BEAUTY

髪と頭皮は乾かし方でも変わる!ダメージを防ぎカラーを美しく保つhow to dry

2017/09/22

髪や頭皮が思わぬダメージを受けてしまう夏。秋になり、夏のダメージをそのままにしておくことで、抜け毛が増え、カラーの持ちも悪くなってしまいます。
おしゃれは洋服のコーディネートだけでは完成しません!
髪や頭皮を適切にケアし、ヘアスタイルが決まる美しい髪と頭皮を手に入れましょう。

タオルで髪の水分を取ります

髪と頭皮を洗った後は、髪を乾かしていきます。
髪の根元は、タオルで頭皮をマッサージするようにしながら、水分を取っていきます。
毛先はタオルで軽くぎゅっと包みながら水分を取ります。
髪をタオルでゴシゴシこすってしまうと、摩擦で髪が痛んでしまったり、髪がもつれる原因になってしまうので注意してください。

ドライヤー前にアウトバストリートメントをつけます

ドライヤーの熱から髪を守り、手触りをよくするためにもアウトバストリートメントをつけましょう。

【アウトバストリートメントの選び方】
ミルクタイプはどのタイプの髪の毛にも対応可能で、重すぎず滑らかさとまとまり感が出ます。
ミストタイプは、軟毛やはりこしを出したい方など、オイルタイプは、乾燥毛やごわつき剛毛などまとまりを重視する方がオススメです。

コームで大体のスタイルに髪をおろします

くしやコームを使って、大体のスタイルに髪をおろしておきます。そうすることで、乾かしながらスタイリングができます。

髪の根元から順にドライヤーで乾かします

同じ部分に長時間ドライヤーを当て続けると、髪が痛んでしまうので、2秒以上熱を一箇所に当てすぎないよう、ドライヤーを動かしながら乾かします。
顔まわりや、髪の生え際から順に毛先まで、根元を中心に髪を浮かせながらしっかり乾かしていきます。
髪がぬれたままだとキューティクルが開いたままの状態になるので、カラーのもちも悪くなり、トリートメント成分も流れてしまいます。
しっかり乾かすことでツヤも出てくるので、半乾きにしたりせず、しっかり乾かしましょう。
サイドの髪は、後ろから前にねじりながら乾かすことで、キレイな内巻きが完成します。

冷風を当ててスタイリングをキープします

温風で乾かした後は、冷風を当てることで髪のキューティクルがよりキュッと閉まります。
スタイリングした髪型も崩れにくくなる効果もありますので、最後に冷風を当ててキープします。

UVカットスプレーで仕上げて完成!

髪への汚れ防止効果と、紫外線からのダメージ予防にUVカット効果のあるスプレーをします。
最後はブラッシングでフィッシュ!!

しっかり汚れを落とし、受けてしまったダメージをケアしたら、最後はできるだけダメージを受けないように仕上げることが、美しい髪を維持するポイントです。

髪と地肌のセルフケアを教えてくれたのは…

冬木 慎一(ふゆき しんいち)
2003年 HAIRDIMENSIONからHAIR&MAKE-UPデビュー
2014年 アートディレクター主任
2015年 hair salon SUI 、hair make SUI立ち上げ独立。
素肌感のいかした、ナチュラルな女性像とトレンド感のあるヘアーメイクで雑誌を中心に活躍中、 ヘアーサロンとの両立でエレガントでナチュラルな髪型をサロンで作り撮影現場までのトータ ルプロデュースに定評あり!

SuiのHPはこちら

冬木慎一さんのInstagramはこちら

————————————————
Videographer:T.Maenaka
Model:Yuu Mimuro
Text:Yuki Oniishi
Editor:Yuki Oniishi
————————————————

出演モデル三室侑さんのInstagramはこちら

————————————————
Videographer:T.Maenaka
Model:Yuu Mimuro
Text:Yuki Oniishi
Editor:Yuki Oniishi
————————————————

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW