FASHION

日常で夢見るランジェリー、とある三姉妹の場合【三女編】

2018/02/07

「好みの服を選ぶように、好みのランジェリーを自分自身のために選んで、素肌をドレスアップしたい。誰かに見られるとか、男目線を気にして選ぶのなんてもう飽き飽き。とびきりのランジェリーに身を包んで、心地よい夢を見ていたい。」年を重ねるにつれて、そう思うようになってきた。だから今日も、あの三姉妹に会いに行こう。彼女たちはランジェリーが大好きで、いつでも自分のために素敵なランジェリーを身につけている。最後に、とびきり女性らしいファッションランジェリーを愛する三女の元へ。

夢見がちな、甘えん坊な三女の場合【イルフェリーノ】

甘えん坊で、妄想癖のある三女は、ロマンティックなアイテムが大好き。何かに縛り付けられることが大嫌いだから、ランジェリーも、スウィートかつ解放的なデザインというこだわり。
そんな三女のお気に入りランジェリーブランドは、イルフェリーノ。まるでインポートのように繊細かつスタイリッシュなデザインで、肌になじむ色合いが最高に素肌を美しく見せてくれる。ホールド感と安定感を兼ね備えた、フロントフックタイプのノンワイヤーブラは、サテンとチュールレースがあしらわれ、ヴィンテージライクな魅力が引き立つ。ショーツは、ヒップを優しく包み込む、サテンとチュールをあしらったデザインで、バック部分の大きなカッティングがポイント。
ブラジャー¥11,000、 ショーツ¥6,000/ともにイルフェリーノ(イルフェリーノ)

イルフェリーノって、どんなランジェリーブランド?

「ランジェリーを愉しむことは女性に与えられた歓び。媚びない自分が楽しいと感じる、ランジェリー選びから始まる一日を提案。消耗品としてではなく、毎日のファッションの一部としてランジェリー&アクセサリーを楽しめるように。」をコンセプトにする国内のブランド。贅沢にレースをあしらったデザインやサテン生地など、身につけた瞬間に女性性を目覚めさせてくれるようなロマンティックアイテムが溢れる。

着用クレジット

【外シーン】
ソックス¥2,800/ババコ チェーンブレスレット¥5,834、リュック¥11,065/ともにCARBOOTS ファーコート¥140,000/ジャンティーク 花柄ワンピース¥59,000/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道) ウェッジサンダル/スタイリスト私物

【台所シーン】
アンゴラインナーパンツ¥6,000/ジャンティーク

【ピアノシーン】
リブカーディガン¥21,000/ボールジィ(トゥモローランド)

SHOP LIST

イルフェリーノ/03-6447-0402
CARBOOTS/03-3464-6868
ジャンティーク/03-5704-8188
トゥモローランド/0120-983-511
ババコ/03-6300-5137
ラグ & ボーン 表参道/03-6805-1630

--------------------------------------
Videographer:Osamu Yokonami
Video editor:Ryosuke Uchijima(zona inc.)
Stylist:Tomoko Kojima
Hair & Make-up:Hiroko Ishikawa
Editor:MINE
--------------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW