FASHION

ブルーデニム、「何」を買って「どう」着る? /ネオトラッド編

2018/01/31

過去から現在まで長く愛され、私たちの日々に寄り添ってきたファッションアイテム、デニム。今回は、デニムの中でも定番の「ブルーデニム」に焦点を当て、どうアップデートするのが今っぽいのかをご紹介。第3回目は、【ネオトラッド編】。ヴィンテージをリメイクして作られたボナムのデニムと古着アイテムをミックスした、トラッドなスタイルをお届け。

新しく生まれ変わったリーバイス501【ボナム】

2013年に渋谷でオープンした、デニムのファクトリー兼オーダーショップのボナム。ヴィンテージやユーズドストックをリメイクしたプロダクトを扱う。今回紹介するデニムは、大きめのリーバイス501を一度開き詰めて、ウエスト部分がアシンメトリーになるように作られたストレートタイプ。裾が切りっぱなしになっているのと、ユーズドならではの風合いが味を出す、特別な1本。

「デニムは、あえて腰落としで履くことで、こなれ感と長く愛用している感を演出できます。」(Sty.奥野)
リメイクデニムを履くなら、こなれ感を演出できる腰落としで。ヴィンテージの魅力がより引き立ち、さながら、長年連れ添った相棒のよう。

SHOP LIST

アマン 03-6805-0527
エディション 表参道ヒルズ店 03-3403-8086
GMT 03-5453-0033
ティーアンドエル 03-6455-5520
トロ 03-6447-4147
原宿シカゴ 表参道店 03-3409-5017
ボナム 表参道店 03-5464-3056
マスターピースショールーム 03-5414-3385
マルコモンド 03-6805-0812

--------------------------------------
Videographer:Yohei Mihotani
Video editor:T.Maenaka
Model:Moeka Nozaki
Stylist:Yuka Okuno
Hair & Make-up:Kyohei Sasamoto(Ilumini.inc)
--------------------------------------

SHARE ON

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW