後に同じくラ ロッシュ ポゼのUVパウダーで仕上げていきます。ここで、ひとつポイントが。

スキンケア後にトーンアップUVを塗ると、肌がすごく潤った感じになります。このとき、ベースメイクをする前に一呼吸おいて、肌になじませるようにしてください。

パフもついているのですが、今回はブラシで。
まず美肌ゾーンから、ふわっとパウダーをまぶすようにブラシでのせていきます。その後、顔全体にのせていきましょう。

トーンアップUVを塗り、ブラシでUVパウダーをつけたのみ。上品なツヤを秘めた、シルキーなツヤ美肌が完成。

長井:人工的に光らせているんじゃなくて、肌が潤っているから光っている。そういう印象に仕上がります。この光りかたが、すごく今っぽい。塗るときは透明なテクスチャーになるので、元の肌の色も関係なく、誰でも使うことができますよ。

「トーンアップUV」でオトナ上品な、ツヤ美肌に

敏感肌のためのスキンケアブランド、ラ ロッシュ ポゼの新作UVはSPF50+・PA++++でPM2.5等の大気中物質の付着**からも肌を守りながら、オトナ上品なツヤ美肌に仕上げる「トーンアップUV」。その実力は、大人気ヘアメイクアップアーティストからもお墨付き。

ぜひ「トーンアップUV」でトレンド美肌を手にいれて。

先行プレゼントキャンペーン実施中!

2/15(木)~2/21(水)まで、ラロッシュポゼ公式Twitter / Instagramで、
発売前に商品が試せる先行プレゼントキャンペーンを実施中。
詳しくは、下記公式アカウントをチェック!

Twitter

Instagram

公式サイトでは先行予約も

1/25(木)より、公式ブランドサイトにて先行予約も受付中!

*メイクアップ効果による
**物質的な肌の付着からの防御。すべての大気中物質を指す訳ではありません。

––––––––––––––
Director/Videographer:Shoichi Yamamoto
Videographer:Higa Hisato David Liao
––––––––––––––

SHARE ON

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW