LIFE STYLE

チョコレート専門店が教える、簡単バレンタインレシピ【Vol.1 サラダ編】

2018/02/04

いよいよ間近に迫るバレンタイン! チョコは毎年“買う派”のあなたも、今年は手作りの一品を贈ってみませんか? レシピを教えてくれるのは、ビーン トゥ バーのチョコレート専門店として知られる「Minimal(ミニマル)」。
こだわりのカカオを使用し、豆が持つ風味を活かした「ミニマル」のチョコレートは、そのまま食べても美味しいけれど、アレンジして使うことも可能! 今回は誰でも簡単に作ることができて、さらに人と差がつく3つのレシピをご紹介。
Vol.1となる今回は、大切なパートナーを家に招いてのおもてなしにぴったりな、ローストビーフサラダのレシピをお届け。

チョコレートがドレッシングに変身!

材料

ローストビーフ(市販品)…適量
ベビーリーフやレタスなどの葉野菜…適量
ミニトマト…適量
チョコレート…18g
オリーブオイル…30g
塩…0.5g

使用するMinimalのアイテム

■FRUITY BERRY-LIKE ¥1,296(税込)

ベトナム産カカオを使用した「FRUITY BERRY-LIKE」は、カシスのようなジューシーな風味が特徴。酸味が効いているので、料理にはドレッシンシグに使うワインビネガーの代用としても最適。

STEP1

チョコレート(18g)を、湯煎(約60℃)かけて溶かす。

STEP2

溶けたチョコレートに、塩(0.5g)とオリーブオイル(30g)を加えて混ぜる。

STEP3

ミニトマトを食べやすい大きさにカットする。

STEP4

ローストビーフ、葉野菜、ミニトマトをお皿に盛り付ける。
※ローストビーフは、鴨肉やハムで代用してもOK。

STEP5

STEP2で作ったチョコレートドレッシングを、スプーンでサラダ全体にかける。

STEP6

仕上げにペッパーをかければ完成。

溶かしたチョコレートに塩とオリーブオイルを加えるだけで、甘み、苦味、酸味、コクのバランスがとれたドレッシングに仕上がるので、シンプルなサラダも手が込んでいるような味わいに。さらに、チョコレートの酸味とほろ苦さが肉の旨味を引き立ててくれるので、肉料理のスパイスとしても相性抜群!

--------------------------------------
Videographer:T.Maenaka
Editor:Yuki Kimijima
--------------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW